ソアリング & セーリング日記 シーウインド船底亀裂修理
FC2ブログ

11/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./01

シーウインド船底亀裂修理 


2018.03.29
Thu
16:52

レガッタの第3ヒート?後に水を抜こうと艇を持ち上げると異様に重い。栓を抜きスターンを下にするとラダーハッチから水が吹き出した。余程吹いている時でもこれほどの浸水は経験がないので異常だ。船底を見るとキール横に亀裂が見えた。レースを少し待ってもらってテープを探したが8mm細幅のヒンジテープしかない。仕方がないのでキールに平行に何重にも重ねて貼ってしのいだ。レース終了後の船底状態。
s18032601.jpg
テープを除けて亀裂を広げた状態。
s18032602.jpg


内側から見た状態。線状の隙間が見える。ここをFRP補強するので汚れを取り、ABS表面をペーパーで荒らす。
s18032603.jpg
広げた隙間を閉じて低粘度瞬間接着剤を流し込んで仮付け。ヒゲ状の亀裂が3箇所あった。
s18032604.jpg
内側をウレタン樹脂FRPで補強。ガラスクロスをキールケースに立ち上げて貼り付けた。(コバルトを入れ過ぎて樹脂が緑色に発色)
s18032827.jpg
表面側はマイクログラスをエポキシ接着剤で貼り付けてビニルラップを置いて表面を慣らす。こうしておくと表面が比較的平滑に仕上がるので後のサンディングが楽。
s18032826.jpg
乾燥後ポリラップを除け、キールが入る部分のグラスを切り取り、軽くサンディングして修理完了。
s18032829.jpg
スポンサーサイト

category: ヨット

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 蓮池&鶴市  | h o m e |  鶴市 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1590-9bd3835e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top