ソアリング & セーリング日記 大串 Salto 初スロープ

06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

大串 Salto 初スロープ 


2016.04.02
Sat
14:44

南條さん、高山さん立会のもと2時過ぎからSaltoの初スロープソアリングを行った。30分ほどは東北東の風が3mほどあって、動力無しでも良く浮いて、良く走った。(撮影:南條さん)
s160402025.jpg
高知サーマル大会を翌日に控えてはいたが、東北東の風との予報を受けて 鶴市には行かず大串にやってきた。スロープ機はSaltoとCycloneの2機、明日用のサーマル機もピメンタ、Reiher、イシス、自作HLGを持って来たので合計6機。一応イシス以外の5機を飛ばした。
s160402022.jpg
高山さんは明日用のサーマル機Ka-8とピメンタの2機。機体の準備をしているとメールでお誘いしていた南條さんがトライアンフに乗って駆けつけてくれた。志度の寺田さんは玉藻公園で花見をしていたと返信をくれた。今度キャラウエイを一緒に飛ばしましょう。
s160402023.jpg
高山さんが機体の調整をしている間に、私は南條さんに撮影をお願いしてSaltoの初スロープ。風が幾分弱いのでモータを回そうかなと弱気になったが南條さんにいつも(モータを)回さずに飛ばしましょうと言っている手前、思い切って無動力でGO!
Saltoの重量は1.3kg翼面荷重47g/dm2で、Reiherの980g 26g/dm2 に比べるとかなり重い。
s160402026.jpg
何とか浮きそうだ。
s160402029.jpg
もう大丈夫。翼面荷重が大きい分 良く走って気持ちがいい。
s160402032.jpg
パワーオンで上空に上げると更に条件がいい。背面にしても浮くくらいだった。
s160402043.jpg
s160402046.jpg
s160402054.jpg
Saltoはドイツ語で宙返りとの意味があるので ここはぜひループを行わないといけない。上空に上げてダイブしようと こちらに向けた時に軽い翼端失速があり、意図せずにスピンに入りかけたが抑えられた。十分な加速をして
s160402058.jpg
ゆっくりと引き上げたつもりだが、翼が反るのが見えた。柔らかい翼だなぁ、あまり無理はできないぞ。
s160402059.jpg
s160402060.jpg
s160402062.jpg
ピーク。
s160402064.jpg
s160402066.jpg
また反り返っている。
s160402068.jpg
s160402076.jpg

10分ほど経って ようやく高山さんのKa-8出動だ。あまり飛ばし込んでいないので微調整していたのかな?
s160402086.jpg
Ka-8ソロの翼面荷重は27g/dm2程度なので 当然無動力でGO!
s160402088.jpg
ここからモータONして上空に向かったのだが・・・ 頭上げをエレベータで抑えられず・・・
s160402090.jpg
と思ったら今度はダウンでロックしたようで急降下。エレベータのみノーコンになったとの事だ。
s1604020911.jpg
s1604020921.jpg
落ちた場所はテアトロンに向かう通路の東端。あと2m手前だったら笹の上で助かったのに・・・
s160402093.jpg
ノーズと左主翼が無残な姿になってしまった。明日の電動スケールクラス用の機体が無くなってしまった・・・。
s160402094.jpg

南條さんトライアンフに積めるグライダーとしてロッキーを持参。リポ2セル電池をレギュレータに繋ぐと煙が出て、慌てて外した。BECコネクターの+-を逆に挿したようだ。良く確認して挿し直したがレギュレータが焼けたようでサーボが動かない。ヨット用のリフェ電池があったので受信機に直結したらOK。
s160402098.jpg
力強くGO!(撮影:高山さん)
s160402101.jpg
私も自作HLGでお付き合い。
s160402103.jpg
3時前になると風が南気味に振れていてリフトが悪化。
s160402111.jpg
ハンドランチでぎりぎりのリフトだ。それにしてもロッキーは良く浮くなぁ。
s160402112.jpg
芝生広場でハンドキャッチに挑戦?
s160402105.jpg
いや 普通に着陸でした。
s160402106.jpg
手投げを興味深そうに見守る人。
s160402113.jpg
川上の3番機はCyclone。
s160402121.jpg
高山さんはピメンタ。
s160402123.jpg
s160402124.jpg
こちらは問題なく飛行。
s160402126.jpg
s160402129.jpg
s160402130.jpg
4番機はReiher
s160402131.jpg
s160402138.jpg
s160402142.jpg
s160402145.jpg
無事着陸。ふとエレベータを見ると左右連結部材際のフイルムに亀裂。エレベータを触るとサーボホーンのない側がグラグラ。いつの間にか連結部材にヒビが入っていた。危ないなぁ。
s160402148.jpg
最後にピメンタ同士で滞空コンペ
s160402149.jpg
滞空は高山機の方が良かった。電池を後ろにずらして重心調整しても変わらず。重量は2、30gしか違わなかったはずだが・・・
s160402152.jpg
柵に腰掛けてのんびり飛ばす。4時過ぎには南條さん撤収。お付き合いありがとうございました。
s160402161.jpg
4時を過ぎると観光客も居なくなり、最後に高山さんは明日に備えて
s160402164.jpg
フリスビーを置いて着陸練習。自信を深めていた。
s160402166.jpg
4時半頃に撤収。
瀬戸内アートウエーブの大串からの撤収に伴い “グライダーの聖地 潮風と共にさあ空へ” の看板が取り外されていて残念!
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(3) | 記事編集

go page top

« 第6回 RCグライダー サーマル大会  | h o m e |  鶴市 »

コメント


Ka-8。5年の命でした。
飛行前、各舵の動きを確認したつもりでしたが、スポイラー、エレベーターのミキシングがうまくいかず、そちらに気を取られてエレベーターの確認がおろそかになったようです。(エルロン、ラダーの動きは確認した記憶があるが・・・)
あと少し東であれば、修復可能な状態だったかもしれませんが、何事も無く無事回収できたことで良しとします。
さあ、次は翼面荷重の少ないスケール機にするか、スロープで元気良く飛行できるスケール機にするか、また楽しみが増えました。
【2016/04/04 23:40】
URL | 高山 #Jr4WCcEI *編集*

Ka-8 ご愁傷さまです。
まだまだ直してやれるとは思いますけどね。

私のReiherもエレベータ半分ほどで飛んでいたようで、危ないところでした。
車に積み込み時に尾翼はよく当てる事があるので、飛行前点検が重要ですね。
【2016/04/05 10:10】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

高山さん、愛機のクラッシュ残念ですがこれで新しい機体を作る
踏ん切りがついたと思って諦めましょう。

私もクラッシュのたびにそんな風に考えて自分を慰めています。
しかし、つくづく実機でなくて良かったなあと思いますね。
【2016/04/05 18:13】
URL | 南條 #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1296-767c64a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top