ソアリング & セーリング日記 頓所式HG曳航成功

06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

頓所式HG曳航成功 


2012.07.01
Sun
08:30

昨夜直した頓所式HG。ラダーの付け根の肉抜き穴を塞ぎ、カーボン補強。水平尾翼は折れていたホーンをベーク板で作り直し、トーションバーも正式に組み込んだ。胴体後部尾翼取付部のひのき角材が割れていたのを修復した。
s12070102.jpg
あまり高くは上げられなかったが、とりあえず飛行成功!
s12070137.jpg
雨が朝まで残っていて、初飛行の再チャレンジは延期しようと思っていたのだが、藤目さんから雨は上がっているしグラウンドの状態も悪くないとの電話をもらって、急いで駆けつけた。鈴木さんに電話して撮影をお願いした。
s12070103.jpg
曳航索の長さ、昨日は5mほどしか無かったのでHGがあばれると、曳航機にかなりの影響があった。これを15mほどに延長。曳航機は少しパワーに余裕がある川上のJ3カブを使った。風向は基本的に南西で4mほど。くるくると風向が変わって荒れた雰囲気だ。風に正対して曳航を開始したものの草が引っ掛かって離陸できず。
s12070104.jpg
少し横風にはなるが、道路に沿って離陸することにした。
s12070107.jpg
風が落ちるタイミングをねらって曳航開始。うまく上がった。リンケージ糸を締めたのでラダーのフラッターも無かった。
s12070113.jpg
50mほどで離脱。
s12070122.jpg
ちょっとダウントリム気味だったのを修正して、まずまずの滑空だ。
s12070124.jpg
s12070126.jpg
s12070128.jpg
s12070131.jpg
s12070135.jpg
s12070139.jpg
s12070142.jpg
s12070145.jpg
s12070149.jpg
2回目の曳航。
s12070161.jpg
s12070167.jpg
s12070170.jpg
無事帰還。藤目さん談「久しぶりに緊張したが、中々楽しかった!」 私も同感だ。藤目さん、鈴木さん、お付き合いありがとうございました。また、天気が良くて条件の良い時にお願いします。 
s12070171.jpg
昼過ぎになったので終了とした。胴体下部に穴が開いたのでちょっとスケール感を損なうが車輪を付けて曳航機の負担を減らそうと思う。


午後からは蓮池。西風が4~7mに上がって、シーウインドの強風帆走体験、不具合箇所の洗い出しができた。南條艇を特徴づけていたスキッパー人形とラダーホイールやウインチなどスケール小物は全て取り外して30gほどの軽量化。(南條さん済みません)内部ではラダーリンケージを1本にし、電池ケースを取り外して更に10gほど軽量化できた。
s12070176.jpg
地浜さんのグレーシャスと走り比べ。微風ではまあまあだが、4mを超えるあたりで挙動が一変。スターボートタックで立ち往生する事が多かった。サイドステーが全て糸で剛性が弱いのと、ロアステーの位置が高すぎてマストが根元から傾くのが原因と見た。もう1本ロアステーを取ればいいかも知れない。
s12070174.jpg
青いセールの艇はBリグを付けた倉科さんのシーウインド。強風に負けず、バランスの良い艇に仕上がっている。
s12070175.jpg

スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« RM艇修理  | h o m e |  鶴市 頓所式HG初飛行 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/758-def064ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top