ソアリング & セーリング日記 大串 ミニグラファイト復活 南條工房

06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

大串 ミニグラファイト復活 南條工房 


2013.04.29
Mon
14:52

先週に続いて午後から大串でヒコウ。雨の前の北東風は3mほど、まずまずのリフトを楽しめた。連休中とあって観光客も多かったが、ちょっと靄っていて視界はあまり良くなかった。そんな中グライダーのサイレントフライトは良いPRになったのではないかと思う。
s13042905.jpg

飯島さんと一緒にやってきたのだが、Spriteを飛ばそうとしたらプロポが無いと言う。どうやら我が家の車庫に置き忘れてきたらしい(機体は昨日から私の車に積んでいた)。幸い私が2台のプロポを持ってきていたのでSpriteに受信機を移植して飛ばそうかと思ったが、今日はもう飛ばさないと言う。ここまで来て飛ばさないのも気の毒で、私のSerenityを飛ばしてもらう事にして上空で操縦を交代。


川上は2番機ミニグラファイトの復活飛行に移る。藤目さんに耐空検査を受けたら翼の強度は大丈夫そうだがフラップがぐらぐらとの指摘。昨日取付けたサーボの両面テープの貼付けが甘かったらしく浮きかけていた。枠があるので再接着し、中立を合わせ、慎重に作動チエック。まあいけるだろう。
s13042901.jpg
4月7日の状態 再掲。この大破から3週間余でよく直したものだと思う。
s13040784.jpg
高山さんに撮影をお願いしてGO!
s13042902.jpg
問題なく飛んだのだが、100mも離すと時々フラップやエルロンがバタバタ動くのが見える。受信機がノイズを拾っているようで早めに着陸させた。
プロポのアンテナを縮めて距離テストしたら5mくらいでノイズを拾う。試しに胴体内のチューブに入れていたアンテナを外に出してテストするとOK。再飛行の結果は◯。そう言えば前のミニグラファイトでもこの現象が出て受信機を信頼性の高いものに変え、アンテナを外に出していたのを思い出した。カーボン・ケブラー胴で電波の通りが悪いようだ。それにしても3年前からこのQuickの受信機で飛ばしているが最近までこんなにノイズを拾った記憶がないのだが…


高山さんはミニウルフ京都号で癒しの飛行。 
s13042923.jpg
藤目さんはアブソリュート ホットライナーでギンギンの飛行を披露。
s13042920.jpg
藤目機の飛行を見守るお友達。蓮池にも遊びにきてくれた事あるメンバーかな?
ポテサラ カナッペ、コーヒーご馳走さま。
s13042929.jpg
藤目さんと一緒に来ていた石原さんに撮影をお願いして川上は3番機Ka-8を飛ばした。
s13042934.jpg
s13042936.jpg
s13042909.jpg
s13042911.jpg
s13042912.jpg
s13042916.jpg
s13042925.jpg
s13042927.jpg
トンビを追尾。
s13042931.jpg
4番機Cyclone。用意している間にアブソリュートは下りてしまって速度比べはお預け。
s13042942.jpg
s13042940.jpg
藤目さん達は3時前で撤収。


南側のテニス場前の広場で飛ばしている安倍さんを取材しに行った。
s13042947.jpg
機体は京商のスゥイング。SAL機だ。
s13042949.jpg
こちらのスロープで飛ばしてみようと思ったのだが、スロープの手前のツツジなどの灌木が高くなっていてすこぶる視界が悪い。1箇所だけ隙間があったので、ここからミニグラを一投げしてみることにした。
s13042950.jpg
s13042952.jpg
下に道路や家があって目線以下のリフトは良くない。
s13042958.jpg
何とか高度を得て
s13042959.jpg
 s13042961.jpg
早めに着陸。広々とした芝生広場で下ろし易い。安倍さんがここで飛ばすわけだ。
s13042963.jpg
SAL機と聞いて投げさせてもらうことに。
s13042971.jpg
ちょっとペグ径が細いのか、機体が重いのか、指が痛いので軽く投げた。
s13042973.jpg
4時半には撤収。


南條さんの工房が新しくなったと言われていたのを思い出して5時過ぎに訪問取材に寄せてもらった。
電話で都合を伺ったら今日は見学客が多く、私で4人目との事だった。
床面積は前の手作りのログハウスの1.5倍くらいか。高さはちょっと低いかも知れない。
s13042981.jpg
数多くの機体が天井裏と壁にぶら下がって中々壮観。全部飛ぶのかな?
s13042982.jpg
お孫さんが遊びに来ていた。
s13042983.jpg
壁際の棚にはラジコン創成期のOSの送信機(青)、まだプロポーショナルでなかったオンオフ時代のものだ。その横はプロポーショナルシステムができたばかりの送信機。40MHz帯を2つのバンドで使っていたとの事。他にも昔懐かしい機器がいっぱいで ちょっとしたラジコン博物館だ。外燃機関の一種、スターリングエンジンの模型もあり、小さなガストーチでシリンダヘッドを炙って回してみてくれたが、残念ながら火力が弱いようで継続回転までには至らず。
s13042984.jpg
南條さん 突然の訪問受け入れありがとうございました。大人のおもちゃがいっぱいで楽しかったです。三田式グライダーの完成期待していますよ。
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(3) | 記事編集

go page top

« 鶴市 Reiher 時岡号 初飛行  | h o m e |  鶴市 電動スプライト登場 »

コメント


川上さん、翼のサーボはどうしても両面テープが良いのならサーボの押さえ金具着けましょうよ~ 南条さんのガレージ私も見てみたい!!
【2013/05/01 21:51】
URL | 藤目です。 #- *編集*

藤目さん コメントありがとうございます。
フラップサーボの剥がれは枠の内側に接着剤が少し出ている箇所があり少しサーボが浮いていたのかも知れません。ウイングサーボに付いていた両面テープを使ったのですが、この接着力も弱かったようです。枠コーナーの接着剤を削り、両面テープをいつもの百均のものに変えました。これで様子を見ます。
ガタについてはは軸方向にガタがあるのが気になって手持ちの同サーボを見たらガタがほとんどないものがあり、ギヤを組替えるとしっくりしました。どうも生産ロットにより出力軸穴公差にバラツキがあるようです。ちなみに サーボはTowerPro MG16R(2.7kg・cm) フタバS3802相当品ですが値段相応ですね。Cycloneに採用したコロナのCS-239HV ウイングサーボ(4.6kg・cm)はガタも無く剛性もありGoodでした。
南條工房、大人のおもちゃ箱で珍しいものが一杯。すばらしいですよ。また今度機会があれば見せてもらいましょう。
【2013/05/02 10:27】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

先日はせっかく取材に来ていただきながら、孫と回る寿司へいく約束だったものでゆっくりお相手できず申し訳ありませんでした。  あの日はさなやん一家のあとI藤さん、H江さんが来て、そのあと川上さん、飯島さん、高山さんの来訪があったわけです。
千客万来で正に<友引きの日>だったのでしょうか?

藤目さん、いつでも来てください。入れ物は新しくなりましたが中身はガラクタばかりでお恥ずかしい限りです。
まさに<子供が捨てられない河原の石や壊れたオモチャをりんご箱に放り込んだような感じ>といったところでしょうか。

さて、今年も恒例の『大串ウォーク』が5月19日(日)に開催される予定です。その時に以前好評だったグライダーデモ飛行を主催者の志度ライオンズクラブから要請を受けています。(10時~11時頃の間)
5~6機位は来てくれるでしょうと返事しておきましたので、何卒よろしく協力方お願い申し上げます。
なお昼食にカレーライスを頂けるそうです。
【2013/05/02 18:53】
URL | ひさやんです #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/887-3bc1405d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top