ソアリング & セーリング日記 イベリア半島センチメンタルジャーニー 11 セゴビア、帰国

10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

イベリア半島センチメンタルジャーニー 11 セゴビア、帰国 


2016.07.10
Sun
09:59

長かった旅もいよいよ最終日、時を惜しむように午前中観光だ。まずはローマ時代の水道橋を間近に見る。
s160710015.jpg
そして街の中心のカテドラル。大聖堂の貴婦人と呼ばれているそうで、白くてきれい。ゴシックの尖塔は多いが壁面はフラットでシンプルだ。ゴシック様式のカテドラルとしてはスペインで最も新しく16世紀に着工して200年ほどかけて完成したそうだ。
s160710045.jpg
7時過ぎ、熱気球がゆっくりと上って行った。
s160710001.jpg
7時半から朝食。
s160710004.jpg
本日のBGMはアルベニスのスペイン組曲からタンゴをどうぞ。


8時50分にホテルを出て水道橋まで10分かからずに到着。
エルヴァスの水道橋に比べて華奢に見えるが、ローマ時代から2000年も持っているのだから大したものだ。帰国してからの世界遺産番組でローマ時代の建造物の秘密があったが、驚異的な耐久性は火山灰を混ぜたローマン・コンクリートにあると言う。
s160710005.jpg
日曜なのでこれからサイクリングに出かけるようだ。ヨーロッパの田舎を走るのは気持ちいいだろうな。
s160710009.jpg
ローマ、セゴビア云々とあるがロームルスとレムス兄弟を育てたローマ建国の狼ではないか。
s160710013.jpg
無数のツバメが飛び交う。

階段を上がって
s160710019.jpg
水路がほぼ目線レベル
s160710022.jpg
水路が見えないかさらに上がってみたがちょっと足りない。いずれにせよ現在は使われていないので水が流れているはずないか。
s160710023.jpg
水路に沿って上がっていくと
s160710025.jpg
猫がのんびりしていた。
s160710026.jpg
s160710030.jpg
サン・マルティン教会。
s160710033.jpg
カテドラルのドームが見えていた。
s160710038.jpg
s160710039.jpg
マヨール広場に出るとカテドラルが正面だ。現地ガイドのお嬢さんと。
s160710047.jpg
カテドラル内部。
s160710048.jpg
主祭壇かな?
s160710049.jpg
s160710050.jpg
s160710052.jpg
s160710053.jpg
カテドラルを出てマヨール広場の対面
s160710055.jpg
s160710057.jpg
路地を歩いて行く。
s160710058.jpg
隙間からアルカサルの塔が見える。
s160710060.jpg
s160710059.jpg
ディズニー映画 白雪姫の城のモデルになったという城だが、修復工事中だ。
s160710064.jpg
スペイン内戦時の像かな? 誰がために鐘は鳴る・・・
s160710067.jpg
崖を迂回して下る。
s160710070.jpg
s160710073.jpg
s160710080.jpg
s160710081.jpg
11時過ぎには城の下でバスに乗り マドリッド空港に向かう。

1時間半ほどで空港近くまでやってきた。標識にサラゴサとあるので大丈夫かなと思ったが空港はマドリッド市街を抜けた北東にあるのだ。
s160710089.jpg
空港に到着。やれやれ
s160710090.jpg
チエックイン カウンターに並んだら大勢の日本人小学生。聞けば1週間ほどこちらでサッカー交流していたとか。未だ夏休み前だろうし、費用もかかるし、親御さんは良く出してやったものだと思う。まあ、いい経験になるだろうけど・・・
s160710091.jpg
チエックイン終了。ドバイ行きの席は42Jと81Dとおもいっきり離れていた。満席で並び席が取れなかったらしい。
s160710092.jpg
出発ゲートを確認するも、ものすごい便数だ。搭乗券にはS29とあったり、S31とあったりで どっちが本当?S29が正解だった。
s160710093.jpg
各ゲートへはシャトル電車で移動する。地下鉄のようにトンネル内を結構な速度で10分ほど移動。どこまで行くのだろうかと思うくらいだった。とても関空の比ではない。帰国して地図を見てびっくり空港の広さはマドリッド旧市街がすっぽり入るくらいあった。
s160710094.jpg
Sターミナルに下りて最後のショッピングタイム。チョコや化粧品を買った。

14:50には搭乗開始。機体はまた総2階のA380、これが満席だなんて・・・
s160710096.jpg
イベリア半島を離れて地中海、マヨルカ島上空あたりで3Dフライトナビを暇に任せて撮影。
 
離陸して2時間も経って17時頃になってやっと食事。
s160710098.jpg
7時間半ほどの飛行でドバイ空港着。日付が変わって7月11日0:45

s160711099.jpg
関空行きEK316便には2時半頃に搭乗。やはり2時間ほど経って夕食。肉と白ワイン。ご飯が美味しかった。
s160711101.jpg
3時間ほど経過。雲の下に山ひだが見える。雲の上に出た頂も。ヒマラヤ山脈の南を飛んでいるようだ。
s160711103.jpg
7時間半ほどの飛行(着陸1時間ほど前)で食事。日本時間では15時過ぎなので早い夕食か。例によって私は魚。照り焼きで美味しかった。
s160711106.jpg

関空には17時頃に着陸。
素早く入国審査を受け、スーツケースを取って添乗員さんやメンバーの皆さんにお別れ。
通関チエックを受けて40分には出られ、18時5分発のバスに楽勝で乗れた。
高松着21時半。10時前には帰宅でき、13日間閉めきっていた部屋に風を入れた。
おしまい  長~い旅行記をみていただき ありがとうございました。
スポンサーサイト

category: 海外旅行

trackback(0) | comment(3) | 記事編集

go page top

« 鶴市  | h o m e |  イベリア半島センチメンタル・ジャーニー 10 サラマンカ、アビラ »

コメント


スペイン、ポルトガルの旅ではご一緒させていただき、ありがとうございました!
川上さんのブログを見ながら、各都市の事を思い出しています。詳しい内容なので、いい復習になります!
昨日はBSでスペイン特集をやっていて、特にセゴビアについてのエピソードが面白かったです。
【2016/08/07 19:00】
URL | みやけ #- *編集*

みやけさん 長~い記事でしたが見ていただいたのですね。
コメントを残していただき ありがとうございました。
帰国して約1カ月、スペインも暑かったけど日本の夏も厳しいですね。

先日、和歌山11の一人と電話で話しする機会がありましたが、
彼らはあれから既に中国九寨溝と黄龍へ行ってきたそうですよ。
毎日1万8千歩ほど歩いたそうで、元気ですね~。中国も暑かったそうですよ。
【2016/08/08 18:48】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

和歌山11の方々、もう中国にも行かれたのですね!猛暑の中、毎日18000歩も歩くとはなかなか過酷な旅のようですが、素晴らしい景色だったのでしょうね。うらやましいです!
またお話しされることがありましたら、よろしくお伝えください。
【2016/08/11 14:31】
URL | みやけ #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1343-8e1f4b4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top