ソアリング & セーリング日記 北欧旅行 5

08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

北欧旅行 5 


2012.07.29
Sun
10:04

5日目の見所はフロム山岳鉄道700m地点にあるKJOS FOSSEN(ショッスの滝)。列車はこの滝の正面の駅で5分間ほど止まってくれて、写真を撮ることができる。圧倒的な水量と水の音は圧巻だった。
s120729136.jpg
午前7時半。部屋の窓から向かいの山に虹が掛かっているのが見えた。何かいい事あるのかな♪
s120729030.jpg
8時からゆっくりと朝食。
s120729001.jpg
今日の出発は10時と遅いので、朝の散策に出た。
s120729002.jpg
ホテルの横から裏山に続く小道を上がってみよう。
s120729004.jpg
s120729006.jpg
昨夕見た丸坊主山が中央に見える。
s120729010.jpg
ここはハイキング道の起点になっているようだ。
s120729011.jpg
木々のトンネルを抜け
s120729012.jpg
ホテルを振り返る。
s120729014.jpg
国旗を揚げた白い家。
s120729018.jpg
玄関脇には何故か温度計が掛けてあり13℃を示していた。マイナス目盛りが40℃まである!
s120729021.jpg
s120729024.jpg
10時過ぎにホテルを出発。
s120729031.jpg
15分ほどでソグネフィヨルドクルーズの起点、グドヴァンゲン港に到着。
s120729037.jpg
出港まで30分ほど時間があったのでみやげ物屋を見にいった。
s120729036.jpg
バイキングの人形の横でお約束のポーズ。
s120729038.jpg
この地に伝わるトロールと呼ばれる魔除けの人形。鼻と耳が大きくて指が4本なのが特徴。
s120729039.jpg
この港にも川が流れ込んでいる。橋を渡った川むこうはキャンプ場になっていた。
ss120729045.jpg
小さな船だ。
s120729050.jpg
11時に出港。
s120729053.jpg
カヌーで遊んでいた。
s120729057.jpg
色白金髪の子供達。寒そうだ。
s120729061.jpg
今日は天気がいいので山頂まで見渡すことができる。大きな滝は600mもの落差があるそうだ。
s120729051.jpg
カモメが寄ってきた。
s120729065.jpg
こちらのカモメは翼端に黒いストライプ模様がある。
s120729067.jpg
水路幅の狭いところは250mくらいしかないそうだ。
s120729069.jpg
s120729071.jpg
ラールダールからグドヴァンゲンに向かう船とすれ違う。
s120729072.jpg
s120729076.jpg
s120729081.jpg
s120729083.jpg
s120729082.jpg
12時頃から船室に下りてランチ。冷えた体に熱いスープが美味しかった。
s120729089.jpg
これがメイン。ミートボールのポテト添えは代表的な北欧の家庭料理だそうだ。
s120729092.jpg
高い岩山の下の狭い土地に村がある。
s120729099.jpg
ズームアップしたらこんな感じ。
s120729098.jpg
これは別の村。
s120729101.jpg
またまたカヌー遊び
s120729102.jpg
s120729106.jpg
午後1時にフロム入港。白い船はベルゲンからの高速船のようだ。
s120729109.jpg
フロム港はフロム山岳鉄道の駅でもある。
s120729111.jpg
これがミュールダール行きフロム山岳鉄道の列車。最高速度は40km/hで全行程20kmを1時間で走る。その間に標高差を863mも上げて行く。
s120729116.jpg
最後尾の動力車が6両の客車を押す配列。スロープは自転車積込み用のようだ。
s120729122.jpg
s120729119.jpg
乗り込みを待つ乗客たち
s120729124.jpg
s120729128.jpg
1時半に発車。レールの最小半径130mとの事だが、列車は車輪のきしみ音が大きく響かせながらゆっくりと登って行く。大きな滝。
s120729130.jpg
山の村。
s120729131.jpg
終点のミュールダールの2つ手前の駅がショッス滝駅だ。
s120729162.jpg
5分間の停車時間にほとんどの乗客が降りて滝の写真を撮る。
s120729134.jpg
崖の上に女性の姿。妖精に扮しているようだ。それにしても涼しそう。
s120729139.jpg
すぐ上の段にワープ?
ss120729148.jpg
続いてその上の木々の中に現われた。どうも3人で演じているようだ。観光列車ならではの素敵な演出だった。
ss120729151.jpg
ミュールダール駅に到着。
s120729164.jpg
次はオスローから来たベルゲン鉄道に乗る。
s120729167.jpg
高原を走る。
s120729171.jpg
湖や
s120729172.jpg
川の景色を堪能しているうちに・・・
s120729175.jpg
1時間ほどでVOSS(ボス)の駅に着いた。
s120729179.jpg
巨大なトロール人形が迎えてくれた。
s120729182.jpg
迎えに来てくれたバスに乗り、スタルハイムホテルへ戻る。
s120729183.jpg
飛行機が飛んでいた。どうもフロートが見えるので水上機のようだ。
s120729185.jpg
パラグライダーが飛んでいる。
s120729186.jpg
かわいい外観の銀行。
s120729187.jpg
ホテルまでは35kmほど。途中、きれいな滝が見えた。
s120729189.jpg
ホテル~バス~船~山岳鉄道~鉄道~バス~ホテルと一日かけて周遊。素晴らしい景色をゆったりと楽しめた。
6日目に続く。
スポンサーサイト

category: 海外旅行

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« 北欧旅行 6  | h o m e |  北欧旅行 4 »

コメント


船でのフィヨルド巡り楽しそうですね。
奥様の満面の笑顔が何よりそれを物語っています。
おとぎの国のような家並みや高山からの滝、質素な食事のメニューからは華やかさは無いけれど、
充実した豊かさが感じ取れます。
高山鉄道の途中に現れる妖精のような少女たちはボランティアでしょうか?
魔除けのトロール人形をグライダーのコクピットに載せたら絶対墜落しないでしょうね。
【2012/08/19 17:07】
URL | 南條です #- *編集*

南條さん コメントありがとうございます。
フィヨルドを結局3本見ましたが、天気は悪かったものの最初のガイランゲルフィヨルドで一番感動しましたね。
食事は日本式で言えばバイキングが多くて、これには飽き飽きしました。ちゃんと配膳してくれたらそれだけで有り難かったですね。
ショッスの滝のフェアリー達はオスローの芸術大生で電車で通ってきていると聞きました。従って朝早いと出てきてくれないらしいです。アルバイト代はいくらかな?
トロール人形、大小いろんなサイズのがあるのでグライダーに乗せられそうなのもあったかな?面白いけど、ちょっと不気味なので買いませんでした。
【2012/08/20 22:07】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/778-60b0f32c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top