ソアリング & セーリング日記 帆走会

06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

帆走会 


2016.02.14
Sun
14:00

昨日は午後から雨になったが四国地方には春一番が吹いたそうだ。、帆走会当日朝は穏やかだった・・・。
午後から徐々に風速が上がり、2時頃になると10mを超えるブローが吹き荒れて、帆走会は大荒れの状態だった。写真はスタート前のもの。
s16021403.jpg
このあとスタートして上マーク付近でAリグ艇はタックできずに立ち往生。Bリグ艇は何とか回航したものの下りレグでバウ沈が続き、川上艇は下マークを回ってリタイア。
何とか帰還させて艇を持ち上げるとずしりと重い。何とデッキ下4~5cmまで水浸しで危うく沈没するところだった。ハッチカバー前方が僅かに開いていてバウ沈毎に大量浸水に見舞われたらしい。サーボが動いて艇を戻すことができたのは奇跡的なことだった。
1時半に到着すると三徳さんが来られたところ。シーウインド、グレーシャス共にファブリック地のきれいなBリグセールがセットされていた。少し小ぶりな自作艇も持って来られていた。
池の様子を見ると5艇ほど走っていて、ブローでなければまだまだ余裕のようす。
s16021401.jpg
Bリグに換装したグレーシャスのステーを調整して、いざ出艇したもののスイッチ入れ忘れ。何を焦っているのだろうか?久しぶりにやってしまった。北に向かって走り出したが舵が僅かに右に切れていたようでゆっくりとジャイブ。南に向くと西風でバランスしていい具合に南岸に戻ってきた。
s16021402.jpg
このあと模擬レースを開始したのだが風速が上がって全艇サバイバル状態に。レースどころか艇を壊さないように撤収するのに皆手一杯。写真を撮るどころでなかった。スタート前写真をクローズアップ。ドラゴンF飯間艇のフォアステーが切れてノーコン状態。シーウインド大内艇はバウ沈状態。
s16021407.jpg
奥の5艇は左からAリグシーウインド加藤艇、同じく橋本艇、Bリグシーウインド多田艇、Aリグシーウインド前田艇、Bリググレーシャス川上艇。 
s16021408.jpg

続いて2番艇Bリグシーウインドを出艇させたのだがフォアステーが緩ゆるだ。引き返してフォアステーを張るといくらでも引けるではないか。何か変だなと全体を見てみるとバックステーが無くなっているし、マストは前方に曲がっている!慌ててフォアステーを緩めて猛烈な風の中、東土手下に避難。
消化不良なので再度グレーシャスを走らせて、撤収の段になってシーウインドを見たらマストが前傾し、デッキが陥没していた。やってしまった~!
s16021406.jpg

最後まで走っていたのは倉科艇。幾分小さめのBリグだ。ラダーハッチの後方に100gほどの錘を積んでいると言い、幾分バウ沈傾向が穏やか。
このあと倉科さんはドラゴンFでソロ帆走。25μフイルムセールでも破れないと自信を持たれたようだった。
s16021404.jpg
私もグレーシャスに60gほどの錘をテープで仮止めして走らせてみたらバウが心持ち上がっていい感じだった。脱着式で錘を作ろう!
s16021405.jpg
3時過ぎには全員撤収。
スポンサーサイト

category: ヨット

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 鶴市  | h o m e |  2016年 初大串 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1279-f903c1b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top