ソアリング & セーリング日記 スケールグライダーミーティング

07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スケールグライダーミーティング 


2008.11.01
Sat
22:30

今回で3回目になるスケール機の飛行機曳航の集いに参加した。昨今の電動パワーの進化は著しく今回は高市さん、坂東さんの電動曳航機が2機加わってサイレントフライトを支えた。
ss081101014.jpg
川上のピットはいつものDG505。1回目の曳摺りの刑の教訓からダリーを用意しているし、今年は生石で2年ぶりのスロープ飛行をしているので何となく余裕。
081101002.jpg
愛媛、矢野さんのピット。電動ASH25と4発スケール機が見える。
081101003.jpg
高知、坂東さんのピット。4mDuo Discusと、奥はDG600。
081101004.jpg
愛媛、玉井さんの4mFox。胴体のストライプデザインが美しい。Endeavorとスペースシャトルの名前があった。
s081101007.jpg
まずは矢野さんの電動機。Coast Guard ってあったから沿岸警備の機体のようだ。電動化する前にはジェットエンジンで飛ばしていたらしい。4発の微妙なうなり音を上げながら難なく離陸。
081101009.jpg
081101010.jpg
081101011.jpg
開会式後、曳航の前座を川上が勤めた。坂東さんの電動ピラタスポーターに曳かれて難なく上空へ。
前回はダリーの固定ピンのはめ合いをきつ目にしていたので、数m上昇するまで落ちなかったが、今回は少し緩めにしたので滑走して浮き上がるとすぐに落下。回収が楽になった。
081101015.jpg
20分ほどの滞空から帰還。快晴の空の下、サーマルの大バーゲンで気持ちの良いフライトだった。まさに滑空日和だ。
081101029.jpg
続いて玉井さんのDiscusのスタート。
081101020.jpg
s081101021.jpg
s081101023.jpg
上川さんのASH25はスパン8m?さすがに電動機では厳しく、エンジン機に曳かれての離陸だ。
s081101026.jpg
081101027.jpg
081101030.jpg
坂東さんのDG600のスタート。
081101034.jpg
081101053.jpg
かわいらしい赤い機体は星島さんのKa1。2m?スパンの小さな機体だが一人前に曳航装置を備えている。高市さんの電動機に曳かれてふわりと浮き上がっていた。
081101055.jpg
081101062.jpg
藤目さんのDiscus2は初飛行だ。スケール機にしては重心を後ろ気味にして浮き重視の設定にしたそうだ。
081101064.jpg
離陸は問題なし。主翼は実機並みに大きくしなっている。
081101065.jpg
気持ちよく飛んでいる。
081101078.jpg
エアブレーキを全開して着陸態勢。このあと長~く滑走して、きれいに着陸を決めた。
081101080.jpg
続いて篠原さんのASW27の着陸。
081101085.jpg
081101086.jpg
こちらも糸を引くように滑らかに、きれいに着陸。
081101082.jpg
高知の上村さんは電動ミニモアとDG600で参加。
081101069.jpg
まずはミニモアを石川さんの手投げで発航。
081101071.jpg
ガルウイングが美しい。
081101073.jpg
高市さんの電動無尾翼機。シャーレのきれいな機体だ。
081101092.jpg
曳航機ピラタスポーターの帰還。
081101101.jpg
矢野さんの電動ASH25。上川さんのと同じ機体だが電動仕様だ。ランディングギヤはあるのだが、大径のペラのクリアランスが必要で、特製3輪ダリーに載せての発航だ。
ダリー前輪はラダーに連動してステアリングする。サーボの電力はグライダー本体から供給している。
081101106.jpg
速度が十分に出ず、離陸断念。2週間前の草刈で少し草が伸びていたせいか?右端にダリーが写っているが、離脱してすぐに着地させた一瞬の判断はさすが。
081101110.jpg
離陸滑走中のDiscusと待機中のDiscus2。Discus2の方は2段上半角にウイングレットが付いている。
081101116.jpg
着陸態勢のDiscusを振り返るサイクリスト。絶妙なタイミングの1枚になった。
s081101124.jpg
ぶっかけ釜たまうどんなるものを食べに行っている間に坂東さんのピラタスポーターのノーズが無惨な姿になっていた。聞けば曳航中の電池切れで、被曳航機は離脱したものの失速墜落となったようだった。幸いメカは大丈夫のようなので、すぐに復活することだろう。
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(4) | 記事編集

go page top

« 四国地区サーマル大会  | h o m e |  第1回蓮池カップ »

コメント

トーイング・いいなあ~
うわ~、すごいすごい。ほんとに羨ましいです。私もスケールやってみたいと思ってます。いつかはスケールですね。私の知り合いがディスカスの9mのトーイングの機会を捜しております。是非またお誘いくださいね。
        寺西
【2008/11/03 19:32】
URL | 寺西です。 #H2uJSVVU *編集*

今晩は川上さん
たくさんの写真とレポートありがとうございます。
ピラタスの墜落は痛手でしたが5kgのグライダーが引けるとわかりマルチプレーンとしての感触を得ました。来年は四万十でフロートを履き水上トーイングを高市さんと計画しています。
また来年の婆沙羅模型飛行機大会にキャンディードロップ機として呼んでいただけませんか。
【2008/11/03 21:32】
URL | mban #- *編集*

寺西さん、コメントありがとうございます。
スケールミーティングは不定期イベントですが、来年開催されるようなら連絡しますね。松山の高市さんの所では時々やられているようなので、連絡を取って訪問されたらいいですよ。

坂東さん、コメントありがとうございます。
ピラタス痛かったですね。めげずに、直してくださいね。
水上トーイングとはグライダーを台フロートに載せて曳くと言うことですね。面白そう・・・。
バサラ祭りの企画も面白いですね。篠原さんからNPOに提案してもらうよう伝えておきますね。
【2008/11/04 20:39】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/25 21:33】
| # *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/287-4a457f66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top