ソアリング & セーリング日記 大串

10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

大串 


2012.10.16
Tue
09:47

北東の風3mとの予報を受けて家内に付き合ってもらって 急遽 大串へ出動。昼前に着いたら風速は5m超、絶好の条件だ。海面には白波が見え7mほど吹いているようだ。
s12101624.jpg
リフトは申し分なく、持って行った3機ともに良く飛んだのだが、3機共に破損。1機はロストという最悪の日になった。意気消沈で帰宅し、六曜の付いているカレンダーを見たら仏滅とあった。
朝、思い立って用意した機体はパイク、ASW28、頓所HG。
頓所HGにはこの風はきつ過ぎると思いながら とりあえず一飛ばししようと新しい4ch2.4G受信機をセットしたのだが、どうも動かない。バインドし直そうとしたがそれもできず。それではと2番機ASW28を組もうとしたら右翼のアライメントピンが無い!何か悪い予感・・・。これも後回しにして3番機パイクからの飛行となった。
s12101610.jpg
s12101611.jpg
リフトは申し分ない。バラストを持ってくるんだった。いつも忘れて積んだ事がないな。
s12101613.jpg
s12101614.jpg
トンビ師匠のお出ましだ。
s12101618.jpg
追い回していると・・・
s12101619.jpg
援軍が出てきた。
s12101637.jpg
十分に堪能して着陸だが、芝生広場が開いているなぁ~、風が強いので十分に減速できるだろう~、ちょっと体調がすぐれずスロープに下りるのはしんどいな~、お腹も空いているし~と 芝生広場への着陸を敢行!南西コーナーから進入してフルブレーキしたら一瞬ぐらっときて 思わずブレーキを戻す。
s12101642.jpg
風位に立てたのだが、ここで自分の方へ向ければ良かった・・・
s12101645.jpg
柵まで近い!ここで走って行けば自分の足の方が柔らかかったかな・・・
s12101646.jpg
後悔しても仕方ないが こんな結果になってしまった。藤目さん 申し訳ない!
s12101647.jpg
中翼の損傷がひどい。右翼端が当たったあと右に回転して加速したようだ。左翼端は無傷だった。意外に柵の間隔は広いんだなぁ。まあスパーは問題ないようだしボチボチ直すことにしよう。
s12101648.jpg
気を取り直してASW28の飛行にかかる。アライメントピンはスロープで小枝を拾ってきて間に合わせた。
s12101650.jpg
オネエさんが通りかかってスマホで撮影していたけど 撮れたかな?
s12101652.jpg
s12101653.jpg
またまたトンビ師匠が出てきたぞ。
s12101658.jpg
s12101660.jpg
s12101664.jpg
s12101666.jpg
北から着陸進入。めんどうでもスロープに下ろそう。
s12101673.jpg
無事回収したのだが、水平尾翼の取り付け座が外れてしまった。軽傷、軽傷。
s12101677.jpg
頓所HGにはASW28の受信機を積んでGO。
s12101679.jpg
ところがいきなり煽られて右に山沈。山桜に突っ込むところだったがセーフ。
ss12101682.jpg
舵角を目一杯増やしたが、元々120%だったので20%しかアップできなかった。
s12101683.jpg
姿勢に気をつけながら再投。
s12101686.jpg
浮いたぞ。
s12101687.jpg
少し走らせるとラダーが激しくフラッターを起こした。
s12101688.jpg
ヤバイので早目に下ろすことにした。
s12101689.jpg
ちょっとダウンを打つと・・・
s12101690.jpg
またラダーにフラッターと思う間もなく ラダーがちぎれ飛んだ。
s12101691.jpg
こうなるとエレベータだけではどうしようもない。本体とラダーの行方の両方を追ったのは失敗。本体が先に墜落したのだが、地点の記憶が曖昧になった。
s12101692.jpg
ラダーは北側スロープに消え、近そうに見えたのでそちらを優先して階段まで行ったが、北側の草もものすごい茂りようですぐに諦めた。階段を下りて横から水平に本体回収に向かったのだが記憶が曖昧でどうにも見つけられず。1時前になって喉の渇きと空腹で捜索を中断。一旦上がって上から目処をつけようとしたのだがものすごくしんどかった。最近腹の調子が悪くあまり食べていないので体力が落ちているようだ。ギャラリーが藤色の木の向こうだと教えてくれたが、もう下りる気力はなかった。


志度に戻って食事をして、再捜索に下りる。今度は直滑降で下りたのだが 2m超の機体なのに どうにも見つけられず。30分ほど背丈ほどの草むらをさ迷ったところで捜索打ち切り。せっかく高山さんが機体発見ブザーをくれたのに、何で積まなかったのだろうと後悔しても遅い!機体提供の鈴木さんごめんなさい。
s12101696.jpg
失意のうちに2時過ぎには帰路についた。 アホだなぁと笑ってやってください。
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(4) | 記事編集

go page top

« 鶴市 植本邸空撮  | h o m e |  帆走会 »

コメント


残念でしたね…パイクは桁が大丈夫なら表皮はダブルカーボンなので強度は大丈夫でしょう。
【2012/10/18 00:22】
URL | 藤目です。 #- *編集*

3機とも災難でしたね。調べると蓮池レガッタの翌日28日も仏滅ですね。
あのスロープで、背丈ほどの草むらを捜査するのは大変です。
私も2.5mのKa-8が思っていたところに無く、あせったことがあります。
やっぱり機体発見ブザーは必要ですね。
ただし、私が以前にやってしまった、受信機のスイッチを入れずに投げては意味がありませんが。
食事が取れず体力が落ちているとのことですが、気をつけてください。
【2012/10/18 15:35】
URL | yogorou #Jr4WCcEI *編集*

頓所HG残念なことになりました。
体調がすぐれない時は、えてして何かしら具合の悪いことが起こりがちですね。
注意力が散漫になったり、ついええい、ままよ!とばかり捨て鉢になったりするものです。
山沈の場合は水沈に比べて回収率は高い様にも思えますが、背の高さを超える藪の中では如何ともしがたいですね。
無理をせず体調の良い時に、見つかれば儲けもの、位のつもりで捜索すればどうでしょう。
慰めにもなりませんが・・・。
【2012/10/18 18:11】
URL | 南條です #- *編集*

藤目さん、高山さん、南條さん
お慰めコメントありがとうございます。
パイクの修理、昨日から気を取り直して開始しました。翼端の方はもう形になりました。翼央の方は破損が大きく、とりあえず表側の硬めが完了しています。まあすぐに直るでしょう。
頓所HGは飛ばせる風ではないのを無理しました。持って行った機体全てを飛ばさないと気がすまない私の悪い性分ですね。
また元気なときにでも再捜索してみます。
【2012/10/19 09:00】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/808-e0ecd319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top