ソアリング & セーリング日記 鶴市 手曳き曳航

10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

鶴市 手曳き曳航 


2012.04.15
Sun
09:01

日曜の夕方の鶴市グラウンドでGraphite2の手曳き曳航に挑戦。F3J機の正しいランチ方法だ。
引っ張ってくれたのは植本さん。留守電に曳航依頼をしておいたら、来客中だったが駆けつけてくれた。ご協力ありがとうございました。
s12041512.jpg
法事が終って時間があったので思い立って3時過ぎの河川敷にやってきた。一応メールで呼びかけてはいたのだが皆さん予定があったようで誰も来ていない。
今日は手曳き曳航をしようと思ってニカド電池を充電しながら来たのだが、仕方がない電動にしようとニカドの充電を打ち切りリポ電池の充電を開始。しばらくするとうっすらと煙が出ているのに気付いた。
しまった!またやってしまった電圧が違う電池の並列充電。慌ててニカド電池を外すとコネクタが熔けかかっていた。ニカド4.8Vにリポ11.1Vを接続したのでかなりの大電流が流れたようだ。そう言えば充電器の電圧が9V台になっていてかなり低いなと思っていた。
新しく買った充電器のアウトプットコネクタが種々の形状のものが全て並列になっていたのがミス要因の一つ。前の充電器はアウトプットが一つでコネクタ形状毎にアダプタコネクタを挿す方式だったから並列接続はあり得なかった・・・。並列コネクタは手間がかからず便利なのだが注意が必要だ。T型コネクタには絶縁カバーが付属しているが、ニカド電池などの充電時にはショート防止のため必ず付けないといけない。今後、気をつけるようにしよう。
s12041504.jpg
何とか無事リポ電圧が12.6Vまで上がったのでライハーを飛ばしたが・・・。
何だかエルロンの効きが異常に鈍く、左に取られる・・・。何とか緊急着陸させて見てみたら、右エルロンが下がったままロックしているではないか。発航前に異常は無かったと思うのだが危ない所だった。問題のエルロンサーボはコロナのDS929MGディジタルメタルサーボ。Sightsの翼にも同じサーボを付けていたが2個(2回)動かなくなった経験がある。最近はCS929アナログサーボにして、今のところトラブルはない。
s12041505.jpg
今日は法事だったし、ラジコン厄日だなと思いながらも それでも懲りずTopSkyを準備していたら3度目のトラブル。ハッチゲートにラダーを当ててしまった。ラダーの縁はカーボン補強されていて何ともなかったが中央部で軽く座屈。シワが入ってしまった。幸いラダー剛性に問題はなく、飛ばすことができた。北風が2mほどあり、サーマルには乗せられなかった。
R0012375.jpg
4時過ぎになって植本さんが来てくれた。ビートに続いて小さな車がやってきた。誰かなと思っていたら、思い出した。Hさんだ。何と言う車?と聞いたら光岡のMCとの事だった。
s12041537.jpg
さっそく曳航索を準備。曳航スタートの合図をどうするか相談したら、プリテンションを掛けておくので私がいいと思ったタイミングで機体を離してくれたら良いと言う。索は動滑車を介して2倍速で曳くのでグライダーの保持力は曳航側の半分。綱引きの主導権はグライダー側にあるわけだ。Hさんに写真撮影をお願いして曳航開始。
s12041510.jpg
難なく上がった。
s12041511.jpg
s12041512.jpg
4時半過ぎの河川敷は風もあり、冷たい雰囲気。アーベントサーマルは期待できず3~4分の滞空がやっとだった。
s12041524.jpg
s12041530.jpg
s12041532.jpg
s12041533.jpg
3本ランチをして満足、満足。植本さんお疲れさまでした。
s12041535.jpg
エルロンの効きが今一足りなく感じたので調整していると、5時過ぎになって時岡さんがやってきた。まんのう公園で紙飛行機の例会があったらしい。
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 大串  | h o m e |  4月の帆走会 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/722-60e5af5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top