ソアリング & セーリング日記 久米池 IOM藤目艇進水式

07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

久米池 IOM藤目艇進水式 


2013.03.17
Sun
13:29

1月末に高山さんから藤目さんに渡ったIOMのレストアがようやく完了し、本日めでたく進水式の運びとなった。ハルの色は元の水色より濃い青、デッキは白。丁寧にピカピカに仕上げられている。セールNo.は元のままの1を踏襲。
s13031702.jpg
大内さん、飯間さん、飯島さん、藤目さん、私の5人が揃ってさっそく模擬レース。No.1はするすると素質の良い走りをしていた。
s13031706.jpg
マストを持って進水。
s13031703.jpg
北東の微風を受けて静かに進んでいく。ジブセールのリーチ(セールの後辺)が中央でくびれ。スプレッダに軽く接触しているようだ。(あとでジブブーム下のフォアステー取付位置を5mmほど後退させてブームを前に出した)
s13031704.jpg
Legendとの2ショット。Legendのセールは少しこなれて柔らかくなっていたがドラフト(キャンバー)が殆ど無い板状態。メイン、ジブ共にアウトホール(後方の穴)に下向きの糸を追加してドラフトを深くした。ラダーの面積の割に効きが悪いのはキールの剛性(曲げ、ねじり)が影響しているのだろうか?舵角は45°ほどあり、まさかサーボが水流に負けている事はないだろうな?
s13031705.jpg
5艇でレース。私は一番後方のイノベータで参戦。
s13031707.jpg
3時過ぎには一時無風となりDragonflyを出動させた。
s13022707.jpg
ロールレートが高すぎるようでコロコロするので藤目さんに見てもらったが、特に問題なく安定感のある飛行を披露。要は腕(指)の問題のようだ。Expは嫌いだが-15%ほど入れて感触を見ることにした。
s13031710.jpg
彼岸の入りの日とあって墓参りの家族連れも多く、ヨットと水上機に見とれていた。男の子に取っては水上機の方が人気あったかな?滑らかな離着水の様子をデジカメでビデオ撮影したはずだったのだが、ほんの数秒空と水面が写っていただけ。どうも録画状態になっていなかったようだ。
s13031711.jpg
4時過ぎには撤収。
スポンサーサイト

category: ヨット

trackback(0) | comment(3) | 記事編集

go page top

« 蓮池貯水開始前作業  | h o m e |  鶴市 Serenity 復活 »

コメント


IOM(IKON)走りいかがでしたか?
思うように走りましたか?
ジブセールのリーチがスプレッダに接触しているのは、ジブセールが高い位置にあるためのように見えます。
下げればセールが前に出て、当たらないと思います。
艇がまた増えて例会楽しみです。
【2013/03/18 17:20】
URL | 高山です #Jr4WCcEI *編集*

ヨットは用語や感覚的なセッティングがわかりずらいですね!ま、体で覚えるしかないでしょう~
【2013/03/18 22:53】
URL | 藤目です。 #- *編集*

グライダーも用語やセッティングがわかりずらく同じ感覚でしょうか。
(実はヨットの用語や名称も未だに???が多くあります。グライダーに関しては???だらけ)
現場でのtry and error(trial and error)で楽しめば良いかと思います。
他艇とレースをすることによってその結果が見え、思い通りに走らせることや速くなったことを感じられれば楽しさ倍増です。(負ける悔しさも多くありますが…。)
ヨットは勝手に池より外に出たり墜落することは絶対にありませんから、いろいろtryしてください。ただし沈没はありますけどね。(笑)
【2013/03/19 11:52】
URL | 高山です #Jr4WCcEI *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/871-828c9e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top