ソアリング & セーリング日記 イベリア半島センチメンタル・ジャーニー 1 バルセロナ

09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

イベリア半島センチメンタル・ジャーニー 1 バルセロナ 


2016.06.30
Thu
16:34

6月のレガッタを終え、恒例の海外旅行に出かけた。
本当はスイスに行きたかったのだが希望コースが催行されないようなので、再訪となるがスペイン・ポルトガルを13日かけて巡るコースに決定。イベリア半島はさすがに広く、主要都市を結ぶバス旅の走行距離は3000kmを超えハードなものだったが体調を崩すこともなく元気に走破。体力的にまだまだ遊べそうと自信を深めた旅でもあった。
24時間以上かけてたどり着いたのはスペイン第二の都市バルセロナ。18年目の再訪であったがサグラダ・ファミリアには依然としてタワークレーンが建っていて工事中。建設とメンテナンスが並行して行われているようだった。
s160630058.jpg
前回は足場と資材置き場にすぎなかった教会内部は見事に完成していて、まるで森のなかに居るような心地良い空間に仕上がっていた。ガウディは天才だ。
s160630069.jpg
29日(水)14:44 ゆめタウン発のバスで出発。関空には18:30過ぎに到着。集合は21:10なので2時間半ほど待った。
本当は2時間ほど遅い便があれば良いのだが、最終便なので仕方がない。
ユーロに両替すると€250が28,962円。為替レートは115.85円だった。1年半前のベネルクス旅行の時は141.3円だったので2割強円高でラッキー。
何とか時間をつぶして受付を済ませ、エミレーツ航空カウンターでチエックイン。セキュリティチエックを経て出国審査。シャトルに乗ったのは22時過ぎ。23:40発のドバイ行きエミレーツ航空EK317便は日本航空JL5099便とコードシェア便になっていた。
s16062904.jpg
登場口にやってきた。機体はB777-300ER(442人乗り)
s16062905.jpg
23時には搭乗開始。
s16062906.jpg

EK317は定刻にプッシュアウトして、北に向けて離陸。瀬戸内海を真っ直ぐ西に縦断。ヨーロッパ各国へ向かう時は舞鶴あたりを目指して北上するが、ドバイは関空より南にあるので西に向かうんだと納得。最近はエアナビでルートや現在地がいつでもチエックできるので退屈しない。
30日(木) 離陸して1時間ほどで夕食タイム。魚とご飯の日本食メニューを選び、白ワインを飲んだ。
s16062908.jpg
食事が終わると照明を暗くしてお休みタイム。天井にはLEDが組み込まれているようで、銀河のように見える。
s160630001.jpg

一寝入りして着陸1時間半前くらいに朝食。やはりしばらく食べられない和食を選択。
s160630002.jpg
飛行時間10時間弱、ドバイには現地時刻4時(日本9時)過ぎに着陸。ドバイはペルシャ湾とオマーン海を分けるホルムス海峡に突き出したムサンダム半島の西側 中ほどに位置する。
s160630003.jpg
飛行機から下りる時のお約束、美人のお姉さんとツーショットで ご機嫌♪
s160630004.jpg

ドバイ空港で約3時間半のトランジット。この空港のセキュリティ チエックは比較的穏やかでリュックからPCを出さなくても良いし、水筒を入れていても中身のチエックは無い。飛行機に乗って来たのでこの程度で十分と思う。
ヨーロッパ便の出発ゲート付近には寝椅子席があるので免税店はスルーして確保。ゆったりと過ごした。
s160630007.jpg

8時頃にはバルセロナ行きEK185便に搭乗。機体は総二階建席のA380だ。座席は右側3列の通路側と真ん中、巨大な主翼の上で外界は見えず。定刻にプッシュアウトしたものの、混んでいたのか?そこで小一時間停止。離陸は9時半頃になった。
s160630010.jpg
10時半頃に簡素な朝食。
s160630011.jpg
13時過ぎには昼食。私はやはり魚を選択、主食はサフランライス。午後からの観光を考えてアップルジュース。
s160630012.jpg
バルセロナ空港にはスペイン時刻の14時(ドバイ16時)半頃に到着(関空から22時間もかかった)。ボーディングブリッジを抜けた所でツアーメンバーが初めて集合。全22名で男が13名、女が9名だ。ここで留まったので入国審査場には500人ほどの人で溢れていて、その最後尾に並ばされた。審査ゲートは多いのだがランプが点いているのは8ほど。1時間ほどもうねうねと進んで いい加減うんざりしているのに 休憩に入ったのかゲートがだんだん少なくなって最後は2つ。全く人を人とも思えない のろのろでやる気のない対応だった。

15:20 バスに乗り込んでバルセロナ観光スタート。
s160630014.jpg
まずは市の南に位置するモンジュイックの丘に上がって 東側の港を臨む。
p160630013.jpg
東風が強く、カモメが多数飛んでいた。(コンデジで飛びものを撮るのは大変だった)
s160630021.jpg
s160630022.jpg
階段を下りて市街を臨む北向きの展望台へ。
s160630023.jpg
バルセロナ市街をパノラマ撮影。
pn160630029.jpg
サルダーニャの像も健在だった
s160630034.jpg

モンジュイックの丘を下りて市内観光。 グラン・ビア通りの入り口
s160630038.jpg
世界遺産のカタルーニャ音楽堂を見学。建築家リュイス・ドゥメナク・イ・ムンタネーによってムダルニズマの様式で設計されたコンサートホールで1997年にサン・パウ病院と共に登録されたそうだ。 
s160630044.jpg
s160630042.jpg
車窓からカサ・バトリョ(世界遺産アントニ・ガウディの作品群のうちの一つ)
s160630056.jpg
サグラダ・ファミリア教会周辺では住民の苦情を受け観光バスの停車・降車が禁止されていて、3ブロックほど離れた場所から歩かされた。
サグラダ・ファミリア
教会北東の公園から教会の全貌を撮る。あいにくの西日で逆光なのが残念。
s160630061.jpg
北東の生誕のファサードから入場。ここは前回すでに完成していた。
s160630064.jpg
サグラダ・ファミリア(聖家族):幼少のイエスキリストと聖母マリア、養父ヨセフ
s160630067.jpg
教会内部。まさに自然の森のイメージだ。
s160630070.jpg
s160630071.jpg
ステンドグラスも美しい。
s160630072.jpg
柱の根本にパイプオルガンが見える。
s160630073.jpg
s160630095.jpg 
s160630074.jpg
s160630093.jpg
南西の受難のファサードへの扉は聖書のイメージとか。
s160630076.jpg
受難のファサードの上部、中央2本の塔を結ぶブリッジにキリスト像。
s160630077.jpg
s160630089.jpg
s160630091.jpg
s160630096.jpg
18時過ぎに西ゲートを出ると、南コーナーにはブーゲンビリアが咲き乱れていた。
s160630097.jpg
教会の南東側はマリョルカ通り。道向かいから教会を見上げる。いつになるか分からないが、完成すればこちらがメインファサードになり、通りを越える大きさになると言う。8本の柱の根本が見える。通りの向かいには新しいアパートができていて(市が建築許可を出してしまった)立ち退かない意向。通りの地下には電車を通す計画もあり、振動対策も考慮する必要がある。
現実的にはファサードの大きさはマリョルカ通りまでで収める必要がありそうだ。
s160630098.jpg
3ブロック先まで歩いてバスに乗り、空港のすぐ北にあるホテルには19時頃に到着。

一休みして、20時からホテルのレストランで夕食。 面倒くさくて嫌いなバイキング方式だった。
s160630100.jpg
s160630101.jpg
ホテル外観。
s160630103.jpg
ホテルに隣接したスーパーマーケットで水などを買って22時前に店を出ると、ようやく空が暗くなってきていた。
s160630106.jpg
ホテルの部屋は広いが簡素、冷蔵庫も無かった。
s160630109.jpg
本日の歩数10200歩。シャワーを浴びて23時には就寝。
夜中に左足ふくらはぎが こむら返りして激痛。めったに経験のない事だった。 歩きすぎというほどでもないので水分不足が原因かな?意識して水分を取らねば。
2日目に続く
スポンサーサイト

category: 海外旅行

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« イベリア半島センチメンタル・ジャーニー 2 サラゴサ  | h o m e |  第93回蓮池レガッタ & 鶴市 »

コメント


しばらくブログの更新が無かったので多分旅行かなと思っていたら、矢張り国外脱出していたんですね。
確かスペイン、ポルトガルは2年ぶりじゃなかったのかな?
GDPは日本より小さいとはいえ、重厚な文化遺産の豊富さでは日本の比では有りませんね。(勿論日本には日本の良さがありますが・・・・。)
蛇足ながらエミレーツ航空のCAはエキゾティックなコスチュームが魅力的です。
【2016/07/19 18:03】
URL | 南條 #- *編集*

南條さん コメントありがとうございます。
そうなんです。イベリア半島にワープしていました。
何年前かというと、痛風で歩けなかったポルトガルは5年半前、スペインは18年ぶりの訪問になるんですよ。
ポルトガルはリタイアした年に初訪問しましたが、年月が過ぎるのは早いですね~。会社人間だった頃ははるか昔になりました。
スペイン再訪はガウディのサグラダ・ファミリアの内部を見るのが一つの目的でした。すばらしい空間に仕上がっていましたよ。
エミレーツのCAさん、英国訪問時にも写真を撮らせてもらいましたが彫りの深い美人でした。横の私の顔が汚くてスミマセン。
【2016/07/20 16:19】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1329-f0fa5766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top