ソアリング & セーリング日記 三谷池 & 鶴市

08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

三谷池 & 鶴市 


2013.06.16
Sun
08:52

土曜日は蓮池へ行こうと思っていたのだが、久しぶりの雨でさすがに中止。家でおとなしくしていた。この反動で日曜は朝から活動。まずは10時半過ぎに三谷池を訪問して水上機を飛ばす。
s130616033.jpg
3時過ぎには第2ラウンドで鶴市へ。先週に続いてMysteryの手曳き曳航をして新オーナーの秋田さんに大型ピュアグライダーの操縦体験をしてもらえた。2回までの曳航は續木さん一人での曳航で、少し物足りなさを感じていた。3度目の曳航は宝山湖に行っていた植本さんが帰ってきて、續木さんと二人で引っ張ってもらう事にしたのだが…。二人の牽引に耐え、機体をリリースしたところバキッ。カンザシ部の外側で左翼が折れ、そのままグラウンドに墜落。ノーズがバラバラになり、胴体後部も折れるなどの大破となった。
s130616146.jpg
ちょっと2人力は過大パワーだったようだ。リブ組みの大型機のバンザイ破壊は良く見かけるが、こんなにあっけなく折れるとは思わなかった。譲ってくれた安藤さん、新オーナーの秋田さんに悪いのでボチボチ修理しようと思う。手曳き曳航はこの機体では恐いのでスロープで飛ばすことにしよう。
穏やかな三谷池。風はほとんど無く、馬山の姿が鏡面状態の池面に映る。
s130616001.jpg
まずはDragonflyから。
s130616003.jpg
s130616006.jpg
この機体の操縦は楽。スロットルを上げるとすぐに滑走状態に入り…
s130616007.jpg
軽くエレベータアップで きれいに離水。
s130616009.jpg
着水も楽。
s130616014.jpg
1回跳ねてしまったが、まあこんなものか。
s130616015.jpg
s130616020.jpg
高度を取って
s130616021.jpg
ループ。日曜日ゆえギャラリーが多く、歓声が上がっていた。
s130616023.jpg
s130616026.jpg
s130616035.jpg
無事帰還。万一の場合に備えてレスキュー艇が数艇待機していて安心だ。
s130616037.jpg
続いてICON A5を準備。
s130616038.jpg
s130616042.jpg
この機体はスピードに乗るまでの横安定が少なく、ペラの反トルクを相殺しながら滑走状態に入れる必要がある。
s130616044.jpg
エレベータフルアップで離水して、エレベータを戻したらボチャン!エレベータトリムを確認してなかったが、かなりダウントリムになっているようだ。
s130616045.jpg
かなり水を跳ね上げながら何とか離水。
s130616050.jpg
s130616051.jpg
上空でトリムアップ。かなり狂っていた。
s130616054.jpg
着水進入。
s130616055.jpg
着水。
s130616056.jpg
Dragonflyで使った電池なのでパワーが落ちているが、もう一度。
s130616059.jpg
s130616060.jpg
上空で時々ノイズが入るようで飛行が不安定。
s130616067.jpg
この辺で撤収することにした。回収した機体を見るとアンテナに水がかかっていた。受信不安定の要因はこれだったようだ。
s130616071.jpg
三谷池ではカタリナが大流行。4機ほど見えていたような気がする。
s130616002.jpg
これは豊嶋さんのカタリナ。着水シーンを連写。
s130616076.jpg
s130616079.jpg
スピードを殺してきれいに着水…
s130616080.jpg
と思ったが、跳ねた。
s130616081.jpg
今度は速度が落ち過ぎていて失速気味にボチャン。盛大な水しぶきが上がった。中々難しいものだ。
s130616083.jpg
豊嶋さん。
s130616090.jpg
南條さんの電動プロペラハイドロ艇が出てきた。
s130616101.jpg
お相手がいない独走なので良く分からないが、いい走りだ。
s130616105.jpg
昨年、私が蓮池でブイに当てて大破させた真田艇は未だ直していないそうだ。真田さん、そろそろ直してやってくださいね。
s130616108.jpg
南條さん。
s130616111.jpg

3時頃から鶴市。波賀さんには時岡さんのアーバンXCを体験してもらった。
s130616132.jpg
秋田さんはまずユウガで練習。上空での南北往復飛行タスクはまずまずOK。穏やかな北風なので初めての着陸に挑んでもらった。ちょっと難しかったみたいで川ぎりぎりで失速。ノーズを突いてしまった。
s130616135.jpg
續木さんが合流してくれたので、コーチをお願いして私は時岡さんとReiherのペア飛行に臨んだのだが…
s130616142.jpg
時岡さんに続いて投げ上げた所でスリップ音がして、パワーが出ない!上に向けて投げたので失速、墜落かと思ったが、何とか機体に追いついて胴体後部をキャッチ。あわやの所で大破を免れた。スリップ箇所はモータ軸とローター間だった。イモネジが緩んだようで増し締めを行ったがNG。軸の面取り部がずれてしまっているようで帰宅修理とした。
s130616136.jpg
時岡さんのReiherは問題なく飛行。
s130616140.jpg
s130616143.jpg
s130616144.jpg
この後、Mysteryの曳航をして3回目で墜落。
気を取り直してSimplyを飛ばそうとしたらラダーが大幅にオフセットしている。以前にも大串でオフセットしていた事がある。ラダーサーボを交換した方が良さそうだ。(エレベータサーボはガタが多かったので既に交換済み)
それでもラダーホーンを差し直して飛ばした。時岡さんがSimply初体験、私のランチで21mの初期高度ながら弱いサーマルに恵まれて103秒の滞空が得られたのはりっぱ。後半大きく高度を下げているのはノイズが入ってエレベータダウンが入ったもの。40MHz受信機ではこの空域で時々ノイズが入るのを私は慣れているが、時岡さんはすっかり慌てて下ろしにかかり、右翼端から接地。翼上面に軽くシワが入ってしまった。
130616_simply.jpg
秋田さんのユウガはノーズ小破のまま飛ばしていたのだが、とうとうノーズマウント部が剥離して終了。
今日は厄日。要修理機体を4機も抱えて6時過ぎに撤収。
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(3) | 記事編集

go page top

« 蓮池  | h o m e |  鶴市 Mystery Ship 初飛行 »

コメント


毎回、皆様のお手をわずらわせてしまって申し訳ありませんm(__)m
ただ、壊れるという事は、修理という工程に巡り会えるチャンスだったと思います。形あるモノは、必ず壊れます。それを修理する力を付けることも大切ですし、是非学んで欲しいと思います。今後もよろしくお願いします。
【2013/06/19 13:31】
URL | あきたさんち #- *編集*

秋田さん コメントありがとうございます。
ユウガとMysteryの修理、今回は私が持ち帰ってしまいましたが、次回からは自分でやってもらうようにしますね。
工具とか材料、接着剤など色々と揃えていく必要もありますしね。
【2013/06/20 10:17】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

堅固に直せば重くなる。軽く直せば強度不足?  
強度の必要な所は? 適切な材料は? 接着剤は何を使おうか? 軽く強くしなやかに!
カバーリングにはセンスが。
さぁ、腕の見せ所でしょうか。(笑
【2013/06/20 12:53】
URL | yogorou #Jr4WCcEI *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/911-89cfe424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top