ソアリング & セーリング日記 栗林公園 & 鶴市

10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

栗林公園 & 鶴市 


2013.05.05
Sun
21:35

3日目の連れ回しは近くの栗林公園に決定。こどもの国、まんのう公園も考えたが今日は子供の日、混んでいるだろうからパス。
s13050507.jpg
公園を回っている昼過ぎに岡山の荒井さんから遊びに来るとの電話があり、帰宅してMSFAメンバーに緊急メール招集。3時には鶴市に一番乗りしてまずはアーバンを飛ばす。孫に投げさせるところを時岡さんに撮ってもらった。
s13050524.jpg
栗林公園でも子供の日イベントでスタンプラリーなる催しをやっていた。小学生にはりっぱなガイドブック兼スタンプ帳をくれてラッキー♪ 東門に始まって、民芸館、商工奨励館、花園亭、掬月亭…と9箇所のポイントを順に回る。ポイントの中には記憶にない所もあり、掬月亭、日暮亭で着物姿のお姉さんに尋ねると丁寧に教えてくれた。皆さん孫連れのジジババに優しい。
s13050508.jpg
新緑がきれい。いい季節だ。
s13050515.jpg


機体を投げたがるので持たせてみた。重心付近を片手で持つんだよ。
s13050519.jpg
大丈夫かな?私の方が壊されるのではないかと ちょっと不安。
s13050520.jpg
さあ行ってみようと思う間もなく、いきなり投げられてしまった。右肘が伸びて、左肘が上がって中々のフォームになっている。
s13050523.jpg
あわててモータON。問題なく離陸成功。
s13050525.jpg
ラダー操作をさせる。
s13050526.jpg
無事着陸。
s13050533.jpg
続いてTopSky。
s13050534.jpg
1.5mの機体を振り回すのは身長123cmの孫には無理と判断して触らせなかった。
s13050536.jpg
3時半過ぎに荒井さんと上野さんが到着。上野さんの1番機はめずらしいリブ組みのDLG機。
s13050544.jpg
さっそく軽くランチして見せてくれた。
s13050548.jpg
リブ組みが透けて見え美しい。スパーにはねじり剛性の高そうな太いカーボンパイプが使われているのが分かる。
s13050550.jpg
チェコ製のK1500と言う機体だそうで、問題なく良く飛んでいた。
s13050552.jpg
こちらもチェコ製のThowtと言う発泡コアグラス直貼り翼の機体。蛍光オレンジと黒のストライプで視認性がいい。発泡コアがオレンジ色なのだろうか?塗装?
s13050575.jpg
軽目のランチ。
s13050555.jpg
s13050556.jpg
s13050557.jpg
s13050558.jpg
s13050559.jpg
高橋さんも合流してTopSkyをランチ。
s13050561.jpg
s13050562.jpg
s13050563.jpg
s13050564.jpg
s13050565.jpg
荒井さんのパワーランチ。カーボンシャーレ翼の機体だ。
s13050566.jpg
s13050567.jpg
s13050568.jpg
s13050569.jpg
s13050570.jpg
s13050571.jpg
ランチ高度がどれくらい出ているのか知りたくて、上野さんのThowtに高度計を積んでもらって計測。続いて荒井さんのシャーレ機に積んで計測。何度かランチした後、荒井さんはフルパワーでの高度を知りたかったのか、操縦を上野さんに託してランチに専念。本気だ。
s13050593.jpg
この後、悲劇が起こった。「ノーコン」との上野さんの声に見上げると西の土手に落ちる機体の影。すぐ横を車が通り過ぎ、墜落した上に車に轢かれたかと思った。荒井さんが土手に駆け上がり機体を拾い上げたのを見た所、垂直尾翼が見えない?帰ってきた機体の損傷はシャーレ翼中央付近が座屈、片側エルロンのエラスティクヒンジが千切れると言う大破。ノーコンの原因は?キャノピーが外れて電源コネクタが抜けていた。墜落の衝撃で抜けたのかも分からないが、全ての舵がロックしたと言うのでランチのGで電源コネクタに抜ける力が働いたのか?高度計のデータを見れば分かると思ったのだが、こちらもコネクタだけ残っていて本体が見当たらない。慌てて墜落箇所付近の草むらを探したが発見できず。残念…
s13050595.jpg
実は私のTopSkyも2度、一時的なノーコン状態に陥って河原に落着した。幸い水平に下りたので機体は全く無キズ。一度目の落着では1セルリポの電圧低下かと思い追い充電。2度目ではアンテナを縮めてかなりの距離で作動確認しても問題ない。受信機が強烈なノイズを拾ったものと判断した。この際、40MHz受信機を2.4Gに載せ替えることにした。


昨年11月に来られた時にみせてくれたバルサ単板削り出し翼のマイクロSAL機の新型。テールパイプをハードバルサで作ったものだ。カーボンパイプより幾分重くなったとの事。
s13050596.jpg
やはりびっくりするほど上がり、良く飛んでいた。
s13050599.jpg
こちらは昨年見せてもらった機体だが、翼前縁に4mmほどのカーボン板が追加されている。このような手作り機体が大好きな植本さんに持ってもらってパチリ。後縁にフラップとして板を足す事はあるが前縁とは…。この前縁庇の試みは文献があるそうで、ランチ高度、滞空改善の両方に効果があるそうだ。世界中には面白い発想をする人が居るんだなぁ。
s13050597.jpg
5時半過ぎには撤収。上野さん、荒井さん、懲りずにまた遊びに来てくださいね。
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« 社内報記事、蓮池レガッタのルーツ調べ  | h o m e |  石清尾山登山 & ヨット »

コメント


当日は最後の選手権への練習になるかもという事で練習に身が入りそちらに伺えませんでした。しかし岡山のお二人はいろいろと研究熱心デスネ!!
【2013/05/07 11:30】
URL | 藤目です。 #- *編集*

孫守り、お疲れ様でした。天気も良く、最高の遊び相手ですね。
私も孫を連れて結構楽しみました。
近場で飛行機はできませんので孫と琵琶湖に小物釣りに、と、3歳の孫にまさかの約40cmのブラックバスが。大きさにびっくりしてか魚に恐怖感があったのか、孫はしばらく近寄りませんでした。(笑)

ハンドランチですが、奥が深そう。
製作ですが、川上さんのデータやネットで調べてボチボチというところでしょうか。
【2013/05/08 11:45】
URL | 高山です #Jr4WCcEI *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/891-5e0c9a89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top