ソアリング & セーリング日記 帆走会
FC2ブログ

08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

帆走会 


2018.06.09
Sat
15:21

天気の関係で土曜開催とした帆走会はちょっと少な目だったが、兵庫からの平尾さん、濱口さんを加えて8名の参加。
s18060916.jpg
地濱さんのIOM新艇が初お目見え。
s18060909.jpg
平尾さんたち兵庫組は午前中に来られて地濱さんがお相手。平尾さんはシーウインドを持ってきてくれたのだが、メカトラブルでセールサーボを焼いたとの連絡が橋本さんからあった。せっかく来られたのに退屈だろうと午後から私のグレーシャスを使ってもらった。

1時前に到着すると北東の赤ブイが流されていたとの事だ。よりによって北東の風で、来客なのに・・・
それでも東のCブイを使って模擬レース。IOM2艇にシーウインド5艇、グレーシャス1艇の構成だ。IOM濱口艇の調子が今ひとつだったので、平尾さんが微調整していた。

3時過ぎになって「そう言えば写真撮っていない」とカメラを準備していると、平尾さんが撮りましょうと言ってくれた。
IOM艇をトップにサイドマークに向かう
s18060901.jpg
s18060902.jpg
s18060903.jpg
サイドマーク回航。
s18060904.jpg
s18060905.jpg
下マークへ向かう
s18060906.jpg
s18060907.jpg
2回目の上りレグ
s18060910.jpg
s18060912.jpg
上マークを回航して下りレグなのだが、風向が西に振れて上りのようになっている。74池田艇がいつの間にか2番手グループのトップになっている。
s18060915.jpg
川田さんはカーボン艇を新調。初お目見えになった。
s18060914.jpg
集合写真を撮って4時前にお開き。

ディジタルサーボのフィーリングだが保持剛性が大きい感じ。ラダー中立での直進性が高く 真っ直ぐ走る。
セールサーボもクローズホールド付近の1、2ノッチの微調整にうなり音も無く 良く応答しているように感じた。保持力が高いと言う事は目標値に対してズレがあれば大電流で応答するという事なのでセールの引き込み過ぎ(クローズホールド)には今までのアナログサーボ以上に注意が必要だ。電圧範囲~6Vを超えての使用なので焼損の可能性が高い。さて耐久性はどうかな?
s18060504.jpg
スポンサーサイト

category: ヨット

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 蓮池  | h o m e |  鶴市 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1624-23cbde62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top