ソアリング & セーリング日記 第52回レガッタ in 三郎池

07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

第52回レガッタ in 三郎池 


2013.01.27
Sun
09:28

防風の土曜日から一夜明けた三郎池。1ヒート目くらいまでは順風だったのだが、徐々に風が強まり、先月に続いてサバイバルレース展開となった。昼休み後の記念撮影は日差しがあって穏やかそうな天気に見えるが4~7mの強風が続いている。
s13012710.jpg
仮想スタートライン。陸側のマークは釘の出た廃材(焚き木)にカレンダーのロールを突き刺して山田さんが用意してくれた。沖の黒ブイは定置のもの。上、下マークは岸からの投げ込み。沖のサイドマークは長いテグス付きの小さなブイを真田さんが用意してくれた。
s13012711.jpg
レースは午前中に3ヒート。昼食を挟んで午後から5ヒート、計8ヒートで打ち切った。
結果
1位 シーウインドで 倉科さん (4カ月ぶりにレガッタに復帰)
2位 グレーシャスで 川上
3位 グレーシャスで 高山さん
11時前 第1ヒート上マーク付近の様子。まだまだ順風だ。
s13012703.jpg
下マークを回航して上りレグの川上艇と倉科艇。
s13012704.jpg
川上さんのF艇は最近好調。第1ヒートは上記2艇に続いて3位でゴール。総合でも4位に入った。
s13012705.jpg
第2ヒートから風速が上がり、川上のグレーシャスはタックミスで長時間の失速。一旦ビリに落ちたが何とか挽回して4位でゴール。リグを調整したはずの第3ヒートはもっと悲惨。スタート前に失速し、なみ舵を使って船首を風下に落とそうとするのだがムラのある風に煽られてどうしても風位に向いてしまう。安定した後進でついには座礁。何とか落し気味で走らせてスタートしたものの無念のリタイア。ステーの張りを詰めてメインセール、ジブセールの開き具合を調整しただけなのだが、あの強いウエザーヘルムは一体何だったのだろうか?
ここで昼休みとしてBリグに換装。
ss13012706.jpg
昼食はまたまた山田さんが用意してくれた。おにぎりにお餅、温かいカニたまスープは身体が暖まって最高に旨かった。ありがとうございます、ご馳走さまでした。
ss13012707.jpg
川上がジャッジした第6ヒートの様子。スタート前の攻防。72番、倉科艇のBリグはかなり小さ目でCリグと言ってもいいくらい。高山艇もBリグに替装している。
ss13012712.jpg
ちょっと風が落ちた上りレグ。するすると軽量の大内艇が前に出る。
ss13012713.jpg
上マーク1番回航は倉科艇。小さいセールで良く走る。
ss13012714.jpg
続いて高山艇。
ss13012715.jpg
大内艇。
ss13012716.jpg
山根艇も久々の出艇だ。
ss13012717.jpg
午後から参戦した真田艇もAリグで奮闘。
ss13012718.jpg
山田艇もBリグで軽快に上マーク回航(2回目)
ss13012719.jpg
飯間艇、川上 進艇が続いて回航。
ss13012720.jpg
倉科艇が下マーク回航して上マークに向かう。風が少し落ちてAリグの大内艇が復活。猛烈な追い上げで高山艇を抜き去った。
ss13012721.jpg
倉科艇に続く高山艇。Aリグの真田艇がすぐ後ろに迫っている。
s13012722.jpg
土手上の攻防。
ss13012723.jpg
ss13012724.jpg


第8ヒートでレース終了としたのだが、飯間艇がノーコンで漂流。先月は沈没に至ったが、今回は浮いているので まだまし。どこかの岸に流れ着くだろう。川上 進さんのF艇で絡めて引き戻そうとしたが既に離れすぎていて微妙な操作はできない。一旦は絡んだものの方向転換には至らず、離れたのを機に二重遭難を避けるために引返した。
投げ釣り救助のプロ萬藤さん、飯間さんを乗せて、私の車で南西岸に回りこんで待つ。細い私道に車を突っ込んだら横の畑に猪除けの高圧電線。萬藤さんが先に下りたのだが、足が触れたらしくビリっとしたショックを受けていた。私は慎重にドアを細めに開けて高圧線をすり抜けたのでセーフ。西岸に着きそうだった艇は西風に流されて徐々に東へ進路を変えている。
ss13012726.jpg
南東岸に引き返して待つ。
ss13012727.jpg
かなり近くなった。萬藤さんが狙いを定める。
ss13012730.jpg
投げ釣り開始!
ss13012733.jpg
結構流されるのが早くて無事東岸に到着。
ss13012735.jpg
この艇の電源はリポ電池をレギュレータで6∨に落としているのだが、レギュレータの作動を示すLEDが消えていたとの事。デッキ裏に貼り付けているらしいのだが、水濡れ?
今回は沈没しなくて良かったね。次回までにきっちり直してくださいね。
スポンサーサイト

category: ヨット

trackback(0) | comment(3) | 記事編集

go page top

« 鶴市 Cyclone - E 初飛行  | h o m e |  三郎池 レガッタ延期 »

コメント


いや~、ノーマルAリグ、厳しかったです。強風でジブシートに不具合が発生、レース中急に全く上れなくなってしまいました。
有り合せの手抜きBリグも何とか走るが今一つしっくり来ない。
しかし真田艇は相変わらず大きなセールでも良く走っていましたね。
いろいろと熱心に改良されている成果でしょう。
倉科艇、川上艇もあり、大内艇も速くなってきているので、なかなか勝たせていただけません。
そろそろ自作のAリグを・・・。

山田さんいつもいつもありがとうございます。
【2013/01/31 18:34】
URL | 高山です #Jr4WCcEI *編集*

高山さん 2日間お疲れさま。
私も第3ヒートのAリグの走り、何がどうなったのか?すっかり自信を無くしましたね。中風時のAリグのセット、もう一度再現してみなくてはと思っています。

三郎池ではグレーシャスが蓮池に比べて沈み込んでいるように見え、それだけ波が高いのでしょうね。ピッチングの点から見て水線長が1割大きいシーウインドが良さそう。

冬場の強風、寒いけど面白いですね。チューニングを進めなくてはと思っています。
【2013/02/01 08:56】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*
・・・・
いやいや 何だかんだ言ってもAリグで走るのが面白いですよ
暴れまくるのをなんとかしようと操作するのがいいじゃないですか

とは言ってもバウチンでキールが見えるほどではどうしようもないですし
失速するのも後が大変ですが (涙)
【2013/02/01 22:27】
URL | さなやん #dYcmrPLw *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/852-3ec032e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top