ソアリング & セーリング日記 強風の帆走会

08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

強風の帆走会 


2012.12.08
Sat
08:57

蓮池では4~6mの北西風が吹き荒れていた。私は久しぶりにメガトンにBリグを付けて参戦。時折10mを超えるブローが入り、厳しい条件ではあったがメガトンは良く粘った。
s12120806.jpg
手放しで写真を撮る暇は無く、撮影は帆走を諦めた大内さんに撮ってもらった。クオーターでプレーニングする写真が撮れなかったのが残念。3艇でかろうじて1レースをこなし、2時過ぎには早々に撤収。
1時過ぎに蓮池にやってきたら、大内さんが北岸に下りて艇を回収していた。強風でコントロールが効かず、座礁したらしい。艇は黒船フォーカス。セールは大胆に上部の約1/3がカットされていた。
s12120801.jpg
川上進さんはF艇。3艇でレースしたのだが、フォーカスはリーヘルムが出ているのかスタートさえできないありさま。F艇は標準リグなのでヒールが大きく横流ればかり。メガトンの一人勝ちに終わった。
大内さんは戦意喪失して「もう止めよう」と艇を引き上げ。早々に帰りかけるのを無理やり呼び止めて写真を撮ってもらった。
s12120802.jpg
s12120807.jpg
ところがメガトンも突然ノーコン。幸いラダーが真っ直ぐだったので南岸に漂着。
s12120812.jpg
すぐに回収できた。ノーコン原因はデッキ裏に貼り付けていた受信機の水濡れ。デッキ中央に貼りづらく、側面に貼っていたので大ヒール時に濡れたらしい。ちなみにかなりの水が入っていた。
s12120814.jpg
2時過ぎになって真田さんと萬藤さんが様子見にやってきた。グレーシャスにBリグを付けてお相手しようと思ったのだが艇を持ってきていないと言うので、結局お開きにした。せっかく来てくれたんだから写真撮りますよと言ったが「いらん、いらん。根性なしの写真は撮らんとって。」と足早に帰っていった。後ろ姿撮ってごめんなさい。
s12120816.jpg
せっかくだからと 川上さんと愛艇を撮影。
s12120817.jpg
スポンサーサイト

category: ヨット

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« メガソーラ空撮  | h o m e |  F地区空撮できず »

コメント


F艇ですが、強風時にはバウ沈もほとんど無く、プレーニングに入れば恐ろしいほどスピードが出る艇だったように記憶しています。
Bリグが必要でしょうか。
メガトンに水が入るほどとは・・・?
過去に河口湖でのメガトンワンメークの大会で、Bリグでも全艇タックできない状況下でレースをしたことがありますが、浸水は無かったように記憶しています。
どこか亀裂でも入ったのでしょうか。それともヒール角度がきつく、デッキから浸水したのでしょうかね。

冬季は寒いですが、風が強く迫力のあるレースが楽しめる好きな季節です。(ちょっと変でしょうか)
しかし、市販艇でのレースはキツイかな。
いかに風を逃がして生き残るか=サバイバルレースになる可能性も。
【2012/12/09 11:52】
URL | 髙山です #Jr4WCcEI *編集*
恵藤憲二朗と申します
恵藤憲二朗と申します
この日記はためになりますね。
また来ます。
【2012/12/10 13:52】
URL | 恵藤憲二朗 #TY.N/4k. *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/832-dab55ebc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top