ソアリング & セーリング日記 武陵源と鳳凰古城 5

10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

武陵源と鳳凰古城 5 


2015.10.21
Wed
10:40

朝一番で郊外にある南方長城を見学。城壁に上がった広場には路面に大きな碁盤が作られていて碁石代わりの石像があった。一番格好良さそうなのを選んで真似してみたが全然足が上がらず、角度も違っていてNGだった。
s151021046.jpg
そのあと鳳凰古城に戻って昼間の景色を見学。虹橋という楼閣のある橋に上がると涼しい川風が吹き抜けた。
s151021113.jpg
6時半に起床。昨夜と同じ別館のレストランで7時過ぎから朝食。
s151021003.jpg
適当に出された麺を取ったらきしめんより幅広で、スープはほとんど味がなく、あまり美味しくなかった。粥はぬるくてNG。ちょっと料理を取りに行くタイミングが悪かったらしい。
s151021001.jpg
8時にホテルを出発して
s151021004.jpg

鳳凰古城の西15kmほどの所にある南方長城に8時半に着いた。
s151021005.jpg
朝早いので我々が一番乗りだ。早起きは三文の得、気持ちいい~♪
s151021006.jpg

南方長城は明代にミヤオ族の叛乱を防ぐために建設を始め、西暦1622年に完成したそうだ。全長190kmにわたる長城だったが現存するのはこの部分だけのようだ。
s151021008.jpg
石段を登る。
s151021010.jpg
広場に到着。
s151021013.jpg
山に続く石段。
s151021012.jpg
30分ほどで登って下りてこられるらしいが、我々はパス。10人ほど登っていたかな?
sp151021019.jpg
石畳広場には一辺が31.8メートルもある超大型の囲碁盤がある。ここで中韓囲碁団体戦が行われ、黒服と白服とを着て頭に笠をかぶった子供を碁石に見立て、勝負を行ったそうだ。
s151021014.jpg
ここから石を動かす(布石?)を行うようだ。
s151021047.jpg
南側の低い城壁に上がってみた。
s151021024.jpg
s151021018.jpg
西の城門。
s151021028.jpg
広場の北側には中韓囲碁大会の名勝負?を再現したブロンズ像が多数。
s151021029.jpg
対戦者名と石を置いた碁盤があった。
s151021031.jpg
広場を見下ろすとのんびりと馬を引いて行く人がいて、何だか癒される。
s151021036.jpg
s151021040.jpg
駐車場に下りていると、2番手の観光客が上がってきていた。9時20分になった。
s151021049.jpg

10時過ぎに鳳凰市内に戻ってきた。朝市をやっているようだ。大勢の人。
s151021053.jpg
s151021054.jpg

城内に入る。これは文化広場に面した阜城門(西門)。広場の中央には昨夜見た鳳凰の像がある。
s151021055.jpg
城内に入って
s151021056.jpg
うだつが並ぶ通りを歩く。
s151021057.jpg
s151021061.jpg
中営街という狭い通りに入って、沈従文という小説家の故居(家)を見に行ったが教養が無くて、あまり興味なく 写真も撮らなかった。代表作が辺城といいこの鳳凰古城を舞台の小説だそう。
s151021062.jpg
通りの店には現代的な姿の女性が機織りをしていた。
s151021063.jpg
s151021064.jpg
すごい提灯の数
s151021065.jpg
s151021066.jpg
こちらの提灯はデザインが違う
s151021067.jpg
サワガニだ
s151021070.jpg
川魚?が入った篭をかつぐ女性(Iさん提供)
sITO_3911.jpg
北門に上がって甍の連なり。中国の瓦は薄くて小さい
s151021072.jpg
川に沿った城壁の内側。
s151021079.jpg
天秤棒でみかんを運ぶ人(Iさん提供)
sITO_3986.jpg
店頭で飴を伸ばす人(Iさん提供)
sITO_4039.jpg
11時20分には川に出た。長蛇の列は川下りの舟を待つ人。
s151021081.jpg
跳岩と呼ばれる橋を渡ってみた。
s151021085.jpg
s151021092.jpg
10人乗りほどの川舟。
s151021091.jpg
30分弱の大行列をして12時になって何とか乗り込めた。
s151021097.jpg
二艘の舟が並走するので右岸の景色を撮りづらかった。
s151021099.jpg
s151021101.jpg
左岸はOK。
s151021102.jpg
ここでもミャオ族の衣装を着てみる人が見えた。
s151021105.jpg
10分ほどで川下の舟着場に着いた。
s151021107.jpg
楼閣がある虹橋。
s151021108.jpg
虹橋の正面。
s151021109.jpg
太鼓を打ち鳴らす人。(Iさん提供)
sITO_4676.jpg
橋の2階に上がって川を見下ろす。こちらは下流側。
s151021110.jpg
こちらが上流側。
s151021115.jpg
橋の北、虹橋東路に面したレストランで昼食。
s151021116.jpg
0時半に入ったのだが、時間が早かったらしくて 準備が整って 料理が出てくるのに30分ほどかかった。
s151021117.jpg
s151021118.jpg
店の前で写真を撮っていたら、添乗員のFさんが似たポーズで入ってくれた。
s151021120.jpg
東路の西にのびる通り。
s151021122.jpg
ひょうたんの吹き口がついた笛。笛を吹きながら通りを流す人もいたが、ひょうたんに共鳴してか 意外にいい音だった。
s151021123.jpg

午後2時。町外れの駐車場でバスに乗り込んで3時間かけて張家界に戻る。もよりの高速入り口は鳳凰。
s151021124.jpg
3時半 保靖でトイレ休憩。奥さまはコンビニでミルクコーヒーを買っていたが、めちゃ甘かった。
s151021125.jpg
ガソリンスタンド。レギュラー93元(186円)、ハイオク97元(194円)ほどの価格で、日本よりかなり高い。
s151021127.jpg
湖南省のロードマップ。黄枠のIC間、北西部のほんの一部を走っただけ。
s151021126.jpg
午後4:50 張家界の西 青坪ICで高速を下りて、田舎道を走り
s151021130.jpg
市内のBest Western Hotel に5時半過ぎに着いた。鳳凰から3時間半。
s151021131.jpg
最後の晩餐は都会の一流ホテルだけに洗練された料理が出て一番美味しかった。
s151021134.jpg
張家界空港には6時50分に着いた。
s151021136.jpg
劉さんの友人が撮った集合写真集を買った。これは武陵源初日47将軍岩の所。
s151018170.jpg
5日間お世話になった劉さんとはここでお別れ。最後まで丁寧にセキュリティゲートに入るまで見送ってくれた。
張家界発21:50 上海行きMU5376便は機体の到着が遅れて22:20にプッシュアウト。往路の便も上海浦東空港の離陸ラッシュで1時間近く遅れたが、この航路は遅延が常態化しているようだ。
s151021137.jpg

上海着 0:20 空港近くのホテルには午前1時にチエックイン。急いで風呂に入り就寝は2時。歩数は10667歩
スポンサーサイト

category: 海外旅行

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 武陵源と鳳凰古城 6  | h o m e |  武陵源と鳳凰古城 4 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1237-02101d11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top