ソアリング & セーリング日記 ハチ高原(兵庫)&鳥取砂丘

09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

ハチ高原(兵庫)&鳥取砂丘 


2007.10.14
Sun
21:50

有馬温泉を発ち、舞鶴道を福知山まで出て、9号線を鳥取に向けて走る。八鹿の道の駅で何気なく観光パンフレットを見たらハチ高原でパラグライダーが飛んでいる。これは寄って行かなくてはと関宮から15kmほど上って一飛ばし。
071014015.jpg

本命の鳥取砂丘。覗いてみたら、ここにも同好の士が。
リュックにプロポと水筒を入れて砂丘を歩く。
071014078.jpg
ハチ高原は柔らかな草に覆われているのだが、頂上へのアクセス道路は通行止め。仕方なくゲレンデの下の方でSofiaを一投げする事にした。
071014010.jpg

リフトがいっぱいあって邪魔。
071014023.jpg

天気がいいのでサーマルに乗りそう。
071014024.jpg
071014016.jpg

おっとごめん!カメラマンの家内の頭に軽く接触。
071014019.jpg

太陽に入る。CCDは大丈夫か?
071014036.jpg

トンビも歓迎してくれた。
071014053.jpg
071014050.jpg

30分ほどで気が済んで、下りかけると稜線の上の方にテイクオフスポットが見える。
071014057.jpg
071014056.jpg

いた!パラグライダー。テイクオフまでどこから上がるのだろう?
071014059.jpg

リフト条件はあまり良くないみたいですぐに下りてきた。ランディングは登山道に近い田んぼの中だった。
071014060.jpg

鳥取砂丘には2時頃到着。遠かった。先の方の丘を見ると何やら飛んでいる!
071014075.jpg

行くぞ!有料駐車場からまず階段を登る。
s071014077.jpg

遊覧用の馬車道を歩くと少しは砂が締まっているかと思ったのだが、固さは同じで歩きにくいだけだった。
071014079.jpg

やっと海に近い丘までやってきた。500m以上あるかな。大観峰の駐車場からの道の方が舗装してあって楽。
s071014081.jpg

機体を置いてリュックを下ろす間にも子供らが興味深々で寄ってくる。ASWのパイロット佐々木君が人気だ。
s071014088.jpg

地元の先立に挨拶。1年ほど前にTVで紹介されていた砂丘の主、吉村さんだった。
071014085.jpg

風は北東からで斜面に正対はしていない。ミニグラでリフト状態を様子見。
s071014090.jpg

目線レベルは維持でき、まずまずのリフトだ。
071014091.jpg

この鳥は何?トンビかな?
071014092.jpg

沖に出しても何とか行ける。
071014101.jpg

と言う事でASW27をGO!
s071014107.jpg
071014109.jpg
071014112.jpg
071014114.jpg
071014125.jpg

ランディングは砂丘の頂上に下ろす。風に乱れはなく、きれいに決まった。
071014136.jpg

吉村さんと塚本さん。塚本さんは有馬の北 三田から3時間かけて来ているとの事だった。
s071014139.jpg

塚本さんのファンタジー3.2mスパンのモグラ。トップモデルで見かけたのはクロステールだったが、これはT尾翼だ。
071014086.jpg

ミニグラとASWを1フライトさせて非行は終了。駐車場へ戻っていると、吉村さん達も引き上げていた。
071014147.jpg

西の方に何か見える。ハングライダーのようだが飛び出す方向が背風だ。
071014148.jpg

エンジン音が聞こえる。邪道だがモーターハングライダーのようだ。みるみる高度を取って行く。
071014151.jpg

後ろ髪を引かれながら大山に向かった。
スポンサーサイト

category: 国内旅行

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« 鶴市河川敷  | h o m e |  小赤壁 »

コメント


色んな場所を旅してますね。
あちこちで投げまくる、日本版Endless Liftのようです。
【2007/10/21 21:53】
URL | morioでーす #- *編集*

そうですね。直前までバスで神戸に出て有馬で宴会して帰ってくるだけのつもりでしたから、今回のツアー企画は我ながら良かったと思います。翌朝の大山が雨で飛ばせなかったのが唯一の残念でした。
文句を言いながらカメラを持って付き合ってくれたカミサンに感謝。
【2007/10/22 19:11】
URL | kawakami #ZK8I3X6w *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/195-f3902072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top