ソアリング & セーリング日記 和気 & 美袋(みなぎ)

07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

和気 & 美袋(みなぎ) 


2008.04.30
Wed
20:14

連休二日目。この時期の恒例行事、和気神社の藤見に出かけた。
昨年は早や過ぎたのだが、三年目になる今年は五分咲きとの事でタイミングがばっちりだった。
s080430094.jpg

家内の目的 藤見を済ませてから、私の主目的“和気の滑空場での一飛ばし”がかなった。
080430021.jpg
和気滑空場は吉井川と金剛川が合流する地点にあり、道路が複雑で、たどり着くのにちょっと右往左往した。土手に上がる道が分からず農作業のおじさんに、このあたりでグライダーを飛ばしている所はないですか?と聞くと、この先の土手の中で飛ばしていると言う。土手には和気橋のたもとから入れるようだった。何とか土手に上がって見ると草むらの中にウインチライン跡を発見。ここらしいが、ウイークデーとあって誰も居ない。
080430017.jpg

西端のリターンプーリ設置場所?川向こうの南の山際に見えるのは山陽本線だ。
080430018.jpg

滑空場から北東方向の山の頂に和の文字。和気の和だろうか?お盆に送り火でも焚くのかな?
080430019.jpg

風は北風で川中は土手のローターで条件が悪いが電動Sightには関係ない。ご気軽だ。
080430022.jpg
080430024.jpg

この橋は金剛大橋。
080430030.jpg

土手にはこのところの陽気で草が生い茂っていて楽々の着陸。下に見えるのは川船。
080430038.jpg


30分ほどで切り上げて、山陽道、岡山道を通って県西部の高梁市吹屋に移動。
吹屋は昔べんがら(酸化鉄)の鉱脈があって栄えていたらしい。べんがら色(淡いピンク)の壁の町並みが残っている。
s080430111.jpg

町並みから少し離れた山にある広兼邸。映画八つ墓村のロケで使ったそうだ。
s080430100.jpg

帰路、高梁市から高梁川に沿って国道180号を下っていると対岸に飛ばせそうな広場が見える。地名は美袋と書いてみなぎと読むようだ。ここで飛ばせば岡山の3大河川のうち2つを経験した事になるぞ。
080430040.jpg

と言う事で、ちょっとだけ寄り道して一投げ。電動は気楽だ。
080430042.jpg
080430045.jpg

夕方、巣に引き上げる鳥達。
080430055.jpg

無事帰還。
080430057.jpg
スポンサーサイト

category: 国内旅行

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 鶴市 プロムナード動力強化  | h o m e |  第2回四国ハンドランチ大会 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/239-ef3a0c85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top