ソアリング & セーリング日記 砥峰高原&鳥取砂丘

07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

砥峰高原&鳥取砂丘 


2013.05.13
Mon
17:21

昨年のNHK大河ドラマ平清盛を覚えていますか?オープニングで少年時代の清盛が草むらを駆けるシーンがありましたが、このロケが兵庫県宍粟市にある砥峰高原で行われたと聞いていて、今回思い立って訪問。
s130513039.jpg
お決まりの空撮を行った。
ジャンボフェリーで5時に三宮着。第1の目的地は丹波市市島町にある白毫寺。ゆっくりと時間調整しながら8時半に到着。
s130513016.jpg
新聞で九尺ふじが満開との記事があって、ヒコウを兼ねて来る気になったのだが、房の長さが九尺もあるのかな?
s1305130061.jpg
境内の藤棚はこんなもの。まあ1m前後かな?期待が大きかっただけに ちょっとがっかり。門前になぜかケージがあり、中で孔雀が羽根を広げていたが、九尺って孔雀の事?
s130513010.jpg

口直しに朝来市和田山にある大町藤公園に寄ってはしご花見。こちらは まさに満開。広い園内は良い香りに包まれていて気持ちが良かった。ここはちょうど2年前に来ている。
s130513022.jpg

10時過ぎには一番目のヒコウポイント砥峰高原に向かう。国道312号を南下していると右手の山頂に竹田城跡の石垣が見えた。2年前には あんな所で飛ばしたんだなぁ。
s130513038.jpg

生野から県道39号に入り、山道をうねうねと1時間余、神河町にある砥峰高原には昼前に到着。ロッジ風の建物には平清盛ロケ地の幟がはためいていた。食事をするつもりだったが月曜は定休日だった。
s130513040.jpg
建物の前にはウッドデッキがあり、ノルウェーの森のロケ地という看板も。
s130513041.jpg
さっそく飛ばすべく、ミニモアを組んだのだがバンドが違う高周波モジュールを忘れて来たのに気づいた。Sightsの受信機はディユアルコンバージョンなのでクリスタルに互換性がない。受信機を積み替えるのは非常に面倒。仕方がない写真だけ撮ってリタイア。
s130513043.jpg
Sightsを組んで原っぱの中央から飛ばす事にした。ちょっと荒れ果てた感じだ。月曜日で施設は休館ということで観光客は若いアベックが一組と熟年夫婦が我々を入れて2組。気兼ねなく飛ばせるぞ。
s130513044.jpg
空撮ビデオでもわかるとおり、この草原は人工的に木を伐採して作ったようで稜線から向こうは自然林が残っている。風向きはあまり良くない。
s130513048.jpg
s130513053.jpg
s130513057.jpg
s130513060.jpg
ループを入れて…
s130513063.jpg
s130513076.jpg
無事着陸。
s130513079.jpg
速攻で撤収。
s130513081.jpg
砥峰高原から鳥取に出ようとナビをセットしたら、県道39号を生野の方へ引き返す大回りの案内だ。1時間も掛けて生野に戻るのはイヤなので、案内を無視してそのまま西に向かった。道路は落石がごろごろある荒れた道。県道6号に出て道が良くなりほっとしたのもつかの間、北上するうちに県道428号がいつの間にか521号となり、舗装のない礫の砂利道に変わり、かなりの急坂だ。パンクしたら遭難だと思いながらローギヤでゆっくり登って行く。五瀬山の登山道の方がましな感じだ。1時間ほど地獄のような道を上り、何とか峠を越えてほっとした。写真を撮っておけば良かったのだが、とてもそんな余裕は無かった。国道29号に出てもう安心。ドライブレコーダーに映像が残っている事を思い出し、メモリーに上書きされないように電源を落とした。帰宅して確認したら2GBのmSDカードでは15分ほどの記録しか残ってなく、肝心の地獄の悪路の映像は上書きされて無し。残念!521号の峠越えをして、かなり道が良くなってからの映像がこれ。もう二度とこの道は走らないぞ。恐るべき兵庫県の山奥の道!
13051302 宍粟市一宮町公文県道521号
国道29号に出ても中々食事ができそうな所がない。2時半も過ぎて鳥取県の若桜町に入ってやっとレストランを発見。鹿肉カレーなるものを初めて食べた。鹿はこの辺で普通に見られて、車に当たることもあるそうだ。

鳥取砂丘には4時頃に到着。悪路の峠越えで非常に疲れていて、観光客の行く砂丘のピークまで歩く元気がない。少し東に走ると道端に駐車場があり、その先に5~10mの高さの砂丘があり、ここで飛ばすことにした。
s130513084.jpg
慎重にチエックして…
s130513085.jpg
海に向かって投げるには、砂丘の高さがちと低いので海岸と平行に西向きに投げる事にした。
s130513088.jpg
GO!
s130513094.jpg 
空撮ビデオ。

s130513099.jpg
海が近い!
s130513101.jpg
s130513106.jpg
s130513110.jpg
無事着陸。
s130513112.jpg

今夜の宿は鳥取市内。チエックインにはまだ早いので砂の美術館に入ってみた。
s130513136.jpg
りっぱな屋内展示場にこのような砂像が作られていた。今年のテーマは東南アジア編。これは世界遺産フィリピンの棚田かな?
s130513124.jpg
これは王に捧げる舞踊とあった。マレーシア、バリ、カンボジャ?
s130513126.jpg
この像は何だったかな?
s130513129.jpg
スポンサーサイト

category: 国内旅行

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 蒜山高原  | h o m e |  鶴市 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/895-1a803d13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top