ソアリング & セーリング日記 大串

06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

大串 


2013.11.24
Sun
09:30

レガッタ明けは北東の風との予報で大串でヒコウ。昨日に続いて小春日和の良い天気だが、意外に風があって楽しめた。
s13112417.jpg
Ka-8の信号トリオ飛行。赤の時岡機を川上機(青)、高山機(黄)が追尾する。(撮影:寺田さん)
s13112424.jpg
1時過ぎに一番乗りしたら北の風。徐々に北東に振れるだろうからリフトは問題なさそうだ。トンビ師匠が偵察にやってきた。夏までははっきり見えていた羽裏の白色は小さくなって幼鳥から成鳥になったようだ。
s13112401.jpg
本日のお供はリフトが弱いと予想して電動の3機。ピュアグライダーも連れて来れば良かった。
s13112403.jpg
まだ誰も来ないのでちょっと遊んでいようとシュトルヒを1番機で飛ばしたが…
芝生広場からの離陸は軽々と問題なく、東に出すとものすごいリフト。スロットルを絞って南に向けて水平飛行。ひょっとすると滑空するかな?と思うくらいの飛行だったのだが…。左に傾いたのを修正しようとしたが応答が無い!あれっ?ノーコンと思う間もなくそのまま左に傾いたまま墜落。あ~あっ、やってしまった。後で考えるとペラは停止させたのだと思う。北東の追い風で相対速度が不足し失速したのであろう。

皆さんまだ来ないのでプロポと鎌を持って回収に藪を下りた。見つけられるだろうかと思ったが、スロットルを上げると大きなプロペラ音がして、木の上に引っ掛かっているのを難なく発見できた。上の方で高山さんが「川上さ~ん」と大声で呼んでいるのが聞こえたので 「機体発見!」と大声で返事。
木の高さは4~5m。幹で15cmほど、引っ掛かっている枝は5cmくらいで揺すっても びくともしない。鋸が無いので切るわけにもいかず、結局登って回収。機体を直接落下させないように徐々に下げ、自分もゆっくりと足場になる木の枝を探して下りる。枝払いに鎌を持って上がったがもう不要。また自分を切らないように遠くに投げ捨てた。3mくらいになった時、足場の枝が折れ、両手と片足でかろうじて宙吊り。何とか別の枝に足を掛け、地上に下りられてほっとした。機体の損傷はプロペラの折損、胴体の脚取付部の破損、翼は無傷と意外に軽傷でラッキー!
さて上がろうと周囲を見回すもものすごい藪だ。直滑降で下りてきた経路は機体とプロポ、鎌を持っては進めそうにない。本当は南に水平に出たかったのだが藪の穴が見えない。仕方がない北に向かいながら段を一つ一つ上がる事にした。高山さんから今度は電話で「大丈夫ですか~?」との確認があり 「無事回収して登っています」と返事。背丈以上の草を押し倒し、絡み付くつるを鎌で切りながら嵩張る機体を前に投げながら上がって行くのは大変だった。北に回りこんで芝生広場が見えてほっとした。皆さんの到着を待って援助を頼んだら良かったと少し反省。一人で行って木から落ちたら大変な事になるところだった。
s13112455.jpg
芝生広場に登り着いたら大汗をかいていた。回収劇の間に高山さん、時岡さん、藤目さん、寺田さんが来ていた。寺田さんはベルビアを持って久しぶりの合流だったが、最初は全サーボが動かず 電源コネクタの接触不良?電池を直結したりして何とか動くようになったのだが、今度は左エルロンの作動が上に振りきれて変。どうもサーボのフィードバック ポテンショの接触不良と推察されて飛行は断念。

藤目さんはハンドランチに続いてF5F機を飛行。
s13112453.jpg
s13112405.jpg
高速ローパス、垂直上昇を繰り返していた。
s13112404.jpg
s13112407.jpg

一息入れて2番機Ka-8を飛ばす。(撮影:時岡さん)
s13112409.jpg
s13112410.jpg
s13112428.jpg
高山さんもKa-8で続く。
s13112415.jpg
s13112418.jpg
s13112419.jpg
時岡機が加わってKa-8トリオになった。(撮影:寺田さん)
s13112436.jpg
s13112420.jpg
赤、黄、青が一線に並んだ。
s13112421.jpg
s13112422.jpg
s13112434.jpg
時岡機の着陸。
s13112437.jpg
s13112438.jpg
s13112439.jpg
川上の3番機はサイクロン。
s13112440.jpg
s13112454.jpg
s13112443.jpg
s13112444.jpg
時岡さんはライハー、Ka-8に続き、3番機ユウガを準備。3時前と言うのに太陽の高さが低い。観光客も少なくなった。
s13112448.jpg
高山さんに投げてもらって安全にGO。
s13112449.jpg
無事着陸。
s13112452.jpg
高松町に住む人でぜひグライダーを始めたいと言う人が、ご夫婦で熱心に見学された。さてMSFA HPを通じて再接触あるかな?
3時半過ぎには撤収。
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« 鶴市  | h o m e |  第62回レガッタ »

コメント


赤青黄色のKa-8、3機編隊飛行はなかなか難しいでした。
追いかけるのがやっと、衝突が怖い。どっちに逃げて良いのやら。
でも久々の大串のロケーション、楽しませていただきました。
【2013/11/30 11:53】
URL | 高山 #AcrqNwLc *編集*

高山さん コメントありがとうございました。
久しぶりの藪コギと木登りで疲れました。
それにしてもプロペラ機のペラを止めて滑空させるなんてアホですね。

編隊飛行は先頭機が安定した水平飛行とゆったりとした旋回をしてくれるのが条件です。意図しない方向にターンされても かならず追尾して同一方向にターン。間違えても対向する事は避けないと正面衝突 大破・墜落となりますね。そのためスロープでは旋回方向を予め打合せて同方向に飛ばす事が重要です。自由飛行は集団の空域を十分離してする必要がありますよ。
【2013/12/02 14:39】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/975-496c2ab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top