ソアリング & セーリング日記 イベリア半島センチメンタル・ジャーニー 9 ポルト

10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

イベリア半島センチメンタル・ジャーニー 9 ポルト 


2016.07.08
Fri
10:24

本来のツアー行程ではポルト~サンチャゴ・デ・コンポステラ間230kmを往復するようになっているが、2回目なのでパス。離団届けを出してポルトに残ってのんびり観光とした。
観光のハイライトはドウロ川から見上げるだけだったドンルイス1世橋を徒歩で渡った事。さらにその上ピラール修道院の展望台に上がってドウロ川と旧市街を飽かずに眺めた。
s160708112.jpg
7時過ぎから朝食。
s160708001.jpg
s160708003.jpg
8時半にはサンチャゴ・デ・コンポステラへ行く皆さんを見送った。行かなかったのは我々だけ。

11時頃まで部屋で休息。時間に縛られずに自由にできてありがたい。
そしてタクシーで街歩きの起点、アルマス教会のある交差点には11時40分に降り立った。
s160708005.jpg
これがアルマス教会。アズレージョで覆われている。
s160708008.jpg
教会内部はごく普通。
s160708010.jpg
ポルトのメインストリート、サンタ カタリーナ通り。
s160708013.jpg
トンネルのようなデザインの靴屋
s160708012.jpg
アコーディオンの音が聞こえてきた。

からくり時計が正午を告げた。人形がぐるぐる回っていたらしいのだが見上げた時には終わりかけていた。
s160708016.jpg
s160708020.jpg
バターリャ広場に建つサント・インデフォンソ聖堂。バターリャは戦いという意味だったかな。
s160708021.jpg
カモメが舞い降りてきた。
s160708027.jpg
パンくずをやる人がいるんだ。
s160708030.jpg
ポールに止まろうとホバリング姿勢のカモメ。羽根が垂直に立って急ブレーキ。
s160708035.jpg
s160708037.jpg
1月31日通りをサン・ベント駅に向かって下る。
s160708038.jpg
サン・ベント駅もアズレージョで有名。
s160708040.jpg
s160708041.jpg
s160708043.jpg
プラットフォーム。改札がないので列車の近くまで行ける。
s160708046.jpg
s160708049.jpg
s160708055.jpg
駅の西にはシルヴェイラ通り(左)とフローレス通りがのびる。フローレス通りは歩行者天国のようだ。
s160708054.jpg
アフォンソ・エンリケス通りからサンタクララ教会の方に寄り道。城壁?
s160708060.jpg
台座にアーナルド・ガマとあった。19世紀の人だ。サンタクララ教会はこの奥にあったようでたどりつけず。
s160708061.jpg
再びアフォンソ・エンリケス通りに戻ってドンルイス橋に向かって下っていく。ずっと下り坂なので楽ちん。
s160708064.jpg
橋に着くと、地下かたトラムが出てきた。
s160708065.jpg
橋の西側を見下ろすと斜面が朝顔に覆われていていた。何かの廃墟なのかも知れない。
s160708067.jpg
南岸のサンデマンを見下ろす。西風が強いので帽子が飛びそうでかぶっていられない。
s160708070.jpg
橋が上昇風を起こしカモメが舞う。
s160708073.jpg
s160708074.jpg
s160708077.jpg
s160708079.jpg
トラムがやってきた。3~5分おきくらいかな、結構頻繁に走っている。
s160708082.jpg
東側(ドウロ川上流)には橋が3本重なって見える。
s160708083.jpg
s160708084.jpg
ラベロ船
s160708085.jpg
4~5mの西風(海風)があって涼しくて気持ちが良かった。またまたトラムがやってきた。
s160708088.jpg
南岸に渡った。上層の長さは395mとの事。
s160708102.jpg
s160708096.jpg
セーラー・ド・ピラール修道院のテラスに上がってみた。
s160708103.jpg
30mほどの高さがあるので橋を俯瞰できる。
s160708104.jpg
修道院。
s160708107.jpg
s160708114.jpg

テラスから下りて近くにあったバールで昼食。ビールが喉にしみる。旨~い!
s160708119.jpg
5分ほどでハンバーガーがやってきた。もう2時近くになっていてお腹はペコペコ。大変美味しく感じた。
s160708121.jpg
こぼれた中身を地面にまくとハトがやってきてきれいに片付けてくれた。
s160708122.jpg
エネルギーを補給して元気もりもり。次はクルーズだ。船乗り場は対岸にあるので橋の下層(174m)を渡ることにした。
s160708127.jpg
対岸の城壁前の斜面にはケーブルカーが見える。
s160708130.jpg
ここからの橋の眺めも良い。
s160708131.jpg
s160708135.jpg
橋の下層は自動車道。歩道が狭くて一人分の幅しかない。
s160708136.jpg
船乗り場
s160708137.jpg
ウッドデッキを下りていく。
s160708141.jpg
ラベロ船の形の小さな船は少人数用のチャーター船かな?
s160708142.jpg
岸辺にはレストランが並んでいる。ここで食べても良かったんだ。
s160708146.jpg
50分のクルーズに申し込んだら€12.5。約1500円。
s160708148.jpg
クルーズ船が戻ってきた。
s160708151.jpg
10分ほど待つと大勢の客が溜まって、乗船開始。
s160708152.jpg
クルーズのBGMに暗いハシケはどうだろうか。真夏のクルーズは明るかったけど・・・

列の先頭だったので最前列の外席を確保できた。
s160708153.jpg
こんなにぎっしり乗り込んで3時に出港。
s160708154.jpg
まずは上流に向かいドンルイス橋をくぐる。
s160708155.jpg
城壁。
s160708159.jpg
これはドナ・マリア・ピア橋。電車用の橋で上層しかない。
s160708161.jpg
ゴムボートが出ていた。
s160708162.jpg
これはサン・ジョアン橋。モダンなPC橋でやはり電車用。
s160708163.jpg
この先でUターン。
s160708167.jpg
下流に向かう。
s160708171.jpg
s160708172.jpg
s160708173.jpg
アラビダ橋
s160708174.jpg
小さなクルーザーとすれちがう。
s160708176.jpg
高速のモーターボート。派手なスピンターンを見せていた。
s160708177.jpg
川の上にバイパス道路を作っている。
s160708179.jpg
アラビダ橋が最河口の橋だ。
s160708180.jpg
河口にはヨットハーバー
s160708182.jpg
河口でUターンしてドンルイス橋近くの船着場に戻る。
s160708187.jpg
上流から赤いクルーザーが上ってきた。
s160708188.jpg
s160708190.jpg
さっき下って行った3艇がクローズホールドで上ってきた。
s160708193.jpg

50分のクルーズ終了。旧市街へは上り坂、さあ元気にショッピング。
s160708201.jpg
ミルカの牛を発見。このあたりで買い物は諦めて、早めにホテルに戻ることにした。
s160708202.jpg
エンリケ航海王子広場の下のタクシー乗り場には年代物のベンツのタクシー。おじいちゃん運転手にイパネマパークホテルと言ったら大きくうなずいてスタート。
s160708204.jpg
朝は山側の道だったが帰路は川沿いの道だった。すれ違った市電には人があふれていた。
s160708205.jpg
s160708206.jpg
ホテルに荷物を置いて、山側のスーパーへ行ってみた。ジャカランダ。アサガオといい、ポルトガルは青い花が多いなぁ。
s160708209.jpg
LidoLと言うスーパー。ここもわかりにくかったが所々に案内標識があって何とかたどりついた。
s160708213.jpg
ピンクの花を発見。泰山木かな
s160708216.jpg
水などを買ってホテルに戻ってきた。
s160708217.jpg
8時にコンポステーラから戻ってきたツアーメンバーと共に夕食。
s160708219.jpg
本日の歩数 14,400歩 意外に少なかった。
10日目に続く
スポンサーサイト

category: 海外旅行

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« イベリア半島センチメンタル・ジャーニー 10 サラマンカ、アビラ  | h o m e |  イベリア半島センチメンタル・ジャーニー 8 コインブラ、ポルト »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1341-6edc74c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top