ソアリング & セーリング日記 帆走会は とんだハプニング

07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

帆走会は とんだハプニング 


2011.06.12
Sun
17:34

梅雨の合間をねらって9時過ぎから帆走会をしていたのだが、とんだハプニングがあった。
南西の下マーク回航のため、西側のお立ち台まで足を運んだ大鹿さんが石垣近くの水中に何やら人の頭のようなものを発見。お立ち台の柵の外にはスリッパが残っている。倉科さんにも確認してもらったら確かに人間だということになり、警察・消防に電話で通報。私はずぼらして中央のお立ち台から動かなかったので何事が起こっているのか分からなかったが、ただならぬ気配で人が落ちたのかと思って西へ移動。大鹿さんに何事かと聞いたら人が沈んでいると言う。水面を覗いてみると石垣の角付近の水中に頭と肩らしきものがぼんやりと見えた。
s11061204.jpg
通報して10分ほどで派手なサイレンを鳴らしながら救急車、消防車、ミニパトカーがぞろぞろと到着。付近の住民も何事かと大勢出てきた。もう気もそぞろでヨットレースどころではない。
s11061201.jpg
付近の人の話では、沈んでいたのはこの池で酒を飲んでいるのをよく見かける人ではないかと言う。何があったのか分からないが、この池に飛び込んで自殺?するとは・・・。
通報した大鹿さんへの事情聴取が始まった。ウエットスーツを着たレスキュー隊員が飛び込んで遺体の引き上げにかかる。仕事とは言え、嫌な作業だろうな。この辺で毎朝散歩や体操をしているという人が来て、今朝の5時にはスリッパなど異常は無かったと言う。我々がレースを始めたのは9時過ぎ。この4時間あまりの間に酒を飲んで飛び込んだのだろうか?蓮池は水深2m程度で、遺体は立った姿勢で沈んでいたので発見が早かった。
s11061202.jpg
担架を出して大勢で西側の土手から引き上げ開始。
s11061205.jpg
救急車に積み込み中。人目を遮るためにシートを広げていた。
s11061207.jpg
騒動が静まって模擬レース再開。気味が悪いので東半面を使ってコース設定。そのうち雨が降り出した。皆、東屋の屋根下から操船中。横では大鹿さんにまた別部署からの聴取や放送局の取材などもあって落ち着かず。
s11061208.jpg
風も無く、昼前に小降りになったのを機に撤収。お疲れさま。
スポンサーサイト

category: ヨット

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« アンプ開腹  | h o m e |  製作中の機体 その後 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/602-83eefc5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top