ソアリング & セーリング日記 第35回蓮池レガッタ

09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

第35回蓮池レガッタ 


2011.08.27
Sat
08:18

先週から曇り勝ちの天気が多かったのだが、レガッタ当日は朝の通り雨のあと 晴れ上がって真夏日が戻ってきた。今回の参加は13名とまずまず。このところ熱心に練習に参加されていた大内さんと真田さんの友人の田中さんが途中から初参戦された。先々月以来体調を崩して静養中だった川上進さんが2カ月ぶりに復帰。午前中観戦されていた。
s11082701.jpg
昼休みにレガッタメンバーの年齢の話題が出て70歳~31歳の幅があることが分かった。平均年齢は55~60歳と思われる。オジサン達は元気に外で遊んでいるのに、若い子は何をして遊んでいるのだろうか?
写真は10ヒート終了後の模擬レース。先頭は山田さんの国際RM級(マーブルヘッド)の艇だ。艇長約1.3m、マスト高さ約2mと巨大。ステーが無くマストは自立、メインとジブのブームはマストに固定されていて連動して動くスイングリグという方式を採用している。
s11082720.jpg
レース結果 (10ヒートの内1回はジャッジで得点0、最悪得点の1ヒートを除いた集計)
1位 倉科さん グレーシャス
2位 川上   グレーシャス
3位 真田さん シークイーン
4位 高山さん、津田さん グレーシャス(同点) 詳細はMSFA HP参照願います。
9月の帆走会(練習)は10日、レガッタは24日を予定しています。
出艇する津田さん親子。
s11082703.jpg
高山さんは今回もラダーサーボの不調に悩まされていた。後半挽回するも入賞を逃した。
s11082704.jpg
s11082706.jpg
真田さんの手前が今回初参加の田中さん。ヨットレースは初めてとのことだったが難なく操船されていた。ラジコンヨットは敷居が低く(初心者に易しく)、奥深いところが魅力だ。田中さんまた遊びに来てくださいね。
s11082709.jpg
振り向いているのが大内さん。最近、練習日に熱心に通われていて、今回はセールを自作。研究熱心でめきめきと腕を上げているようだ。
s11082710.jpg
9ヒートでトップを走らせる津田和さん。「調子いいね。トップやね」と声を掛けたら、「言うたらいかんです!」と緊張した返事。レース後半の追い上げプレッシャーに弱かったのだが、今回は高山さんに続いて2位。最終ヒートでは念願のトップを取って「やった~!」と歓声を上げていた。
s11082711.jpg
お立ち台の様子。皆さん熱が入って東屋の影から出て日差しの中に出ている。
s11082716.jpg
s11082717.jpg
s11082718.jpg
津田さんと倉科さん。
s11082719.jpg
第6ヒート北東の上マークへ向かう。
s11082707.jpg
s11082708.jpg
第9ヒート スタート前
s11082713.jpg
スタート10秒前。
s11082714.jpg
北西の上マークに向かう。このヒートだけ西寄りの風だった。
s11082715.jpg
模擬レースになって腰掛けてマーブルヘッド艇を悠々と操船する山田さん。私も触らせてもらったが、まったりとした安定した走りだった。もっと風が出たら実力を発揮するだろうな。
s11082721.jpg
レースは2時過ぎに終えたが、皆さん余裕で3時半頃まで模擬レースを繰り返されていた。
風が落ちてきたので私はアイコンを一飛ばし。今回は何とか1回離水に成功。着水は・・・やはり跳ねた。難しい機体だ。
スポンサーサイト

category: ヨット

trackback(0) | comment(6) | 記事編集

go page top

« にぎやかな大串  | h o m e |  鶴市 »

コメント


またまた楽しく遊ばせていただきました。
大所帯になり、楽しみです。

前回ラダー不具合が無かったのに、今回発生、残念です。
原因は明確なのですが、修正が難しくぶっつけ本番になっています。
艇差も無く、ミスをすると挽回が難しく、メカトラは致命的です。
シークイーンに負けてしまった。_| ̄|○
次回頑張ります。
【2011/08/29 13:35】
URL | 高山です #Jr4WCcEI *編集*

高山さん お疲れさま
後半戦は本来の走りを取り戻したものの、僅差で入賞を逃して残念でした。
メカトラ完治させないといけませんね。グライダーだと墜落ものですよ。

レガッタ、おかげさまで来月で3年簡続くことになります。
第1回は08年10月26日に山田さん、南條さん、十河さん、川上の4艇でのレースで始まりましたが、3年も続くとは想像だにしなかった。ちなみに優勝は山田さんの青グレーシャスでした。
初期の頃、参加してくれた方々、どうされていますか?
また参戦してくれたら、うれしいです。
【2011/08/30 10:44】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*
お疲れ様でした
先日はお疲れ様でした いつも運営大変だと思いますが宜しくお願いします
私もおやじライダーズで企画やら引っ張って走って6年も続いてます
めんどくせえなと思いつつ 誰かがやらないとと思ってやってます

さて今回はなんとかメカトラの人のおかげで表彰台ゲットしましたが まだまだですね
益々混戦が予想されてこれからも面白そうですね

RCヨットも大勢持ってる人が居るのですが なかなか出てきませんね
思うに レースそのものもかったるいし 調整その他も解らないし
漠然と走らせてるからの様な気がします
いつも後ろの方だとだんだん興味も伏せがちになってしまう
後 同じ土俵の艇が無い (グレーシャスが販売して無い)
そんなところの様な気がします

書きながら思いついた事ですが 混合で走る場合ゴルフみたいに 
シーウインドウその他にハンデを付けたらどうなんでしょうね
後 過去平均スコアで ハンデ 上級者はしんどいよ~~
あはは 思いつくまま勝手な事を書きました    
 
【2011/08/30 11:47】
URL | 真田 #dYcmrPLw *編集*

真田さん レース普及のアイデア提案ありがとうございます。
現在実施しているのは
1.帆走会 いきなりレースでなく気軽に参加できる練習日を設ける。
2.クラス分け シーウインド他のクラスを設けて入賞のチャンスを増やす。
です。
ハンデキャップの付け方は色々考えられますが、後方ばかり走っている方がいきなり優勝しても実感を伴わないので満足は得られないと思います。スタートに時間差を付け、先に走らせてもらうと着順と順位が一致して満足感を得られると思いますが、時間差設定が難しいでしょうね。
結局、1、2の対策とマメな声掛け運動でしょうかね?
皆さん、他にいいアイデアないですか?
【2011/09/01 09:06】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

なかなか難しいでしょうね 私は今まで通りで十分です
ただ普及さそうと考えるとなにかあったら良いなぐらいな考えです
 
上位3位まで次回レースで+ハンデ
初心者ならび、艇によるハンデブイを上マーク手前にもう一つ設ける
なんてえのを思いつきました

<マメな声掛け運動でしょうかね?が一番かな
【2011/09/01 17:47】
URL | 真田 #dYcmrPLw *編集*

本当に難しいですね。
勝つための条件として、艇のセッティング、帆走技術、タクティクスがあげられると思います。
とりあえず艇のセッティングがちゃんとできているかですね。
セッティングしだいで、走りも全く変わります。
声をかけていただければ、できる範囲でお手伝いする気持ちはあります。
ただし個人的見解が多々ありますので、「こんな考え方もあるのだなぁ」と参考程度に聞いてくださいよ。
あとは自分で、ねぎ・しょうが・ごま・天かすなどで、自分好みの味にしてください。(セルフ店形式)

人の艇を走らさせてもらうのも違いが解り、良い勉強になります。
速い艇は素直です。

あと一つ、皆さん、風見を付けましょう。(風が見えます)
【2011/09/03 11:28】
URL | 高山です #Jr4WCcEI *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/637-35bb3b86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top