ソアリング & セーリング日記 Cilantro 組立記録
FC2ブログ

11/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./01

Cilantro 組立記録 


2018.02.13
Tue
17:07

久しぶりに新作し2月7日に完成したCilantro。製作説明書を熟読して慎重に作り始めたもののミスが多くあり、反省を込めて記録に残す。
s18020713.jpg
1月19日にキットが届き、20日から製作開始。まずは主翼翼端の組立から。
s18012106.jpg
リブ後部には足があり、下板から飛び出している。上板接着時に定盤に置くことで微妙なアンダーキャンバーが付くようになっている。スロットインのレーザーカットキットなので特に意識せずに組んだら片翼の端部が後縁に直角になっておらずショック。また下板の後縁が0.3mm程度になるようにテーパーに削ると説明書に指示があったのにラダーとエレベータの事だと思いこんで無視。組み上げてからのサンディングが大変だったし、アンダーキャンバーがきちんと出たのか不安になった。
s18012107.jpg
翼端の上反角は21°もあり端部のリブは削り代を考慮して4枚重ね。直角の問題も何とかサンディング時に修正。
s18020102.jpg
風邪気味で中断していたが24日から中翼の製作開始。今回は忘れずに後縁上部を削り込んだのだが、カンナを使ったら薄くし過ぎて穴があき、1枚だけ1.5mmバルサ材から作り直した。フラップホーン取付部にテーパーバルサを接着しておくのを忘れずに。スパー端部にはカンザシ受けパイプを組込むのだが2°強の上反角があるためスパー上側の3mm角ヒノキ材とカーボン角パイプをテーパーに削り込む必要がある。端部リブのカンザシ受けパイプ用穴上部厚さは接着後切り取って0になるので強度が不安。
s18012401.jpg
2月1日サンディングして完成。カンザシ受け上部にはガラスクロスをウレタン樹脂で貼り付けて補強とした。中央翼受けは胴体への取付が2本のビスで済む良いアイデアだと思う。3mmベニヤ1枚を2mmベニヤ2枚で挟み込む構造で厚さ7mm。カンザシ穴上部の厚さが2mmほどしか無くて強度が心配なので上面にカーボンクロスを貼り付けた。
s18020101.jpg
翼端を合わせてみる。中翼は下板に直角で翼端は21°もの角度が付いているので翼端断面の方が少し厚みがある。上側基準で接着し、翼端下側を削って合わし込む事にした。
s18020103.jpg
尾翼は特に難しくない。
s18020105.jpg
2月2日。フイルム貼り開始。色は胴体に合わせて黄色とした。アリゼ翼の修理に使ったEライトの黄色が十分あると思っていたのだが中翼を貼ったらほとんど無い。他にも黄色フイルムがあったのだが色調が異なり多少厚そうだ。時岡さんに手持ちフィルム無いですか?と聞いたらあると言うのでお借りるる事にした。
s18020409.jpg
動翼にはオラライトの紺を使ってみた。ホーンの接着はフイルム貼り上げ後に行った。
s18020307.jpg
尾翼のテールパイプへの取付け。まず垂直尾翼を接着し、水平尾翼用のパイロン接着は
s18020408.jpg
エレベータの作動スペースを見て水平・垂直の直交を十分に確認して行った。 
s18020410.jpg
胴体は治具を使って30mmスピナー用のカット線をケガいてカット。モータはリード線の取扱に気を使わないで済むバックマウントのE-max BL2220を使用。マウント材を3mmベニヤで自作し後方から脱着できるようにした。
s18020104.jpg
2月4日 テールパイプを胴体ポッドに接着。仰角をきちんと出すために接合部にゲージを置いて押し付ける。パイプとポッドの嵌合はキツ目に作られていてポッド後端をかなり削り込む必要があった。なおかつ均等に削ったのではパイプが少し下がり気味になりゲージとの間に隙間ができるので多少上反りになるように削った。FRPが薄いのでちょっと強度が心配ではある。
主翼と水平尾翼が平行になるようにネジレが無いようにするのも重要で胴体ポッドに主翼を取付けて後方から十分に確認したつもりだったが・・・
s18020411.jpg
2月5日 フラップサーボ取付け。E-maxの8mm厚メタルサーボを使ったのだがサーボホーンの穴が全て1.2mm。キット付属のピアノ線は1mmなのでガタになる。丸ホーンに1mm穴を開けてみたのだがホーンの径が少し小さい。結局手持ちの材料をあさって1.2mmのピアノ線を発掘して何とかなった。サーボリード取出し穴位置だが胴体ポッドの開口部とラップしている事が判明。(黒の点線)2mmほどカットする必要があった。サーボの取付けはシュリンクチューブを被せて瞬間接着剤で固定する方法。あらかじめ主翼内側にガラスクロス補強をする必要がある。
s18021002.jpg
かなり気を付けて主尾翼のネジレに注意して接着したテールパイプだが、前方から見ると傾いていてガッカリ。前方からも確認すれば良かったのか?かえって主翼を付けずに胴体ポッド上面と水平尾翼をにらんだ方が良かったかも・・・。結局1mmバルサシムが必要になった。尾翼サーボの位置だが図面では前方開口部の後方になっている。電池は600mAh3セルを想定しているので手持ちの1300mAhでは前重になりそうだ。思い切って主翼下までサーボを後退させた。
s18021001.jpg
結局1.3Ah電池はサーボベッドのすぐ前まで後退させて重心が合った。この場合受信機が電池の前になるので電池積み込み時に受信機をいちいち動かす必要があり面倒くさい。850mAhの電池なら受信機を後にして電池をハッチ中央に置いて重心が合った。さてどうしようかな?
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 鶴市  | h o m e |  強風の帆走会 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1568-cabba6af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top