ソアリング & セーリング日記 新滑空場を求めて

07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

新滑空場を求めて 


2008.11.30
Sun
21:22

11月2日の墜落事故に対して河川敷を管理する丸亀市の判断が出た。結果は最悪で、“土器川生物公園での模型飛行機の飛行禁止”となった。管理者の裁定としては止むを得ないとは思うが、16年の実績は何だったのだろうか?
悔やんでも仕方が無い。気を取り直して篠原さんに探していただいた新滑空場の候補地のひとつを視察。ここは同じ土器川だが生物公園の2kmほど南にあたる まんのう町になる。南西方向には琴平宮のある象頭山が見える。開墾、整地が必要ではあるが飛行可能空域は広く、良さそうである。これから河川敷を管理する国土交通省河川管理事務所や周辺民家との交渉を一から初める必要がある。篠原さん、大仕事ですがよろしくお願いします。
08113003.jpg

ここは平尾さん、大林さんが見つけた綾川町にある綾川河川敷。昔、エンジン機を飛ばしていたらしく、川原への入り口にはエンジン機の飛行禁止との看板が立っている。きれいに整地されているが、向こうに見える電動ヘリのグループが重機を入れて開墾したらしい。看板があるだけに電動とは言え多人数での利用は近隣住民とのトラブルが心配されそうな場所ではある。
08113007.jpg
まんのう町の土器川河川敷の続き。北向きに撮影。入り口にはH鋼杭と横棒のガードがある。
08113001.jpg
東側には採石場のある西山がある。ここは数年前の新年会時に川野さんとスロープ飛行にチャレンジしたことがある。灰色に見えるのは砂利の山だ。
08113006.jpg

綾川の続き。北東に見えるのは鞍掛山。ふもとには綾川町の浄水場がある。
08113009.jpg
Sightを一飛ばししてみた。
08113011.jpg
4~5mの西風だったが西側の御山や御山橋付近にはウエーブがあり、まあまあの滞空が楽しめた。
08113017.jpg
08113021.jpg
ウインチラインを通すため約1m幅で200mほど刈り込んでいる。大林さんによると、最初はこの刈り込みだけで、地味に使われていたそうだが・・・。
08113010.jpg
西風に乗せて平尾さんのFazerのランチ。川筋が東西方向なので真っ直ぐに上げても結構な高度が取れていた。
08113023.jpg
08113024.jpg
08113028.jpg
ヘリグループと調整しながらの飛行とはなるが、なかなかいいところである。奥に見えるのは堤山(通称 羽床(はゆか)富士)だ。
08113022.jpg

スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 峰山&鶴市  | h o m e |  第2回蓮池ヨットレース »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/296-ec00f49f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top