ソアリング & セーリング日記 お手軽中国江南の旅 2

06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

お手軽中国江南の旅 2 


2016.12.09
Fri
09:58

2日目から観光開始。まず午前中に無錫市郊外 太湖湖畔の三国城を見学。
ここは魏・呉・蜀の三国志をテーマとする5つ星のレジャー施設だそう。
s161209013.jpg 
午後から蘇州に移動。まず世界文化遺産の留園を訪ねた。 
s161209156.jpg
7時から7階のレストランで朝食。
s161209002.jpg
私は和食らしいおかずを選択。最後にご飯をつけようとしたら炊飯器の底に少しだけ残っている状態。レストランが開いてすぐなのに何で?仕方がないので粥のようなものも取ってきたが不味かった。ご飯もパサパサ。味噌汁は味がなく、ワカメはゴワゴワ。失敗だ。
s161209004.jpg
仕方がないので洋食にチエンジした。ハムやチーズ、ヨーグルトも無かった・・・
s161209005.jpg

8時にはホテルを出発して三国城に向かう。
s161209010.jpg
無錫のGrand Park Hotelは左上。三国城はホテルの南西約10km、太湖のほとりに位置する。
map2.jpg
市内の交通状況。郊外に向かったので渋滞は無かった。
s161209011.jpg
40分ほどで三国城に到着。
s161209013.jpg
これは鎧の形から呉の国の兵と思う。等身大よりちょっと大きいかな。
s161209015.jpg
城門をくぐると右手の丘に三国の軍の石像がある。これは魏の曹操の軍だ。
s161209020.jpg
呉の孫堅軍。
s161209019.jpg
これは蜀の劉備・諸葛孔明軍
s161209069.jpg
城内が広いので連結カート(30元/人)で移動することになった。朝早いし風もあって寒かったので歩いても良かった。
s161209024.jpg
赤壁の戦いの映画ロケをしたという池。
s161209027.jpg
s161209025.jpg

呉の国の宮殿に移動してきた。
s161209030.jpg
奥には后が見える。薄着なのか寒そうで顔がこわばっていた。
s161209029.jpg
s161209032.jpg

太湖遊覧船の港は呉国水軍の基地という想定だ。
s161209034.jpg
s161209035.jpg
後方に見える軍船に乗った。
s161209036.jpg
船名を見ると なぜか諸葛亮号とあり、呉の国なのに何故?と思ったが
s161209038.jpg
戻ってきた船の名を見ると周瑜号とあって納得。三国の英雄の名を付けているのだ。
s161209042.jpg
徐々に客が乗り込んでやっと出港だ。
s161209041.jpg
カモメが船に付いて飛ぶ。
s161209050.jpg
s161209059.jpg
1階客室のステージには美女が登場。マイナス1の伴奏に合わせて見事なエレキ琴の演奏を聞かせてくれた。ちょっとだけですが、聴いてみてください。

20分ほどの遊覧で帰港。港の待合室でガイドの唐さんがスマホで無錫旅情を聞かせてくれた。
Youtubeにあったので聴いてみてください。無錫・蘇州の観光名所がいっぱい出てきますよ。尾形大作が1986年に発表した日本の演歌です。


10時半から騎馬戦ショーが始まると言うので馬場にやってきたら、ツアーメンバーの一人が馬に乗っていて「撮って~」と叫ぶのでタイミング良く撮ってあげた。私も乗りたいなと思ったがもう時間が無かった。
ss161209072.jpg

ショーが始まった。なるべく近くで撮ろうと2列目まで下りたら柵が邪魔だ。
s161209075.jpg
s161209079.jpg
軍団が揃った。
s161209082.jpg
s161209103.jpg
迫力がある騎馬戦の様子。
s161209104.jpg
一騎打ち。
s161209107.jpg 
s161209122.jpg
総攻撃?
s161209125.jpg
20分ほどでショーは終わった。
s161209127.jpg
観客席の様子。私は迫力があって結構良かったと思う。
s161209120.jpg

三国城をあとにして15分ほど走って、淡水真珠の工場にやってきた。
s161209139.jpg
工場長が直々に説明してくれた。母貝はカラス貝だそうで、日本の海水真珠と違って核を入れることはないそう。5年ものの貝を開くと1~5mmほどの小粒な真珠が十数個も出てきた。小粒な真珠や形の悪いものは全て粉にしてクリームに混ぜて有効活用しているとの事。ここからは真珠クリームの商談会が始まって、5個買えば2個サービスと言っていたが、3個になり、4個になり、最後は5個、つまり半額セールになってしまった・・・。ネックレスなどを見て30分あまり過ごす。格安ツアーなのでショッピングにも付き合わなくてはいけない。
s161209131.jpg

真珠工場の向かいのレストランで昼食。
s161209133.jpg
料理はこんなもの。川エビ料理が名物らしい。
s161209135.jpg
レストランから出たら果物屋さん。この虎シマの果物の名前は中国発音で聞いたのですぐに忘れてしまった。
試食させてもらったら淡白な味ながら美味しかった。
s161209138.jpg
これで無錫観光は終り

蘇州までの1時間ほどの移動時間は貴重なお昼寝タイム。
蘇州市内中心に位置する世界文化遺産の留園には2時前に到着。30分ほどかけて庭を巡った。唐さんによると留園の入場料は45元(780円)、京都の金閣寺でも400円なのに高~いとの事。格安ツアーの中でも特別にコストを掛けた事を伝えたかったのだろう。
sp161209124.jpg
金魚のモザイク
s161209145.jpg
s161209147.jpg
奇岩が多いが良さが分からない・・・
s161209152.jpg
鶴だ。
s161209153.jpg

2kmほど西の運河沿いに建つ寒山寺にやってきた。
s161209158.jpg
s161209160.jpg
張継の七言絶句
月(つき)落(お)ち烏(からす)啼(な)きて霜(しも)天(てん)に満(み)つ
江楓(こうふう)漁火(ぎょか)愁眠(しゅうみん)に対(たい)す
姑蘇(こそ)城外(じょうがい)の寒山寺(かんざんじ)
夜半(やはん)の鐘声(しょうせい)客船(かくせん)に到(いた)る  
ss161209163.jpg
s161209162.jpg
橋上にて
s161209165.jpg
寒山寺に入場
s161209167.jpg
山門
s161209166.jpg
キンキラキンの仁王像
s161209169.jpg
中庭
s161209172.jpg
屋根の上に三蔵法師や孫悟空らしい像。この御一行も寒山寺を訪ねたのだろうか?
s161209174.jpg
五重塔の二階に上がれるらしいので
s161209175.jpg
上がってみた。
s161209177.jpg
s161209182.jpg
s161209183.jpg

留園の東500mくらいの所にある山塘街を歩き
s161209184.jpg
s161209185.jpg
s161209187.jpg
s161209188.jpg
町外れの船着き場に到着。
s161209190.jpg
座席の高さが水面くらいと低い船で山塘河を下る。川幅は狭く、両岸の民家は見られる事を意識してなく生活臭にあふれていた。正直汚くて目をそむけたくなった。
s161209192.jpg
川幅が広がってほっとした。
s161209193.jpg
虎丘という斜塔が遠くに見える。
s161209195.jpg
蘇州と言えば蘇州夜曲。一青窈と松浦亜弥の歌でもう一度名所めぐりをどうぞ。


このあと刺繍研究所に移動して有名らしい両面刺繍を見た。撮影禁止だったので入り口の大屏風だけ撮らせてもらった。きれいだけど我が家には全然似合わないし、置くスペースもない。
s161209197.jpg
西洋画を元にした作品や動物、植物などの作品をひととおり見て、みやげ物を見て・・・
そろそろ出るかなと思うが現地ガイドの唐さんが居ない。仕方がないのでみやげ物部屋の片隅の椅子に座って手持ちぶさたに30分以上待たされたかな。

昼食と同じように刺繍研究所の横のレストランで5時過ぎから早目の夕食。唐さんにテーブルを俯瞰して写真を撮ってもらった。
s161209199.jpg
雅都大酒店 Aster Hotel には6時40分頃にチエックイン。ここも5ツ星らしい。
s161209201.jpg
部屋の様子を撮って
s161209203.jpg
外に出てみたが 繁華街ではないので見るものもない。ホテルの外観を撮って早々に引き返した。
s161209205.jpg
本日の歩数 12,500歩。 9時頃には早々と就寝。
3日目に続く 
スポンサーサイト

category: 海外旅行

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« お手軽中国江南の旅 3  | h o m e |  お手軽中国江南の旅 1 »

コメント


雄大な湖に情緒あふれる運河。無錫っていいところですね。ブログの写真から旅の香りが立ち上がってきます。三国志ファンにはたまらないですね。(ちなみに馬上の赤革ジャンの勇姿は私です)
【2016/12/20 20:08】
URL | ショージ #- *編集*

ジョージさん コメントありがとうございました。
三国城、良かったですね~!
久しぶりに三国志の英雄達を思い出しました。ジョージさんは詳しかったですね。
乗馬体験はできなかったけど、騎馬ショーも迫力があって良かった。
ジョージさんの乗馬姿、背筋が伸びていて格好いいですよ~。
【2016/12/21 08:58】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1393-7169eb2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top