ソアリング & セーリング日記 雪の帆走会

06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

雪の帆走会 


2017.01.15
Sun
13:53

最高気温6℃、6m超の強風で体感気温は氷点下、加えて時々吹雪という過酷な環境での帆走会だった。
s17011508.jpg
集まったのは常連の大内さん、三徳さん、私に加え、多田さん、蔵本さんが今年初めてのセーリングだ。
s17011506.jpg
昨日の強風ではBリグでも大変だろうと思って、急遽高さを15cmほど下げたCリグのメインセールを40μのトレーシングペーパーで作ってみた。初めてのセール作りなので貼り合わせが必要なマルチパネルは無理でとりあえず1枚物だ。ジブはBリグのまま。わくわくで試走させてみると まあいい感じだ。
s17011502.jpg
ところが実際にレースしてみると微妙に置いていかれる。風がせいぜい4~6mと弱いのだ。これはいかんとBリグメインセールに換装。1時過ぎにはまだ青空だった。
s17011504.jpg
温泉に行っていたという山田さんが顔を出し、温かい缶コーヒーを差し入れしてくれた。ありがとうございました。2時過ぎには黒雲が迫り、雪になった。
s17011505.jpg
s17011509.jpg
2時半過ぎには休日出勤していたという篠原さんが立ち寄ってくれた。せっかく来てくれたので私のシーウインドでレースを楽しんでもらって、私は撮影。
s17011510.jpg
蔵本さんはやっとシーウインド(カーボン艇)を手にいれて、自艇で初レース。
s17011511.jpg
スタート。雪が止んですっかり穏やか。蔵本艇Aリグでもほとんどヒールしていない。
s17011512.jpg
上マークに向かう。
s17011513.jpg
サイドマークを回航して下マークに向かう。
s17011514.jpg
s17011515.jpg

4時前になって久しぶりにアウトドア少年が顔を見せた。多田さんがシーウインドを触らせていたが、艇が少ないので三徳さんがDF65を出してやった。しばらく走らせていた少年が突然ダウンジャケットを脱ぐので、どうするのかな?と見ていたら袖を通さずに肩にかけ、プロポを持った手をダウンの内側にして多田さんに頼んでファスナーを締めてもらっていた。自分で考えての防寒対策に感心してしまった。いつも外で遊んでいるだけにたくましい。サバイバル力があるなぁ!
s17011516.jpg
4時半頃に撤収。

前日の20m近い強風を受けてついにAブイが流されて、金色ブイも横倒しになっていた。先月から横倒しの赤ブイと、ピンクが剥げたブイと合わせて4個のメンテナンスが必要だ。
ほぼ1年間無事だったブイだが、冬場の強風にさらされてかテグスのアンカーロープが切れたり、直立錘用のナイロンファスナーが切れているようだ。やはりちゃんとしたロープを使った方がいいかも。昨日、山田さんにトラックを出してもらって塩江からボートを取ってきているのでレガッタまでには修復予定。
スポンサーサイト

category: ヨット

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 鶴市  | h o m e |  蓮池 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1406-461bffa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top