ソアリング & セーリング日記 鶴市 SGS 1-26初飛行

07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

鶴市 SGS 1-26初飛行 


2011.06.24
Fri
17:50

夏至になって梅雨の中休み。一気に気温が上がって30℃超えの真夏日が続きだした。週末にレガッタがあるので夕方5時から藤目さんにお願いしてSchweizer SGS 1-26の初飛行を行った。
スパン2mと小振りだが胴体のボリュームがあり、翼弦があるのでずんぐりむっくりで結構大きく見える。重量は1750g設計値(1800~2100g)より少し軽く仕上がった。しかし翼面積は38dm2なので46g/dm2と高翼面荷重でどちらかと言えばスロープ機だ。
s11062402.jpg
初飛行は一応成功したものの、かなりの課題が出た。
11062432.jpg
藤目さんの慎重な舵角チエックを受け、念のため受信機の距離テストと言うことで機首を下向きにして距離を取っていると電池がごろりと落ちるではないか。キャノピを外して電池のベルクロテープを見たら何とオスになっている。電池受けにもオステープを貼ったのでこりゃくっつかないわな。FOX用の2600mAhリポだが何でメステープにしなかったのだろうか?
仕方がないのでセロテープで何とか固定してテスト飛行に臨むことにした。
s11062401.jpg
さあ行くぞ!
s11062406.jpg
s11062408.jpg
s11062410.jpg
おっと、危ない!すごいダウントリムだ。
s11062412.jpg
素早いアップ操作でリカバー。
s11062414.jpg
s11062416.jpg
無事高度を得た。
s11062417.jpg
s11062429.jpg
滑空状態でもかなりダウン気味で、エレベータトリムするも一向に改善しない。何とトリム設定がミキシングになっていて、エアブレーキ時のトリムが動いていた。
s11062426.jpg
翼端失速の具合などをチエック。そんなに扱い難いことはないようだ。
11062430.jpg
モータON。あれっ?回らない。もう電池切れ?そう言えば2600mAhもあるんだからとずいぶん前から充電していないな。
11062431.jpg
11062440.jpg
結局、操縦を交代する間もなく藤目さんに着陸をお願いした。
s11062437.jpg
s11062442.jpg
s11062445.jpg
s11062447.jpg
見事な着陸だ。
s11062451.jpg
s11062455.jpg
突っ込み気味の原因はダウンスラストを水平尾翼に対して5度としたのが、ちょっと大き過ぎたようだ。
モータマウントが深い所にあるので修正するのは大変だぞ。
s11062461.jpg
時岡さんはアーバンのBMモータが不調で発泡FOXを飛ばしていた。胴体の背面に電池を半分だけ埋め込んで抵抗が減ったのか良く滑空したいた。
s11062466.jpg
s11062469.jpg
s11062474.jpg
s11062418.jpg
續木さんはベルーガ。
s11062478.jpg
s11062487.jpg
発泡FOXに比べるとかなり早い。運動性も良くロール、背面ローパスとアクロを楽しんでいた。
s11062488.jpg
藤目さんはファンフライの練習。
s11062481.jpg
s11062483.jpg
s11062484.jpg
2600mAhの電池だがわずかに膨らんだ。電流は30Aも流れないのに変だな?
帰宅して充電すると何と電圧が9Vを切っている。70Aのアンプをデフォルトのまま使ったのだがNiMH電池設定になっていて過放電させたようだ。1C充電で2300mAh程度しか入らずかなり劣化させてしまった。
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 第33回蓮池レガッタ  | h o m e |  蓮池 ICON復活? »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/608-dc781927
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top