ソアリング & セーリング日記 鶴市 ASK21時岡機 初飛行 JR DMSS高周波モジュール不具合
FC2ブログ

07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

鶴市 ASK21時岡機 初飛行 JR DMSS高周波モジュール不具合 


2018.12.24
Mon
14:00

レガッタ明けのヒコウ、時岡さんが新しいスケール機ASK21(2.6mスパン)を携えて合流してくれた。実機が17mスパンなので1/6.5スケールとなる。スケール感の面では主翼翼根の翼弦が少し短いようで翼シルエットはスリムに見える(アスペクト比が大きい)。カシオペアの機体(2.27m 1/7.5スケール)より一回り大きい。
時岡さんのスケジュールでは年明けしてからの初飛行と言っていたが完成すると飛ばしたくなったようだ。
s18122401.jpg
初飛行はちょっと問題があったが何とか2回目の発航で上空へ。優雅な姿を披露できた。 
s18122420.jpg
地上に置いて記念撮影。
s18122402.jpg
パイロットもちゃんと乗っている。ちょっとスケールが合っていないけどね。
s18122403.jpg
準備はできたけど高山さんが遅れてくるそうなのでCarawayをひと飛ばし。
s18122404.jpg
s18122409.jpg
s18122412.jpg
高山さんが合流して初飛行にかかる。前回多田さんのDiscusの初飛行時にはグライドテストを実施したが、初速が足りず腹ボテ着地させた経験からいきなりモータランで少し上げてやる事にした。
s18122417.jpg
投げた直後は沈み込み、やはりモータラン無しのグライドテストは無理か?
s18122418.jpg
このあと急激に頭上げ。抑えようとエレベータダウンを打つと、今度は頭下げのまま突っ込んでいく。エレベータ舵角が大き過ぎるようでピッチコントロールが大荒れだ。何とか右ターンさせて南に戻し、緊急着陸。微妙なエレベータ操作ができずノーズから着地したので前輪が陥没したが何とかセーフ。
s18122419.jpg
エレベータ舵角をかなり落とし、デュアルレート設定し、トリムを見直して2回目の発航では何とか穏やかな飛びとなった。
s18122426.jpg
高度を取って滑空させる。高山さんから主翼のネジレ指摘があったが、落ち着いて飛ばしてみると確かに右に傾くようだ。
s18122427.jpg
グラウンド北端に無事着陸。これで初飛行は終了とした。ノーズギヤ(前輪)陥没修理と水平尾翼とエレベータ段差修正のため、胴体はお預かり。主翼のネジレはオーナー時岡さんが修正する事にした。
s18122429.jpg
続いて高山さんとCarawayの滞空コンペを行った。
s18122430.jpg
s18122431.jpg
s18122432.jpg
s18122439.jpg
高山機はピッチコントロールに違和感があるとの事で
s18122437.jpg
早期にリタイア。最後にノーズ着地して小破。続いてPimentaでも滞空コンペを行った。
s18122440.jpg
3番機は自作HLG。HKの赤ショックコードと篠原さんに譲ってもらったアメゴムコードを並行に張って張力を比較。赤コードは殆ど伸びがなく引っ張る途中でテグスが切れてしまった。時岡さんにアメゴムコードのパラシュートを持ってもらって機体を準備。パラシュートをHLGのフックに引っ掛けてもらって、さあ上げようかと思ったが何故かタイミングが合わず時岡さんがコードを手放してしまった。哀れHLGはなすすべもなく引きずりの刑。水平尾翼が折れ、主翼中央上面にシワと亀裂。まあ何とか直せるだろう。
HKの赤ゴムだが使えそうにない。ちょうど見学に見えていた梶川さんが電動無尾翼機の発航補助にどんなショックコードがいいだろうと言われていたので使ってみてもらう事にした。

めげずに4番機イシスを投げる。
s18122444.jpg
上空に高山機が見える。
s18122445.jpg
s18122449.jpg
15分で9投。ほとんど無風状態で高度が取れず鳴かず飛ばずだった。 
18122401_ISIS.jpg
4時半過ぎに撤収。

時岡さん愛用のJRプロポだが、変調方式にDSMJ方式とDMSS方式があり切替は高周波モジュールを差し替える必要がある。先日来DMSS方式の方が突然使えなくなり、受信器は赤LEDが点灯したまま。RCデポに問い合わせると点検するので送ってくれとの返事。送料、修理代は高額だし、DSMJの方は使えるので どうするのが一番いいのか保留していた。
ある日社長(RCデポ?)と電話する機会があり、この不具合について相談したら担当に繋いでくれ、この担当が言うにはモジュールを耳もとで振ってみてくれとの事。そのとおりにするとカサカサと異音。それならば基板外れだと言う。
s18122455.jpg
4本のビスを緩めてカバーを開けるとこのとおり、ピンが抜けていたそうだ。
s18122452.jpg
これが基板を挿した状態。これでチエックすると無事作動するようになったそうだ。あっけなく一件落着。モジュールを落とした記憶もないのに基板抜けなんてクレームものである。
カバーと基板には隙間があるので
s18122453.jpg
このように硬めのスポンジを挟んで抜け止め対策とした。
s18122454.jpg
以上 JRプロポユーザーで同様な不具合で悩んでいる人が居ると思うので記事にあげた。
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« ASK21修理の記録  | h o m e |  第123回レガッタ »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1693-2661c191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top