ソアリング & セーリング日記 鶴市

06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

鶴市 


2013.05.22
Wed
13:07

先週末に高松に居なかった飯島さん、時岡さんにお付き合いして3時頃から鶴市でヒコウ。時岡さんのReiherはJR Propoのシールと日の丸シールが剥がされていて すっきり。サーマルモードでエルロンが下がる設定は解除されていた。他の機体データのコピーではなく、最初から設定したとの事だった。
s13052205.jpg
南から着陸進入。
s13052206.jpg
高松の最高気温は30.6℃と今年初めて?の真夏日。最低湿度は7%だったそうで、風もあったので気温の割に過ごしやすかった。時岡さんは雨の中のアーチェリー大会で使った単眼スコープ接眼レンズ内側が結露したとかで天日干ししていた。デシケータ並の湿度の中で結露はかなり薄くなっていたが依然として残っていた。思うにズーム胴を動かしていたら胴内の空気が入れ替わって良かったかも?
s13052201.jpg
s13052202.jpg
s13052207.jpg
s13052210.jpg
s13052211.jpg
s13052212.jpg
川上の1番機はパイパーJ3カブ。
先日大串で飛ばしたアーバンの電池を繋ぎっぱなしにしているのを今日になって気がついた。BEC SWを切っただけでメインのコネクタを抜くのを放念していた。ニカド電池の時代には何度かやった事があるがSW付きのアンプは気をつけねば…。果たして電圧は単セルで2V程度まで深く放電していた。幸い微小電流放電だったためか、電池は膨れておらず、ニカド電池モードで3セル10V程度まで電圧を上げてやり、そのあとリポ電池モードでバランス充電したら1300mAh以上入った。セーフかな?
s13052215.jpg
ハーフスロットルでタキシングして遊んだあと、フルパワーで離陸。
s13052217.jpg
パワーは十分出ており電池に異常はないようだ。良かった~。
s13052218.jpg
s13052220.jpg
s13052221.jpg
s13052236.jpg
s13052234.jpg
飯島さんが来たので、索を準備して手曳き曳航をお願いした。
s13052238.jpg
s13052240.jpg
s13052241.jpg
s13052245.jpg
s13052248.jpg
s13052250.jpg
s13052253.jpg
s13052255.jpg
s13052256.jpg
s13052257.jpg
2回曳航したが、獲得高度は70~80mか。サーマルにも恵まれず。
3番機はTopSky。これもかなり投げ込んだがサーマルには乗らず。
時岡さんの2番機はSights。主翼4サーボのこの機体、またまたフライトモード毎のエルロン、フラップのオフセット設定が思い通りに決まらず、飛びが不安定。不安定さは後重心だったのだが、サーマル、スピードいずれかのモードで片側フラップが動かない。飯島さんと共に主翼4サーボのプロムナード号の設定をコピーしていろいろいじっていたが結局直らず持ち越し。結局JRプロポは最後は藤目さん頼みか。重心を修正してフライトモードSWには触らないようにして最後に一飛ばし。エレベータトリムを修正してヒコウを終え、6時前に撤収。
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 第56回蓮池レガッタ  | h o m e |  大串 デモフライト »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/901-dc462a7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top