ソアリング & セーリング日記 Luft 2.5 の組立記録
FC2ブログ

12/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./02

Luft 2.5 の組立記録 


2018.08.09
Thu
20:30

2月に完成させたCilantroに続いて ヨシオカモデルファクトリのLuft2.5 FRPバージョンを作ったので記録を残す。
7月10日に注文したら翌日には届いた。さっそく中身を確認したらFRP胴体はゲルコート仕様でなく生地のまま。翼カバーは標準と同じ白の塩ビだ。これで約1万円高いのは割高感がある。フラップを追加しようと思うので原寸図面は?と思ったが無い!ルーペが必要なほど小さなイラストの組立説明書だけで作れと言うことらしい。OK模型の至れり尽くせりのキットと比較するとかなり残念でがっかりなキットだ。
s18071103.jpg
ゆっくり慎重に組み立てて完成は8月9日になった。標準はエルロン跳ね上げによるスポイロン仕様だが、より着陸速度を落とせてピッチコントロールしやすいフラップ仕様に改造。エルロンもサーボを積めば動かせるようにしているが、とりあえずラダー機として飛ばしてみてエルロンが必要か否か判断する。全備重量は852gで指示書にある重量幅のミニマムで仕上がった。(Cilantro:770g)
s18080921.jpg
7月17日:下板にリブやスパーを接着してここまでは順調に進行。前縁Dボックス部の形状維持を重視しているようでリブの数が多い。
s18071706.jpg
7月20日:中翼と端翼の上面プランク
s18072001.jpg
尾翼はかなり肉抜きされていて、バルサ繊維を直交させた部材をはめ込んで行く。水平中央部には3mm角檜を配して少しは強度に配慮している。ホーン部分の切り欠きは剛性維持を考慮して肉抜きピースを残した。
s18072002.jpg
カンナで後端に向けてテーパーに削っていると部材がポロポロと欠けて行く。もろいなぁ。
s18072003.jpg
エルロンサーボリードはDボックス部を通すようになっているが、スパーをくぐらす必要があり少々疑問。図面が無いので時岡機を見せてもらってサーボリードをスパー後部を通してきても問題ないか確認した。
s18071604.jpg
7月23日:フラップ切り出し位置を決め、肉抜き穴を塞ぎ、エルロンサーボリードをスパーの後方で真っ直ぐ通せるようにリブに穴加工。胴体側は両翼連結バネ穴を拡大して4Pコネクタ(エルロン、フラップ)が通るように加工。バネ穴はそのすぐ後方に新たに加工した。
s18072301.jpg
根本翼と中央翼は1mm厚のプラカンザシを入れるようになっているが、いかにも心細いし接着性も悪そうなので4mm厚のベニヤで自作。上反角とともに後退角もあるのでテーパーに削る必要がある。プラカンザシの穴はスパーを貫通するサーボリード通し穴。糸を入れておいて引っ張って通すような指示があるがかなり無理がある。
s18072302.jpg
7月27日:上板をプランクして根本翼と中翼には5mm厚の前縁材を接着して翼型に加工。端翼は下板に上板を突き合わせただけの形状。
s18072702.jpg
フラップを切り出し。
s18072703.jpg
7月30日:フラップにはねじり剛性確保のためやはり5mm厚のバルサを貼り付け。
s18073004.jpg
8月4日:フイルム貼り完了。手持ちのオラライト紺とビンテージフィルム(透明)を使ったのでピメンタの配色(白・紺)に似ている。銀色のオラライトは今まで使う機会がなかったが、前縁部にアクセントで入れてみた。
s18080409.jpg
ヒンジはテープを使わずに5mm幅に切ったシートヒンジとした。ラダーとエレベータにホーンを接着。付属のエレベータホーンは高さが低いので5mmほど高いホーンをベーク板で自作した。
s18080410.jpg
テールパイプに尾翼を接着。胴体にテールパイプを差し込んでみた。
s18080517.jpg
リンケージはパイプ後方から挿入して胴体内になる穴から上に出すような指示があるが、上に引っ張り出すのは至難の業だ。バルサブロックで栓を作り栓にスロープ加工して、リンケージパイプが自動的に上に出てくるようにした。
s18080520.jpg
8月7日:フラップホーンの形状を決めて1mmベーク板から切り出し。フラップに溝加工して接着。
s18080715.jpg
7月19日に中国に注文していたEMAX2812モータ、40AESC、8ch受信機、サーボ(MG90S)がかなり遅れて5日に到着。さっそく胴体に組み込もうとしたら高すぎて入らない事が判明!胴体断面が横に広い楕円形状でサーボフランジ下寸法が13mm以下でないと入らないのだ。トルク1.5kg・cm以上のミニサーボの寸法が分かりづらい中、色々探すとEMAXのES08MGが15mmと比較的コンパクトなので定形外郵便で送ってくれる国内店に注文。9日には到着。
s18080917.jpg
さっそく胴体に組み込み。サーボトレイに2.5mmバルサを貼って何とか収まった。
s18080918.jpg
フラップにはMG90Sを使用。シュリンクチューブで覆って翼穴に瞬間接着剤で固定。
8月9日:完成
s18080919.jpg
メカルーム。1.3Ah3セル電池でバランスウエイト無しで重心が合った。受信機の上に両翼結合のバネがくる。
s18080920.jpg
ちんたら作っていたが、できあがってみるとすぐに飛ばしてみたい。さっそく時岡さん、立岩さんらにメールを出して翌朝の立会をお願いした。
スポンサーサイト



category: グライダー

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« 鶴市 Luft 初飛行  | h o m e |  猛暑の蓮池 »

コメント


新しい機体、良いですね
フラップの追加、エルロン機をラダー機に
バルサキットならではの楽しみですね
ああ、私も何か作りたいですが、要修理の機体が4機i-195
次の機体に手を出すには、まず直してからと自分に言い聞かせています
【2018/08/12 12:01】
URL | 高山 #Jr4WCcEI *編集*

高山さん コメントありがとうございました。
高知大会ではヨシオカさんにお世話になっているのにヨシオカの機体が一つも無いのではいかんわなぁと思って手を出しました。
さあうまく飛ぶかなぁ。
【2018/08/13 09:45】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1641-ace75f49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top