ソアリング & セーリング日記 お手軽中国江南の旅 3

10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

お手軽中国江南の旅 3 


2016.12.10
Sat
11:55

3日目は上海に移動して市内観光。外灘北端のガーデンブリッジから浦東地区の高層ビル群を臨む。現代上海を象徴する風景だ。
s161210030.jpg
7時に1階レストランが開くのを待って朝食。入り口でコックが小さなワンタンを黙黙と作っていたが、麺の準備がまだのようで洋食。
s161210003.jpg
食べ終わる頃になってやっとワンタン麺をGet。麺はかなり細く 出汁は黒色、味が濃いかなと思ったがそうでもなく、つるりと入るワンタンと相まって抜群に美味しかった。ごちそうさま。
s161210004.jpg
8時にホテル出発。
s161210006.jpg
30分ほど走って蘇州郊外のSAで早目のトイレ休憩。
s161210008.jpg
現地ガイドさんと一緒に写真を撮らせてもらった。運転手の兄ちゃんも写っている。
s161210009.jpg
1時間ほど走って9時半、上海に入ると渋滞に巻き込まれるようになった。土曜なので通勤ラッシュではないが平日車に乗れないサラリーマンが休日に車を出すとの事だった。
s161210010.jpg

10時過ぎには3回目のショッピングとして真綿ぶとん工場直営店を訪問。真綿と聞くとシクラメンのかほりを連想するが、絹のワタだというのを初めて知った。ここでは2匹のカイコを一緒にして繭を作らせることで繊維が絡み合った大きな繭にするそう。1匹のカイコの繭からは絹糸を取り出すことができるが2匹繭からは取り出せない。カイコを取り出したあと袋状の繭をどんどん引き伸ばして1.5m角くらいにしたものを何枚も重ねて1枚の掛布団に仕上げていた。羽毛布団より軽くてホコリが出ない、保温性が高い、抗菌作用があるとの謳い文句につられて何人か買い求めていた。(写真無し)

11時半頃には上海市の北部にある魯迅公園に到着。
s161210012.jpg
s161210014.jpg
魯迅記念館を自由見学。
s161210020.jpg
ジオラマ発見
s161210015.jpg
文学には興味なく、見学時間5分くらいで早々に退出。
s161210017.jpg
気持ちいい公園だ。
s161210022.jpg
文豪魯迅を意識してか、公園内には有名な文豪の像が何体かたてられている。この人はゲーテ。
s161210024.jpg
何の集会?このあと全員でコーラスをしていた・・・
s161210025.jpg

外灘に移動して外白渡橋いわゆるガーデンブリッジを渡る。
ss161210027.jpg
カミサンは戦前両親が上海で暮していた時の写真を持ってきていて、ガイドに見せると 今も当時の建物が残っているとの事。
garden bridge
これが現在、ビルは上海大廈ホテルとして現役で使われている。
ss161210034.jpg
ブリッジは結婚式の前撮り場所として人気があるようだ。肩出しのウエディングドレスは寒いだろうな。
s161210036.jpg

ガーデンブリッジから南に2kmほど、豫園地区に移動。
s161210042.jpg
豫園商城入り口
s161210043.jpg
s161210044.jpg
すごい混雑だ。
s161210045.jpg
商城の中のレストランで昼食。もう1時になっていて、朝食が早かったのでかなり空腹だ。
s161210046.jpg
料理が少ないなと思っていたら、あとから小籠包や肉まん、餃子などの点心が出てきて 結構美味しかった。
s161210048.jpg
食後商城の中心に移動。
s161210049.jpg
ここで20分ほどのフリータイム。
s161210051.jpg
池の向こうが豫園。蘇州の留園と似た庭なんだろうな。
s161210054.jpg
屋根と屋根の間に浦東の上海タワービル(632m)が見え、新旧対比が面白い。
s161210056.jpg
上海老街では竹足場が使われていた。
s161210059.jpg
老街の門
s161210060.jpg

バスで10分ほど移動して聞茶。杜仲茶と黒茶ともう1種類を味わったが やはり日本の新茶がいいなぁ
s161210061.jpg 
焼き物の小便小僧。水につけた像を立てて頭から熱湯をかけると おちんちんから水が勢い良く飛んで笑ってしまった。1回しか見せてくれなかったので写真を撮れなかった。
s161210062.jpg

豫園の西1kmほどの所に上海博物館がある。4時で入場締切の20分前だったので5分ほどの行列で入場できた。
s161210063.jpg
いろいろなポーズの獅子
s161210064.jpg
入館料は無料だが、なかなか立派な建物だ。最上階の4階から駆け足で見学開始。
s161210067.jpg
唯一興味があったのは、2階の古代陶器館。 これは何の行列だろうか?
s161210068.jpg
繊細できれいな仕上がりだ。マイセンやリアドロの陶器に影響を与えたのだろうか?
s161210073.jpg
s161210074.jpg
s161210075.jpg
歩き疲れてスターバックスでカプチーノを頼んでしばし休憩。
s161210076.jpg
4:40 そろそろ集合時間だ。
s161210077.jpg

博物館の1.5kmほど南の田子坊に移動。表通りでバスを下りて2、300mを速足で歩いた。
s161210078.jpg
5:10 20分のフリータイムをもらって路地散策開始。むき出しの電線が低い位置にはりめぐらされていて危なそう。
s161210079.jpg
中国国旗が並ぶ通り。
s161210081.jpg
明るい店先にて。 似顔絵を描く店もあった。
s161210087.jpg
点心の店。
s161210089.jpg
s161210091.jpg
耳かきの電飾看板。
s161210092.jpg

6時 外灘から浦東地区のライトアップを車窓から眺めながら
s161210095.jpg
夕食会場のホテルに到着。
ss161210097.jpg
高知から参加の8人グループに混じって食事。このツアー最後のレストランでの食事になるが、中々美味しかった。上海蟹は120元(2100円)との事だったが、どなたも頼まなかったようだ。
ss161210099.jpg

オプションの上海雑技団の会場に到着。唐さんに連れられて14人が参加。ショーは7:30開始だそう。
s161210103.jpg

7:40 オプションに参加しなかった5人は唐さん抜きで上海郊外のRadisson Hotel にセルフチエックイン。
s161210106.jpg
広くてきれいな部屋だった。
s161210109.jpg 
明日は早くも帰国の日だ。出発が早いので9時半には就寝。
本日の歩数 14,100歩
4日目に続く
スポンサーサイト

category: 海外旅行

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« お手軽中国江南の旅 4  | h o m e |  お手軽中国江南の旅 2 »

コメント


上海のスケールとパワーにはただただ圧倒されますね。
外灘(わいたん)よかったですね!
【2016/12/20 20:05】
URL | ショージ #- *編集*

上海、活気がありましたね~。
外灘のビルとガーデンブリッジ、戦前の姿のまま残っていて しかも現役で使われて
いるなんてロマンがありましたね。

上海には20年前に仕事で訪れていますが観光は今回初めて。
当時、浦東地区は開発が始まったばかりで高層ビル群は未だありませんでした。

ビル天辺が栓抜きの形をしたワールド・フィナンシャル・センタービル(森ビル492m)
建設時(15年ほど前)に窓拭き用のゴンドラを吊るすクレーンの商談があったりして
少なからず縁があります。
当初のビルデザイン案では栓抜き穴の形が丸だったんですよ。まあ現実には造り難い
でしょうから四角になったのでしょうね。
【2016/12/21 09:25】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1394-3158988a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top