ソアリング & セーリング日記 鶴市 

06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

鶴市  


2017.06.01
Thu
14:54

時岡さん、千葉さんを誘って2時頃からヒコウ。アリゼのモータ共鳴音は嘘のように消えてサイレントフライトできるようになったのは良かったのだが・・・
s17060102.jpg
2時過ぎに鶴市にやってきた。異様な工事現場風景だ。川の中になだらかな土の山を作って、黒いビニルフレコンを置いて何をしようとしているのか?そう言えば現場入り口に工事看板があったのに見ていない。
s17060101.jpg
本日のお供はアリゼ、ミニモア400、アーバン、Topskyの4機。
s17060173.jpg
店開きしたところへ自転車に乗った男性がやってきた。首に身分証明書をぶら下げていたので県の河川事務所の担当者だろうと思う。以前会った人のような・・・。「ここでいつ頃から飛ばしていんですか?」と聞かれて「2000年頃から」と答えたがもっと前からかも知れない。「ずいぶん長いですね~」との感想だ。飛ばし方を聞かれてたので色々なランチ方法を説明し、一番安全そうなディスカスランチを見てもらった。時岡さんはこの間ヒコウを自粛して様子見。今回も黙認といった感じですぐに南に走り去った。
17060101 Topskyturu
時岡さんはアーバンから飛行開始。私も新しいCoronaの4ch S-FHSS受信機を組み込んだアーバンを飛行。以前の8ch受信機から4chに移行の時にモータSW設定がされてなくてアンプのブレーキ設定が解けてしまってペラが回ったままの飛行ではあったが問題なく使えた。
続いてペラの重量バランス(0.1g)を修正したアリゼを飛行。共鳴音は消え静かになった。(撮影:時岡さん)
s17060103.jpg
ダウンスラストを付け過ぎていて、上向きにリリースしてもこんな角度での上昇。
s17060105.jpg
パワーはあるのでエレベータアップでこの角度。
s17060107.jpg
s17060111.jpg
s17060115.jpg
s17060116.jpg
南西の風が強く、低空は荒れていて
s17060117.jpg
バタフライブレーキなしでショートランディング。
s17060118.jpg
時岡さんの2番機はKa-8、滞空モードでエルロン下げ設定していたのをノーマルに戻してもらった。エルロン単独の下げ設定は翼端のねじり上げとなり翼端失速し易くなるのでNG。スピードモードでは1~2mm上げ設定とした。
s17060120.jpg
s17060121.jpg
s17060123.jpg
s17060124.jpg
s17060126.jpg
s17060135.jpg
s17060138.jpg
3番機キャラウエーはモータONでキューンという音がしてパワーが出ず
s17060139.jpg
s17060142.jpg
緊急着陸。
s17060146.jpg
点検するとスピナーが抜けそうになっていた。コレットナットを締め直して再トライするもすぐに抜けそうになり状況は変わらない。ナイロンワッシャが薄くてコレットの不完全ネジ部でナットが止まって完全に締まっていないのではと考えて道具箱を探して出てきた二重リングをかましてみたがやはりNG。一旦コレットが滑ってしまうと軸で穴が削られて大きくなってしまったようだ。モータはOS製の3mm軸。私のミニモアがE-maxの3mm軸モータなのでハブを外して貸してあげて何とか飛ばすことができた。

千葉さんは中グラウンドに移動してアクロ飛行。
s17060147.jpg
s17060149.jpg
s17060152.jpg
s17060156.jpg
s17060157.jpg
時岡さんは再びアーバンを飛行。
s17060160.jpg
s17060162.jpg
s17060164.jpg
s17060165.jpg
s17060166.jpg
私のミニモアはハブを外す際に軸後のEリングが外れてロータが出てしまったので飛行は断念。

もう一度アリゼを飛ばし、滞空の良さを堪能。飛ばし飽きて時岡さんに操縦を交代してもらって感触をみてもらった。しばらく飛ばしてもらっていたがグラウンド中央30~40mで突然突っ込み姿勢。速度が出たと思うとすぐに主翼がバンザイして地面に激突。綾川の悲劇が目の前で再現されてしまった。グラウンド内で、人が居なくて良かった~。
s17060167.jpg
こんな風になってしまった。またもカンザシ受けの剥離だ(大修理しなかった右翼)。どうも相対的にカンザシが強すぎるのかも。胴体修理部は無事だが前部がぐしゃぐしゃになってしまった。胴体も中央で折れてくれた方がダメージが少なかったかも知れない。今回の修理はかなり手間取りそうだ。せっかくいい感じに飛ばせるようになったばかりなので、かなりショック・・・
s17060168.jpg
時岡さんによるとノーコンらしくて、どうしようもなかったらしい。グラウンド中央30~50m付近では3月にStorchがやはり突然のノーコンで落ちている。續木さんが以前2.4GHz帯電波の状況をチエックした事があるが、かなり入り乱れているそうだ。強力な無線LAN装置があるのかも知れない。ちなみにアリゼの受信機はCoronaの8ch S-FHSS。Storchは FrskyのACCSTシステム。
最後にTopskyを10投ほどしたが45m、2分滞空がやっとだった。4時半には撤収。

帰宅してフェールセーフ設定を確認するとエレベータは少しアップの設定ではあったのだが・・・ アンテナのクロス配置も前後に距離を離してきっちりできていた。

スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« 2.4GHz 受信機アンテナ & リチューム電池セルバランス  | h o m e |  第104回レガッタ »

コメント


折角、綺麗に修理したのに、壊してしまいすいませんでした。今から想えばサークリングした時のスピードが出ていたのでしょうか。しかし、あれ位のスピードで万歳するのであればダイブしてループすれば、簡単に万歳してしまいそう?時岡
【2017/06/02 17:48】
URL | 時岡です #01UzPll. *編集*

今から思うと翼根カンザシ部上下にグラスクロスを貼っておけば良かったと思いますが・・・
先週はループさせても何ら不安な感じは無かったのですが・・・

まあ後悔先に立たずと云いますからね。
さて、気を取り直してもう一度修理を楽しみますか・・・
【2017/06/03 15:50】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1467-6608400d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top