ソアリング & セーリング日記 ブイ打ち用ボート

10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

ブイ打ち用ボート 


2016.10.24
Mon
13:32

藤目さんの紹介でFRPボートが入手できた。大きさは約1.4m×3m、重さ約40kg。ゴムボートに比べてかなり重いが底がしっかりしているので安心して乗れそうだ。
s16102402.jpg
3分割式になっていて1.4×1.2×0.5mくらいの比較的コンパクトな大きさになる。
s16102401.jpg
最近やっとブイが安定してきていて1月末に横倒しになった赤ブイを直して以来ゴムボートの出動はない。3台目になるゴムボートは最外気室に穴が開いているようで、さてどうしようかと思っていたので、タイミング良く いい物をもらえたと思う。
藤目さんから釣用のボートの出物があるとの連絡をもらって、10月5日に山田さんにお願いしてトラックを出してもらって取りに行った。山田さん宅に置いてもらうにはちょっと嵩張るので そのまま山田さんの塩江の秘密基地(別荘)に運んで置かせてもらった。その時に組み立ててみるつもりだったのだが、ちょうど大雨になり 後日に延期。
時々秘密基地に行く山田さんから連結ボルトみたいな部品が無いのでどう組み立てるのか分からないと連絡を受け、藤目さんに前オーナーに確認してもらったが「ちょっとしたコツがある」との情報だけしか得られず。

レガッタ明けの午後から山田さんと秘密基地を訪問。ここは雑多なものがたくさんあって大人のおもちゃ箱のようで楽しい空間だ。最近作ったと言うゴルフ練習用ネットがあり、何故か20ft級のヨットが鎮座している。手前は家庭菜園だ。ヨットの奥には小屋があり、井戸もある。
s16102405.jpg
2週間放置していたボートを確認。良く見ると接合フランジが溝形状になっている。これははめ込み式だとすぐに理解できた。
s161024011.jpg
前部に中央部をはめ込んで、後部をはめ込んだら形になった。風呂いすのような部品もあり、これは中央と後部の接合フランジを跨がせて置くとぴったり収まった。
s16102404.jpg
連結部品を探すと8mmほどのL形のボルトにワッシャが入ったものが見つかった。これを上からねじ込むと下側フランジにネジが切られていて簡単に締め付けられた。大丈夫かなと思うくらい頼りないボルトだが、波のない池で使うには問題ないだろう。
s16102403.jpg
泥で汚れていたのを水で洗い、当面使わないので分解してブルーシートでカバー。
s16102407.jpg
1時間ほどで作業終了。帰路についた。山田さん ありがとうございました。
スポンサーサイト

category: ヨット

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 鶴市  | h o m e |  第97回蓮池レガッタ »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1372-293af6cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top