ソアリング & セーリング日記 鶴市
FC2ブログ

11/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./01

鶴市 


2018.05.26
Sat
15:27

高山さん、時岡さんと 3時頃からヒコウ。
s18052631.jpg
まずサーマル3機で滞空コンペ。非常に条件が良くて15秒モータランでは下りて来る気配がなく、キリがないので10秒にしたら何とか勝負がつくようになった。高山さんはピメンタが手に馴染んで一番のお気に入りだ。
s18052638.jpg
ピメンタ2機に対して私はキャラウエイで応戦、2割ほど重いせいか、モータパワーのせいか獲得高度が2~3割低く毎回お早いお帰りだった。
2番機はTopSky。暑いのであまり投げたくないなぁと思っていたのだが一投目からサーマルに乗り最高高度235m、滞空17分を達成。非常に効率の良いヒコウだった。
s18052634.jpg
一投目なので軽く投げて初期高度は20m、グラウンドの北縁で弱いサーマルに乗り、川に沿って南に流して120mまで上昇。一旦グラウンドの上まで戻してさらに粘り、じわじわと高度を上げて235m。時々機影が消えてワープして機体が見えるような視界状況の中ゆっくりと自然に降下し、最後に時岡さんに操縦を代わってもらって写真撮影。17分の滞空だった。
180526_TopSky.jpg
高山さんの車のバックドアの影でのんびりと操縦。(高山さん提供)
s418.jpg
3番機Ka-8は発航直後からものすごいモータ音。一旦モータオフしたが高度が5mほどしかなく再度モータオンしたらペラがぶっ飛んだ。落ち着いて機体を降ろし、ペラは?と見渡すとグラウンド上にハブに付いたまま落ちていたラッキー!
コレットナットが緩んだのかと思ったがモータ軸に力をかけるとグラグラ。ノーズカバーを外してみたらマウントのベニヤ板が層割れしていた。この割れは徐々に進行していたのが今回の飛行で一気に広がってモータが傾き、ハブがカバーと接触して大騒音になったようだ。Ka-8は初飛行から12年目になる、良く持っているものだ。
s18052637.jpg
最後に時岡さんとキャラウエイ対決を行った。(高山さん提供)
s508.jpg
モータONでのクライムはほぼ同等か。E-max GT-2218 1100KV+11×8 VS WMC・2220 1200KV+10×6 (高山さん提供)
s507.jpg
滑空は時岡機が良さそうだった。低空の着陸進入も思ったより延びて来ないので仰角が大き過ぎるのかも知れない。煮詰めが必要だ。(高山さん提供) 
s502.jpg
5時過ぎに撤収して、トンネルアクセス道路の定点観測。右奥の歩道舗装が唯一の変化かな?車道にはまだ土盛りがある。梅雨入りして雨が固めてくれるのを待っているのか?
s18052640.jpg
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 第116回レガッタ  | h o m e |  シーウインド川田艇整備 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1616-72b82da6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top