ソアリング & セーリング日記 鶴市 Luft 初飛行
FC2ブログ

12/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./02

鶴市 Luft 初飛行 


2018.08.10
Fri
09:13

9時過ぎから時岡さんの立会でLuftの初飛行を行った。あらかじめグライドテストは一人で済ませていたのでモータONで上空へ。
s18081005.jpg
ラダー機としての運用だが大き目の2段上反角で操縦性に問題無し。フラップ下げ時のエレベータ下げミキシングを50%から65%まで増やす必要があった。
s18081011.jpg
9時前にLuftのグライドテストを済ませたら時岡さんが到着。電流計を借りて測定したら最大30A(35A)で問題なし。
時岡さんが機体の準備をしている間にTopskyをひと投げ。
ss18070205.jpg
朝早いのに蒸し暑いだけで Topskyは上昇の気配なし。もう2カ月以上鳴かず飛ばずだ。
18081001_Topsky.jpg
時岡機と並べて記念撮影。
s18081001.jpg
そして上空へ。ダウンスラスト角が大きいなと思っていたが そのとおりで、水平に投げたのでは上昇角度が小さく
s18081006.jpg
エレベータアップして60°くらいの上昇角に。初めから斜め上に投げた方が良さそうだ。
s18081007.jpg
翼のネジレは無いようで、重心、迎え角もいいようで滑空速度もゆっくりと安定している。
s18081013.jpg
フラップを下げて着陸進入。ちょっとダウン舵が必要だ。
s18081015.jpg
s18081017.jpg
ハンドキャッチできそうな速度で
s18081019.jpg
静かに着陸して初飛行成功。エレベータミキシングを増やして2、3回飛行。顔を出してくれた立岩さんにも操縦してもらった。時岡機との比較飛行ではモータONでのクライムはほぼ垂直上昇で遜色なし。滑空も多少軽い分良さそうに思えた。
s18081020.jpg
続いてキャラウエイの滞空コンペ。こちらはWMCの赤モータのパワーに圧倒されて初期高度差はいかんともしがたい。それでも迎え角を減らし、キャンバーを修正して、まあこんなものかな?レベルにはなったと思う。
s18081025.jpg
10時を過ぎると蒸し暑くなり、最後にLuftどうしで最後の滞空コンペ。
s18081021.jpg
北の空50mほど上昇したところで何か黒いかたまりが外れるのが見えた。スピナーが外れたか?立岩さんに落下先を見届けてもらって私はテールヘビーになった機体の着陸に集中。エレベータダウン打ちっぱなしで何とか無事着陸させた。何とスピナーだけでなくノーズコーンが抜け落ちていた。モータだけでも105gもあるのに良く無事に下ろせたものだ。モータの3線コネクタが抜けてアンプは残っていたのでコントロールが効いたんだ。
グラウンド北の草むらへ捜索に向かっていてくれた立岩さんに合流したが草むらは意外に深く、捜索は難航の予感。私は川に入って下から見上げてみたが かえって見づらい。立岩さんが方向は見届けたが距離は分からないと言うので川向こうの河原に目をやると10mほど先でノーズコーンを発見。良かった~♪
飛行の度にノーズコーンが少し抜け気味になるのでテープで止めたのだが、マスキングテープなので接着力が弱かったようだ。考えたらノーズコーンはペラで上に向かい、胴体の方は風圧を受け下に引っ張ることになるので嵌合が緩いと抜けるわなぁ。
s18081026.jpg

帰宅してさっそく修理開始。スピナー先端から真っ直ぐに硬い河原に落ちたわけで、ノーズとスピナーの隙間は0になっていた。スピナーキャップを外そうとしたらネジが硬い。何とか外すとZ形に座屈していた。ハブは簡単に外れてモータを取り出した。コレットは無理やり押し込まれたようで抜くのが大変だった。モータ軸根のEリングとベアリングの間に1mmほどの隙間があり、Eリング自体も少し広がっていた。こちらも一旦無理やり軸を押し込まれたものの元に戻って隙間ができたようだ。モータリード線は見事にネジレていて、ノーズコーンが抜けた瞬間に捻れて抜けたものと推察できた。
ベアリングに圧痕が入ったかなと思っていたが、組み直して回して見ると異音もなく大丈夫なようだった。
s18081027.jpg
折ペラの片側が固く動きづらくなっていた。ハブの耳の角に打痕があり間隔が微妙に狭くなっていた。こちらは簡単に修正できた。
s18081029.jpg
やれやれと思って何気なく左翼の裏面を見たら穴が開いていた。Dボックス部には一部凹み。ノーズコーンが脱落した瞬間にペラが当たってできた損傷と思える。
s18081028.jpg
すぐに方形に開腹して
s18081030.jpg
1.5mmバルサを埋め込んだ。このあとフイルムを部分貼りして修理完了。
s18081031.jpg
ノーズコーンが割れていたのを内側からFRP補修。嵌合が緩かったのがFRPによる肉盛りでちょうど良くなった。もう絶対に抜けないように両側からネジ止めとした。同じノーズコーン式のグラファイトは最初からネジ止めしていたのに・・・。ちなみに組立説明書ではテーピング固定とある。
s18081032.jpg

スポンサーサイト



category: グライダー

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« 帆走会  | h o m e |  Luft 2.5 の組立記録 »

コメント


ノーズコーンの見届け人がいて良かったですね
居なければ、ほぼ見つからないでしょうね

Luft 2.5はそんな仕組みになっているのですね
構造的に普段脱着しない所なのになぜ分かれてるv-236

さすがに修理早いですね
【2018/08/13 17:00】
URL | 高山 #Jr4WCcEI *編集*

暑いのでもうやめようかなと思っていたけど時岡機のリポが1.5Ahなのでもう1フライトして放電させたいとの事で、お付き合いしてトラブル。もう1回!でトラブル発生というケースが少なからず有りますね。
ノーズコーンと胴体の間の隙間を重大な警告と捉えられなかったうかつさ、いけいけドンドンでなく予測が大事ですね。
まあ大したことなくて、落下物もすぐに発見できてラッキーでした。
【2018/08/14 08:37】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1642-dc3dbb81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top