ソアリング & セーリング日記 微風の馬返

07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

微風の馬返 


2008.02.03
Sun
21:06

昨日の雨が昼過ぎには何とか上がり、1月半ぶりに馬返へ。西北西の風4mとの予報は外れて1~2mの南寄りの西風だったが、リフトは十分。気持ちよく飛ばして満足!
08020303.jpg

この冬は西高東低の気圧配置が長続きせず、西風が弱く、良く雨が降り、何か変だ。地球温暖化の影響だろうか?休日農業を営む会社の同僚は冬が弱まり、春先の菜種梅雨のようだと言う。
今日は久しぶりに FOXからスタート。一投目は軽く投げたら全然浮かず、1ターンで落着。2回目は気合を入れて投げたら上空は安定していて十分なリフトだった。
08020302.jpg

到着した時には水平に流れていた番の洲の煙突の煙も気が付けば、上に上がり、無風に近くなっている。
08020306.jpg

08020314.jpg

08020315.jpg

おかげで着陸は楽。
08020322.jpg

次はイレーザー発進。
08020326.jpg

08020330.jpg

エルロンの作動がオーバー気味なので早々と着陸進入。
08020332.jpg

フルブレーキしたがエレベータダウンが不十分。この後、左側のみかんの残木にゴツン。痛ぁつ!つい先日翼端前縁を直した所なのに、今度は中翼前縁を陥没させてしまった。
ノーズを突き刺すB機の定点着陸のような思い切った着陸を練習しないと。
08020334.jpg

反省:右エルロンは発航前に大きく中立がずれていたのを、リンケージ長さを調整し直してスタートしたのだが、飛行中に操作量以上にオーバーシュートして動くようになり、ふらふらとしたロール軸安定の無さが出たもの。事前に異状を発見しながら発航してしまって、危うく墜落させるところだった。もう少し慎重に!
推定される不具合はポテンショ軸端の位置決め面取り部の折損。翼には3102サーボを使っているが、以前にもフラップでサーボモータは回るがホーンが動かない不具合があった。最終段のメタルギヤとポテンショの結合が無くなるとフイードバックが効かなくなり位置決めができなくなるのだ。今回は完全に結合が切れたのではなく、摩擦で持っていて、時々滑っているのではないかと思う。それにしても2個目だ。トルクが有る割りに玉軸受けが無く、外力によりポテンショに曲げがかかっているための疲労破壊か。
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« 鶴市河川敷  | h o m e |  土器川 08年初曳航 »

コメント


そこそこ楽しめたようですね。
皆さん都合が悪かったのかな?川上さん一人だったの?

来週こそは、行きますよ!
【2008/02/03 23:28】
URL | ichihara #- *編集*

皆さん 前日からの雨で家庭サービスに切り替えたようで、私一人でした。
カメラマンが要るので「王越の菜の花を見に行こう」と おまけを付けて家内に付いてきてもらいました。それにしてもDSシーズンなのに週末に風が吹きませんね。
【2008/02/04 18:53】
URL | 川上 #ZK8I3X6w *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/216-83db5321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top