ソアリング & セーリング日記 鶴市 ルフト2.5初飛行

06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

鶴市 ルフト2.5初飛行 


2015.11.04
Wed
14:32

時岡さんからルフト2.5が完成したとの電話があり、2時頃から初飛行に立ち会った。今回は珍しく2色のシンプルですっきりした配色だ。
s15110402.jpg
時岡さんの機体はこれで何機になったのだろうか?今年だけでもピメンタ2機、ランスに続いて4機目。最近はリブ組サーマル機が続いている。時岡さんのグライダー初飛行を調べたら2009年6月9日。6年あまりで20機は超えていると思うが・・・
千葉さんと、ちょうど休みが取れた佐々木さんも合流した。アーバン(スパン2.1m)を重ねてみると翼の感じが良くわかる。内翼、中翼で50mm、外翼で100mm延長して片翼20cm、両翼で40cmそれでスパン2.5mとなっている。
胴体はヨシオカ100シリーズと同様 薄いABS板を成形した外殻の内側にベニヤを貼り付けた構成で、少々不安。むしろバルサで構成したアーバンの方が強そうに見える。テールパイプ長さも翼長に対して短く感じるので2.2m仕様と共通なのだろう。
s15110421.jpg
舵角、作動、フェールセーフ、重心を見て、グライドテスト。(時岡さん撮影)
s15110404.jpg
s15110407.jpg
s15110410.jpg
s15110413.jpg
非常に良く延びる、浮きのいい機体だ。重量は測っていないそうだ。
s15110417.jpg
モータの型式は聞き忘れたが1200KVとあった。10✕8ペラでは50Aにもなり9✕5ペラに替えたそうだ。モータONでの上昇は ちょっと音は大きいが十分パワフルだった。スポイロン→エレベータミキシングをかけて設定終了。
私のピメンタとの滞空比較ではスパンの大きいルフトの方が良さそうだった。
丸カンザシにしたキャラウエイの復活飛行も行った。
佐々木さんはモータが接触していたアーバンのノーズを削りこんでOK。あとはベルーガで着陸練習を重ねていた。
4時過ぎには地濱さんも顔を出し、キャラウエイを少しだけ触ってもらったが、トレーナーコード無しでいきなりエルロン機の操縦は不安らしく、すぐに交代した。
最後にイシスをちょっとだけ飛ばして5時には撤収。 今回は写真を撮る暇が無かった・・・
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 蓮池  | h o m e |  仲南 紙飛行機大会 デモ »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1245-225c23ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top