ソアリング & セーリング日記 三谷池で帆走会

07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

三谷池で帆走会 


2012.02.12
Sun
08:51

帆走会の朝、のんびりしていたら山田さんから蓮池に水が無いとの電話。水曜には水位が変わっていないのを確認したばかりなのに何故?と思っても仕方が無い。掲示板とメールで三谷池で自由帆走とする旨の緊急連絡を入れた。
s12021212.jpg
時間を置いて今度は岡山から津田さんが来ているとの電話。メール連絡した時には既にフェリーに乗っていて、来高を中止できなかったらしい。これはせっかく来てくれているのにお相手がいないと気の毒と思い、可能な範囲で電話召集をかけた。昼食を早くしてもらって12時過ぎには三谷池に到着。ブイを2つ投げ込んで簡易コースを設定。1時半頃には大内さん、津田和さん、岩根さん、蓮池へ行っていた山根さんも合流して7名が揃った。風は北西の微風で土手の影響をもろに受け、あまりいい条件ではなかったが4時過ぎまで飽かずにレースを繰り返した。
 
南向きの土手は日差しが暖かくて気持ちが良かった。
ヨットの前にICONで空撮を試みる。
s12021201.jpg
気まぐれに左翼上にカメラを付けたら大失敗。プロペラの反トルクで左に傾く傾向がある上、少々波もあって盛大にしぶきを巻き上げて離水できず。一旦帰して右翼に付け直して再出港。今度はうまく離水できたのだが、上空は荒れた条件でコロコロと良くコケル。早々に着水させた。帰宅して映像を見てみたら途中から横縞ノイズばかり。映像が復活したのは着水寸前だった。(カメラが右に変わっている) どうも水濡れの影響のようだった。残念!
 
離水できず帰還。
s12021202.jpg
カメラを右に付け替えて再出港。
s12021203.jpg
今度はうまく離水できた。
s12021204.jpg
高度を取って広く俯瞰したつもりだったが全然撮れていなかった。コロコロこけたので写っていても見づらかったと思う。
s12021205.jpg
何とか無事着水。
s12021207.jpg


さてヨットで遊ぼう。今度はメガトンの後部デッキにカメラを付けて水上撮影。
s12021208.jpg
山田さん、津田さん、飯間さんが揃って4人でレース。
s12021209.jpg
飯間艇 座礁。
s12021210.jpg
少し風が出たのでメガトンのバックステーを詰めたのだが、リリースの時にステーに何かが引っ掛かった音・・・。あれっ、コントロールが効かない!
 
沖に向かうメガトンを飯間艇など4艇で寄ってたかって方向転換させ、無事回収できた。
s12021211.jpg
回収してみたらデッキに送信機のクリスタルが乗っていた。これではノーコンになるわな。メガトン用の送信機のクリスタルは送信機の背側にありホルダを使って挿すタイプ。このホルダのフランジがステーに引っ掛かって抜けたらしい。よく水の中に落ちなかったものだ。引っ掛からないようにテーピングしておこう。
s12021214.jpg
時折、南西からブローが入り、4艇が集団座礁。沖にうまく逃れたのは岩根艇のようだ。
s12021215.jpg
3時過ぎには倉科さん、真田さん、萬藤さんが来てくれて10艇になった。
s12021216.jpg
日差しが傾いて水面に反射して美しい。
s12021217.jpg
土手の上で見学していた親子に「操縦したい人!」と声を掛けたら小学生らしい子が手を挙げた。音も無く走るヨットに親子共に感動していたようだった。
s12021218.jpg
4時過ぎには撤収。帰路、蓮池を見てきたら南東のコーナーには中洲が出現。白サギが歩いていた。
s12021224.jpg
スポンサーサイト

category: ヨット

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 馬返  | h o m e |  鶴市 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/701-db5f5e62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top