ソアリング & セーリング日記 メガソーラ空撮プロジェクト終了

06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

メガソーラ空撮プロジェクト終了 


2012.12.17
Mon
20:36

昨日の天気が今一だったのとフルHDカメラの故障で短時間の記録しかできていなかった事で、私のカメラで4度目の空撮を行った。今回はちょうど有給休暇を取っていた藤目さんに操縦をお願いした。写真はメガソーラを通り過ぎ、四国ガスのLNGタンクに向かって上昇するReiher。望遠レンズのいたずらで非常に接近して見える。
s12121707.jpg
今回の空撮はまず私が1パス飛ばして藤目さんに飛行経路と高さを見せ、一旦下ろしてPCで映像を確認した上であと2回のフライトを行った。少し長いですが計10回のパッシング映像をご覧ください。

楠本さんと相談の上、今回を持って先月18日から行ったメガソーラ空撮プロジェクトは終了する事にした。
大同ガス産業(株)のHPに今回の空撮の一部がBGM付きでアップされています。
今回の空撮プロジェクトの経緯は下記のとおり。
・11月17日に南條さんからメガソーラの空撮をグライダーでできないだろうか?との依頼。面白そう!
・11月18日:1回目の空撮 Ka-8の翼にHDカメラを付けて北側の路上から離着陸(南條さん立会)
・11月23日:大同ガス産業本社で空撮機材、ルートの相談。楠本さんはGoProカメラを考えておられたが、小型グライダーへの搭載は投影面積が大きすぎて無理(楠本さん、南條さん、川上)
・12月6日:楠本さんが手配されていたウイングカメラの上位機種(フルHDカメラ)が到着。
・12月7日:2回目の空撮 フルHDカメラをReiherのノーズに付けて西側空き地から飛行させたがカメラの電源が入らず空撮は不発(南條さん立会)
・12月12日:3回目の空撮 メガソーラ発電開始日にフルHDカメラ+Reiherで西側空き地、防波堤上から操縦して南北に通過させて空撮(南條さん、楠本さん立会)
・12月16日:4回目の空撮 フルHDカメラ+Reiherで西側空き地から西東に通過させて空撮するもカメラ不調で短時間の記録に終わった(南條さん立会)
・12月17日:5回目の空撮 本日の撮影(楠本さん、藤目さん、飯島さん立会)
昨日に比べて穏やかな天気。30分遅い8時スタートにしたので弱いサーマルも出ていたようだ。
s12121702.jpg
s12121710.jpg
s12121705.jpg
s12121706.jpg
撮影を終えてメガソーラ北西から着陸進入。後方の高床の建物に発電モニターがある。
s12121709.jpg
s12121714.jpg
せっかくだからと発電モニターを見せていただいた。1日毎の発電量MWhが棒グラフで示されている。赤棒が長いほど日照時間が多かったと言う事になる。12日に発電開始して13日が4.51MWhと最大値を示している。
s12121715.jpg
系統画面。ソーラパネル(7680枚)は8系統?にグループ化されていて、その出力がパワーコンディショナーと呼ばれている2つの直流→交流変換器を通り約440Vの交流出力となる。これをトランスで6600∨に昇圧して四国電力の配電線に送り売電している。発電スタートから8日間で約18000kWhの累計発電量とは日照時間の少ない冬至近くのデータとしては すばらしい!
s12121716.jpg
楠本さんからはこんなデータをいただきました。
名称:高松港メガソーラー発電所
パネルメーカー:ソーラーフロンティア社
パネル出力:145w/枚 × 7680枚
発電出力:999kw(パワコンでカットしています)
パネル敷地:約160m×約90m

前回気になったパネル角度は10度。やはり発電効率とパネル設置効率を考慮した値との事。強風時にパネルが浮き上がらない事も角度を決めるファクターだ。太陽電池の種類はCISと言い、非シリコン系。Cはカッパー銅、Iはインジウム、Sはセレンを表し 薄膜蒸着法などで作られる。理論的発電効率は25~30%にもなり単結晶シリコン電池の効率をも上回るそうだ。
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(3) | 記事編集

go page top

« 浄願寺山登山  | h o m e |  F地区、川部、鶴市 トリプルヘッダー »

コメント


川上さん、延べ一ヶ月にもわたるプロジェクトに巻き込み申し訳ありませんでした。
また最後のダメ押しに藤目プロ?までお出ましいただき本当に有難うございました。
今回のプロジェクトで、モデルグライダーでの空撮の将来性と反面、天候、風速などいろいろな条件での撮影のハードルの高さを痛感させられました。
しかしモニターでの対象物の位置確認もせず、ぶっつけ本番での撮影ではこれが限界であっただろうと思います。
あのエリアは危険物の多い空域でも有り、最悪の墜落事故等もなく終了できたのは偏に撮影機材の安全確認が万全であった事とパイロットの技量の高さに依るものであると確信いたします。
【2012/12/20 22:22】
URL | 南條です #- *編集*

南條さん 締めくくりのコメントありがとうございました。

カメラの不調、気象条件、操縦の腕などで100点満点とは行きませんでしたが、まあこんなものでしょう。
おっしゃるとおり、常にはやらない電波距離テストまで実施して万全を期したフライトで、墜落などの事故が無かったことは何よりの成果だと思っています。(ちゃんとやれば できるではないか!)

大いに 楽しく、充実したプロジェクトでした。ありがとうございました。
【2012/12/21 17:08】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

大同ガス産業(株)のBGM付き観ました。
眼下にフェリーが走り、朝日に向かって、屋島を背景に、BGMと併せて壮大な雰囲気が感じられました。

着陸進入からみて撮影は追い風だったのでしょうか。
向かい風だともう少しゆったりした映像になったのでしょうか。
風位、風速、時間帯でまた違った映像になったでしょう。
でもすばらしい出来だと思います。
BGM大事ですね。
【2012/12/21 17:51】
URL | 髙山です #Jr4WCcEI *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/837-c896b918
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top