ソアリング & セーリング日記 蓮池 ゴムボート2号 進水式

06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

蓮池 ゴムボート2号 進水式 


2013.08.01
Thu
08:48

先日注文したゴムボートがもう届いたので、4時頃から進水式を行った。全長3.5m、重さ19kg、定員4名または400kgという堂々たる大きさだ。1号機よりかなり大きくて、二人乗ってブイを積んでも余裕がありそう。
s13080101.jpg
メールで立会要請したら倉科さんが駆けつけてくれた。ありがとうございました。
ブイに向かう。座席風船がしぼんで尻位置が低くて漕ぎにくかった。パドル受けは前後2箇所にあり、二人で漕ぐこともできる。
s13080103.jpg
北西のブイも動かしたかったのだが、見づらいので近づけたとの事なので そのままにして中央ブイに向かう。
s13080105.jpg
回収。
s13080106.jpg
5mほど西に移設。レンガ2個の錘が付いていたが流されたんだなぁ。
s13080109.jpg
作業終了。
s13080111.jpg
この余裕のスペース。座面の剛性が弱いのでブルーフォームなどでシートを作ろうかな?
s13080115.jpg
空気抜き作業。1号機は2気室に分かれていた座面が1気室なのでバルブが1つ。この排出に時間がかかった。何かバルブの弁を押し開くパイプを用意すべきかも知れない。
s13080116.jpg

ブイ移設が終わって、山田艇の浸水修理の確認のため、しばらく帆走を行った。結果、浸水は認められずOK。浸水箇所はキール受け部(ハルとは別のFRP材を貼り付けている)の剥離亀裂。→エポキシ グラスライニングして固めた。
s13080118.jpg
フォアステーの取り付け部も修理。FRPデッキの厚さが薄いのでネジが効かず、ネジごとすっぽ抜けていた。→大幅に当板の面積を増やしてエポキシ接着だけで持たせるようにした。
s13080119.jpg

スポンサーサイト

category: ヨット

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 鶴市 三田式3型改1 完成  | h o m e |  第58回 蓮池レガッタ »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/930-f553cee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top