ソアリング & セーリング日記 アンプ開腹

07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

アンプ開腹 


2011.06.13
Mon
08:46

先日蓮池で発煙したアンプを開腹してみた。シュリンクチューブを切ると独特なこげ臭さ。指先には湿気を感じた。
焼損していたのはモーター端子に近い出力IC?防水処理に使ったホットグルーはモータ側はきっちりと処理できているのにバッテリ側がおざなりだった。
水舟になったアイコンを引き上げた時には特にアンプに異常はなかった。
レガッタが終って、もう乾燥しただろうとバッテリを接続した途端に発煙したのは、アンプが冷えてシュリンクチューブが負圧になって、シール欠陥部やコードから水を吸い込んだのだろうと思う。
s11061553.jpg
さて、新しい20Aアンプを買ったのだがシールをどうしようか?
スポンサーサイト

category: その他

trackback(0) | comment(4) | 記事編集

go page top

« 大串  | h o m e |  帆走会は とんだハプニング »

コメント


こんばんは

基板を一度出して エポキシに浸けてみたらどうでしょうかw

エポキシがデンキを通さないのでしたら、最高の防水加工かもですw
【2011/06/16 18:58】
URL | 続木 #H0fDiwxQ *編集*
アンプ防水
川上さん今晩は\(^▽^)/
水上機の防水には苦労しますね。
私も今まで、(今でも)電動水上機のアンプの防水には頭を悩ませています。
防水と放熱とは条件が背反しますので、これといった最適な方案はありませんが、比較的小さな電流値のアンプは、シュリンクを剥がした後、バスコークを充填して完全にソリッド化して使用しています。
固形化するまではビニールテープなどでグルグル巻きにしておくと
垂れずに済みますよ。
【2011/06/16 19:00】
URL | 南條です #- *編集*
アンプの防水
續木さん、南條さん
アドバイスありがとうございました。
やはり まず シュリンクチューブを除けないと完璧な防水は無理ですよね。
エポキシにするか、シリコンにするか、いずれかでやって見ます。
当然 ヒートシンク板の下にも充填して板は露出ですね。とすれば接着力のあるエポキシがいいかな?
【2011/06/17 09:09】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

ヒートシンクも一緒にバスコークでくっつけます。
熱伝導は若干落ちますが、小電流であれば放熱は十分のようです。
モーター側とRX側の電線の周りにも盛り上げておけばシリコンラバーですから密着性と柔軟性があり防水性も完全です。
【2011/06/17 17:55】
URL | 南條です #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/603-2d2cd47d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top