ソアリング & セーリング日記 Caraway 時岡機修理

08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

Caraway 時岡機修理 


2017.08.29
Tue
08:27

8月24日に川岸の木に突っ込んで小破した時岡機。
s17082471.jpg
翼の修理を引き受けて30日には復活させた。
s17083003.jpg
25日:疵口は小さいが後縁エルロン部まで深く損傷した左翼端から修理開始。
s17082501.jpg
Dボックス上部の3mm角檜材を通すため結構大きく表皮バルサをカット。スパーとリブを作り、裏面プランクをしてネジレのないように定盤の上に重しを置いてタイトボンドの硬化を待つ。
s17082502.jpg
翌日上面プランクし
s17082611.jpg
サンディングして一丁上がり。
s17082613.jpg
その間に右翼端と中翼修理の破損部を直線カット。
s17082612.jpg
s17082614.jpg
裏面プランクを済ませ、3mm角材は元材の前側に配置。前縁に5mmバルサを貼り付けてリブに合わせて斜めに削る。あとは上面プランクして完了。
s17082615.jpg
28日:中翼はリブを2枚作った。裏面をプランクし前縁材を接着。上面プランクして完了。
s17082802.jpg
右翼端の折れたカンザシを抜くために裏面を開く。角パイプの中から細い竹ひごが何本も出てきた。これでは補強になっていないなぁ、かえってカンザシの薄い側面中央の縦割を引き起こしたようだ。角パイプは端部でちぎれてしまって引き抜けない。6mmドリルで端部から掘り進めたり、開口部からルーターでカンザシ側面に穴をあけたりして細かく割り、ラジオペンチで何とか取り出せた。左翼側は接着が甘かったようで簡単に抜けた。
s17082803.jpg
29日:6mm丸カンザシ先端を斜めカットしてエポキシ接着。カンザシ取出しに苦戦した右翼端側はラジオペンチやルーターでプランク材が凹んだので開口部を拡げた。
s17082905.jpg
サンディングして木地完した中翼。
s17082906.jpg
30日:フイルム貼りして完了。
s17083001.jpg
s17083002.jpg
翼のネジレを後縁側から確認。修正はしたものの中翼の左側が気持ち下がっているかな?
s17083004.jpg
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

« 鶴市 Caraway 時岡機 復活  | h o m e |  第107回レガッタ »

コメント


川上さん、修理有難うございました。30日に復活飛行をお願いし飛ばした際に、川上さんが主翼のねじれを直してくれたそうでしたが、31日の朝から、フラップ、エルロン、主翼のねじれをバッチリ直して、30日に有る程度の飛行はしていましたが。今度は気持ちよく素直な飛行を期待しながらコメントをしました。  時岡でした。
【2017/08/31 12:18】
URL | 時岡です #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1504-74e65cbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top