ソアリング & セーリング日記 暴風雨の蓮池

08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

暴風雨の蓮池 


2013.07.03
Wed
10:08

植本さん、飯島さんに声を掛けて2時過ぎから蓮池で遊んだ。天気予報では6時頃から弱い雨とはなっていたが、3時半頃から雨が降り出した。梅雨前線が上がってきたようで、西から10mを超える暴風ブローが次々と入ってくる。
s13070313.jpg
3艇で模擬レースをしていたが、植本さんが操船していたイノベータがノーコンで東岸に漂着してリタイア。大雨の中、飯島さんはグレーシャスを引き上げたので、残るはシーウインドのみ。
s13070305.jpg
そのうち風は落ちるだろうと南北に走らせていたのだが、雨も風も一向に収まらず、東屋に居ても横殴りの雨でびしょ濡れになってしまった。
3:27 ポツポツと雨が降り出して、風向が北東から西に振れた。
s13070301.jpg
クォーターで疾走する飯島艇。
s13070302.jpg
シーウインドも良く耐えていたが、ラダーが効かない。早く大きくしなくては…。
s13070304.jpg
引き上げて雨風が弱まるのを待つイノベータ。スピンクロスのセールがフィルムのように透けている。
s13070312.jpg
4時半過ぎには雨が弱くなってレース再開。イノベータは圧倒的なパワーで走っていたが、又ノーコン。これを契機に撤収することにした。
この艇はデッキ幅が小さく、Rになっているので、受信機をデッキ裏面に貼り付けずに放り込んでいるだけ。浸水すると途端にノーコンになるようだ。
スポンサーサイト

category: ヨット

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« 新規製作中 & 修理  | h o m e |  鶴市 »

コメント


経験上、受信機に水が入るとNG、バッテリーは少々水をかぶってもOK。
受信機はヨットが90度傾いても水がかかりにくい位置に取り付けることが必須でしょう。私はデッキ裏中央にマジックテープでチョン付け。(防水ケースに入れられれば最良ですが、レース後は開放し乾燥が必須なので面倒=私には不向き)
また、アンテナの先が水に浸かっても良いように、アンテナの先端部に瞬間接着材やシリコン充填剤で防水が有効かと。
しかし、非常なまでのコンディションでの帆走、恐れ入ります。
【2013/07/04 17:11】
URL | 高山です #Jr4WCcEI *編集*

高山さん コメントありがとうございました。
イノベータは意外にハッチが大きくてデッキ裏の空きスペースがほとんどありません。キールとセールサーボの間にプラスチックのヤグラがあり電池と受信機を放り込んでいました。オーナーの飯島さんにお返ししたので何か対策を考えることでしょう。
シーウインドは結構タフに走っていましたが、雨でシート調節部が滑り、メインセール、ジブセールのバランスが崩れて立ち往生する事がありました。あとは弛んだシートがクリートに引っかかるとか、艇の脆弱箇所が良く分かりましたよ。
植本さんのシーウインドはセール作成準備のためお休み中でした。
植本工房ではセール自作用にHQ翼型をした三次元ジグを作ったそうです。この上でセールパネルを貼りあわせれば容易に翼型カーブが出せそう。請う、ご期待!
【2013/07/05 09:38】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/917-a528c51d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top