ソアリング & セーリング日記 Viva イタリア 3(ドロミティ)

08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

Viva イタリア 3(ドロミティ) 


2013.07.10
Wed
13:36

3日目はドロミティの観光。標高2300mを超える小路を往復で4kmほどハイキング。
s130710118.jpg
ドロミティはイタリア北東部の山地で2009年に世界自然遺産として登録されている。同じく世界文化遺産のヴェネツィアは河口の干潟に作らた街だが、この街の地盤を支える地中杭としてドロミティの森の木材がぎっしりと使われているそうだ。
italy_north_Dolo.jpg
トレチーメと呼ばれる3000m前後の3つのピークが一瞬ではあるが雲間から姿を見せた!
s130710156.jpg
7時半にヴェネツィア・メストレを出発して高速道A27を北に向かう。まだ青空が見えるが雲が多い。
s130710005.jpg
山が近くなってきた。
s130710010.jpg
雲がかかってきた。トレチーメは見えるだろうか?
s130710011.jpg
ピアーヴェ川。
s130710019.jpg
ドライブインでトイレ休憩。駐車場の屋根にソーラパネルが使われていた。
s130710025.jpg
山が近い。
s130710028.jpg
鉄道駅。
s130710029.jpg
s130710032.jpg
またまたピアーヴェ川。
s130710037.jpg
山あいの村
s130710047.jpg
山をバックに牧草地が広がる
s130710053.jpg
教会の尖塔が一瞬見えた。
s130710077.jpg
石積みのアーチ橋
s130710079.jpg
コルチナダンペッツオの町に入った。サボイア ホテル
s130710076.jpg
旗がおしゃれな山小屋風ホテル
s130710080.jpg
ポマガニョン(Pomagagnon 標高2,450m)
s130710083.jpg
しゃれたデザインのフードを持つリフト。この辺りスキーのメッカだそう
s130710087.jpg
s130710088.jpg
トレ チーメ(3つの頂き)ディ・ラヴァレイドへの登山道入り口。
s130710090.jpg
ミズリーナ湖にて 学生時代からの友人 小谷さんご夫妻と。後方にトレ チーメが見えるはずなのだが、残念ながら雲の中だ。小雨がぱらついてきた…
s130710102.jpg
ハイキングコーススタート地点の駐車場。
s130710110.jpg
元気にハイキング スタート。山肌が白いのはドロマイト(苦灰石)と呼ばれる土の色。
s130710113.jpg
ミズリーナ湖に続く谷。
s130710114.jpg
高山植物?
s130710122.jpg
s130710130.jpg
ハイキング路中ほどにある小さな教会。ここまでゆっくり歩いて20分ほど。
s130710134.jpg
ハイキング路の終点。ラ バレイド小屋。雲がかかって見づらい。
s130710136.jpg
ここから100mほど登った峠からトレ チーメが北面からきれいに見えるそうだが、雲の中では仕方がない。ここまでで引き返す事にした。
s130710139.jpg
レバント小屋の奥には残雪
s130710144.jpg
ここで雲が薄れるのを待つ事15分、何とか先の写真を撮ることができた。
sp130710140.jpg
ラバレイド小屋の標高2344mとある。
s130710158.jpg
集合時刻まで30分。帰路を急ぐうちに雨になった。カラスのようだがくちばしが黄色いのでクロウタドリ(Black Bird)か?
s130710159.jpg
ミズリーナ湖のほとりのレストランで昼食。
s130710163.jpg
窓から湖が絵のように見える。
s130710167.jpg
若い添乗員さんにお願いしてツーショット。
s130710173.jpg
ここからくねくねと続く山道、ドロミテ街道を西進。
s130710175.jpg
s130710180.jpg
s130710182.jpg
2時間弱走ってポルドイ峠(2250m)のロープウェイ駅でトイレ休憩。
s130710192.jpg
道を挟んで向かい側の山。
s130710183.jpg
雲の中 Piz Boe(3,152m)へのゴンドラが上がって行く。
s130710195.jpg
s130710200.jpg
ポルドイ峠から1時間ほど走ってカレッツァ湖に到着。雨がタイミング良く上がってエメラルド色の湖と後方のヴァヨレット・テュルメ (2,821m)がきれいに見えた。会津 五色沼 青沼の色を思い出した。
sp130710210.jpg
さらに40分ほどで今夜のホテルがあるボルツァーノの町に着いた。夕食まで時間があったので、シャワーを浴びてから見物に出かけた。まずは町の中心ヴァルター広場。
s130710216.jpg
広場から南西にドゥオーモ。
s130710218.jpg
南を臨む。山が近い。
s130710223.jpg
7時半過ぎから夕食。具沢山のスープが美味しかった。
s130710239.jpg
メインは魚料理。イタリア人だとこの倍は食べるだろうが我々日本人はこの程度で十分。デザートはアイスクリームだった。
s130710243.jpg
4日目に続く
スポンサーサイト

category: 海外旅行

trackback(0) | comment(3) | 記事編集

go page top

« Viva イタリア 4(ヴィチェンツァ&マントバ)  | h o m e |  Viva イタリア 2(チンクエ・テッレ) »

コメント


さすが2000m超えのドロミティ山塊だけあって寒そうですね。
しかし途中の風景は素晴らしいの一言に尽きます。
ツアーメンバーは元気な中高年がメインのようですね。
次はいよいよアドリア海に面したベネツィアかな。
【2013/07/20 14:11】
URL | 南條 #- *編集*

私も高い所に負けじ?と久々に富士山五合目(2,305m)まで行ってきました。涼しくて気持ちが良かったです。が、相変わらず人も多かった。
おまけとして、帰りは浜松の航空自衛隊エアーパークに寄り、T-2高等練習機(ブルーインパルス仕様)やフライト・シュミレーターに乗り込み楽しんできましたよ。(展示なのでサイレントです)
【2013/07/20 22:39】
URL | 高山です #Jr4WCcEI *編集*

南條さん、高山さん コメントありがとうございます。
あいにくの天気で、雨に降られるとさすがに寒かったです。まあトレチーメの頂きやカレッツァ湖を見られたので良かった。
ツアーメンバーは21名で男が7名。平均年令約70歳と見ました。このコースは人気なのか並行して2組のツアーが出ており、2班は24名で平均年令40歳と見えました。
今回のツアーコースには残念ながらベネチアは無く、ドロミティに上がって行く前日に対岸のベネチア・メストレに一泊しただけなんです。
富士山、いいですね。昨年東北からの帰りに箱根で一泊したのですが、曇っていて富士山の姿は見えませんでした。グライダーを持ってもう一度富士山の裾野を巡ってみたいなと思っています。
【2013/07/21 13:36】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/922-7640d54e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top