ソアリング & セーリング日記 ピメンタ胴体ポッド修理
FC2ブログ

11/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./01

ピメンタ胴体ポッド修理 


2018.05.14
Mon
19:38

時岡さんのピメンタのポッドの修理を土曜日に開始し月曜に塗装して完成。新作したキャノピーは尾翼動翼の色に合わせて赤とした。 
s18051455.jpg
修理前の写真は撮り忘れたのでFRP修理後の写真。
s18051206.jpg
土曜日:午前中に内、外からウレタン樹脂、ガラスクロス、カーボンクロスで修復。エアインテーク穴は亀裂の起点になっていたので塞いだ。グライダーのモータランはせいぜい1分弱なので冷却穴は不要と思っている。
s18051207.jpg
キャノピーは私のキャラウエイのものを型として、離型剤を塗ってガラスクロス2プライで積層した。
s18051205.jpg
帆走会から帰宅して、硬化したFRP表面をドレッサーで整えた。
s18051208.jpg
夜、ポリパテ付け
s18051302.jpg

日曜日:モータのバックマウントが気になる。X形アダプタを使って前から固定しているので嵌め殺し状態で、ネジが緩んでもメンテできないし、モータ取り外しは隔壁ごとの取り外しとなるので大ごとだ。
s18051301.jpg
隔壁に直接モータを固定する方法に変更。ノーズの穴をモータ径より大きくしてモータは前方に取り外し可能とした。
ポッド、キャノピーを水研ぎして表面を平滑に。キャノピーはうまく離型できたがふにゃふにゃで剛性がない。 
s18051450.jpg
キャノピーは今まで3個ほど作ったがいずれも2プライで問題ない剛性だったのに?前のはエポキシ樹脂で今回はウレタン樹脂。めんどうなのでいきなり2プライしたので薄くなった?ドレッサーで削りすぎた?
仕方がないので裏側をサンディングしてFRPをもう1層追加。これで剛性はバッチリ。ロック用のピアノ線固定も同じウレタンFRPで行った。
s18051452.jpg

月曜日:雨が上がったので朝から塗装開始。スプレー缶を30cm以上離して薄く、何回も塗り重ねていたのだが、午後からつい塗り急いで距離が近くなり吹く量も多かったようでツブツブができて塗料垂れ。やってしまった~。表面を水研ぎし直して乾燥させ、改めて塗装と言う二度手間。よくやる失敗だ、気長にゆっくりやる事を心がけねば…。
夜になってモータを組み込み、アンプ、電池固定用の座を接着して修理完了。モータマウントを後方から撮影。
s18051454.jpg
明日は好天、風もなさそうなので復活飛行に行こう!
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« 鶴市  | h o m e |  帆走会 »

コメント


ポリパテの粘度が緩くて塗りやすそうですが何を使ってますか?私はタミヤのポリパテですが粘度が中途半端で私には使いにくいです。
【2018/05/18 17:36】
URL | ikeda #- *編集*

池田さん 書き込みありがとうございます。
粘度がちょうど良くて、硬化後のサンディングもしやすくて使い易いパテですよ。
日曜に蓮池でお教えしますね。
【2018/05/19 11:21】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1611-2dd105fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top