ソアリング & セーリング日記 再び五瀬山 機体回収

10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

再び五瀬山 機体回収 


2013.01.25
Fri
08:48

一夜明けてまたまた五瀬山登山。機体捜索のプロ植本さんの協力をあおいで無事ミニグラファイトを回収できた。
s13012533.jpg
機体は急傾斜面に突き刺さっていたとの事だ。損傷を見るとノーズまわりの座屈、左主翼スパー前部の表皮剥がれなど。吹き飛んだ∨テールはインサートナットだけ残っていた。昨年、大串の芝生広場でのハードランディングで∨テールを損傷した時の修理に問題があったようだ。
s13012702.jpg
谷底に落ちた∨テールの回収は諦めたので代替品が必要。本体の方は まあすぐに直るだろう。
今日も高度計で登山ペースを記録。一番元気な飯島さんのポケットに入れてもらって各自マイペースで登る事にした。結果は脅威的。140m強を14分ほどで登っている。昨日は20分以上かかったのに…。植本さんは飯島さんのペースに合わせて登ったら体力限界を超えたらしく最後はフラフラになり防風に吹き飛ばされそうになったとの事。私はやはり20分超のスローペースで登ったが、昨日よりずいぶん楽だった。毎日登ればかなり体力強化できそうだが…
13012501 五瀬山登山
馬の背の端に先に到着した植本さん。抜けるような青空だが、昨日よりもっと風が強い。
s13012501.jpg
きりっと澄んだ空気で視界がすこぶる良い。
s13012505.jpg
前田山の向こうにサンポートのシンボルタワー(150m超)、クレメントホテル(90m超)が見え、遠く五色台、小槌島も見える。
st13012504.jpg
せっかく登ったのだから、昨日飛ばせなかったNYXミニを飛ばそう。
s13012506.jpg
昨日よりさらに風が強いが、飯島さんも慣れてきたのか、半ばヤケ気味なのか、すんなり応じて…
s13012507.jpg
GO!
s13012508.jpg
ちょっと北に振れた風だがリフトに問題は無さそう。
s13012509.jpg
安全な上空でスイスイと飛ばす。
s13012510.jpg
s13012511.jpg
s13012512.jpg
写真撮影用にローパスをお願いしたが「無理!」 またまたパイロット交代。今日は落とさないぞ~
s13012514.jpg
北にある志度湾に向けて突っ込んで行く。湾の向こうのベージュの建物は牟礼の北高校のようだ。
s13012519.jpg
さぬき市役所が見える。
s13012517.jpg
緑の屋根は山本鉱業、右手はタダノの志度工場 塗装棟か?
この後、植本さんにDSを見せるつもりだったが、急にリフトが悪くなり、失速させないように戻して来るのが目一杯になってしまい。そのままふわりと馬の背に失速気味で着陸。すぐ近くに下ろしたはずなのに熊笹に隠れて機体が見つけられない。昨日の反省から機体発見ブザーを積みたかったのだが持ってきてなかった。懲りてないなぁ!幸い捜索範囲が小さく、プロポ操作をしたらサーボ音がしてすぐに発見できた。
s13012521.jpg
13:50 本来の目的 ミニグラファイト回収に向かう。私はここに残って向かい側から位置を指示する事にしたのだが… 
s13012522.jpg
これが大きな誤算。すぐに東向かいの尾根に着くと思っていたのだが30分ほど経っての電話では、向こうから私が見えないと言う。未だ尾根の付け根に居るのかと思って「まだまだ先へ進め」と指示。50分ほど経って電話で「丸いタンクが見える。標高60m」との連絡。道を間違えて北側鏡岩から焼却炉跡の方へ下りてしまったようだ。
gozeyama.jpg
14:53 後で考えたら五瀬山に関しては植本さんは初めて、飯島さんも昨日が初めてのようなものだった。まっすぐ引き返してと指示して私も分岐点から東尾根に向かう道を指示すべく山頂に向かう。すでに1時間経過。
平日ではあったが同年輩の登山者に会った。北側11号線天野峠からのルートを使って毎日のように登っていると言う。末工業団地から登ったと言うと急坂で滑り易いのであまり使わないとの事だった。
s13012523.jpg
14:58 分岐点まで下りてきた。左が北からの登山道。右が東尾根への道だ。
s130125241.jpg
15:21 ここで23分待って、やっと東尾根北側のピークを越えて植本さんが戻って来た。ここから画面の右手南に向かって真っ直ぐ尾根を進めと指示。最初からここまで同行すべきだったなぁ。
s13012526.jpg
15:30 やっと機体の真上付近に到達。ここから真っ直ぐ下りると指示。かなりの急坂のようだ。
s13012527.jpg
s13012528.jpg
s13012529.jpg
15:35 機体のすぐ上に到達。ここまで1時間45分。すぐに回収にかからないので何をしているのかな?と思っていたが、機体が刺さっているのを写真に収めていたとの事。
s13012531.jpg
16:30 55分経ってやっと戻ってきた。機体はビニル袋に入れて背中にくくりつけて両手を開けていた。急坂を登るのに両手が要ったようだ。出発から2時間40分も待たされた川上は寒さしのぎに発航場所の北側、視界を妨げる高枝を伐採して過ごした。今度は着陸場所の灌木も切る必要があるなぁ。
s13012532.jpg
下りは私が高度計を持って一番に下りて14分だった。早~い!
13012502 五瀬山登山
志度インターから高速に乗る前に労をねぎらって飯島さんからお茶をごちそうになり、帰宅はまたまた6時前になった。とにかく機体が回収できたので昨日に比べて充実感があった。
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« 三郎池 レガッタ延期  | h o m e |  五瀬山でDS »

コメント


機体の回収ご苦労様でした。また川上さんの仕事ができましたね。見た感じでは直ぐに復活飛行出来そうな感じに見受けられました。頑張って下さい。私のサイトに比べたら、楽そうに見えました。
【2013/01/29 19:18】
URL | 時岡です #- *編集*

時岡さん コメントありがとうございました。
現在 我が家のサティアンには完成間近の2m機に加え、修理待ちの2mFOX、Serenity、Bolaがあり、ぼちぼち楽しみながら作業を進めています。

こんな状況を見てミニグラファイトの修理は飯島さんご自身で行う事になりました。早く直さないと西風ギンギンのスロープシーズンが終わってしまう…

先週末はレガッタが延期になり、鶴市へ行けませんでした。今週末も雨のようなので明日にでも新作機の初飛行と思っています。
【2013/01/30 09:22】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/850-b242cce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top