ソアリング & セーリング日記 カナダ ツアー 7日目

06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

カナダ ツアー 7日目 


2015.07.05
Sun
09:39

カナダを離れる日。午前中、ちょっとだけバンクーバー市内を車窓観光。唯一バスを降りたスタンレーパークのトーテムポール広場にて。
s15070509.jpg 
出発は9:45と初めてゆったりとした朝だった。超高層ホテルではあるが古い造りなのかベランダに出られるようになっていた。 
s15070502.jpg

9時40分にはバスに乗り込んだ。バスは市内をぐるりと回り、中国人街へ。ホームレスが住み着いて客が落ち、りっぱな門を作ったものの客足は戻っていないとの話。港際には女子サッカーの大型の中継モニターが設置されていた。
s15070506.jpg
町中にはアメリカ国旗が入ったスカーフやシャツを着た応援団を多数見かけた。決勝戦は5時からだそうで、我々は既にカナダを離れている。これがサッカースタジアムだ。
s15070533.jpg
小さいけど 英国調で 味のある時計台。
s15070504.jpg
これは何の像だろうか?台座に1914~1916 1939~1943が読み取れるのでカナダが参戦した二度の世界大戦の犠牲者を追悼する碑か?亡くなった兵士を天使が支えている。
s15070505.jpg
スタンレーパークからバンクーバー市街を臨む。 
sp15070501.jpg
中国の琴を奏でる人がいた。あまり上手ではなかったけど いい雰囲気だった。
s15070517.jpg
これは陸上機のようだ。
s15070520.jpg
s15070521.jpg 
一昨日に見たDHC 3T オッターが滑走。時間切れで離水まで見られなかった。
s15070522.jpg
大型の乗り合い馬車。
s15070523.jpg
s15070524.jpg
網の中には大砲があり、なぜか毎夜9時に号砲を鳴らすと言う。ホテルでは聞こえなかった。
s15070525.jpg
カナダ式の小さな灯台?バンクーバー島でも見かけた。
s15070526.jpg
足があるので人魚ではないそう。
s15070529.jpg
車道の中央にある自転車レーン。慣れないと走るのは怖そう。歩道は走らせないようだ。
s15070532.jpg
フォールス川を渡ってバンクーバー市街を離れる。
s15070534.jpg
空港は市の南西 約15kmと近い。真っ直ぐ南下する州道99号線沿いには地下鉄ができていて、駅周辺の地価は高騰していると言う。
s15070535.jpg

空港には11時に到着。国際線出発ターミナルの半分以上はアメリカ行き、その向こうにその他の国向けターミナル、そしてカナダ国内線ターミナルと続く。トーテムポールがそびえる楕円の空間には鳥の声や川のせせらぎ音が聞こえる。
s15070536.jpg 
s15070538.jpg
11時半には手荷物検査、出国審査を受け、出発ロビーに入った。カナダと言う国は免税制度が無く、価格表示は全て税抜き表示なので、必要金額は支払いまで分からない。入り口近くの中国系と思われる店でクッキーなどのおみやげを買い、現金の残りとクレジットで支払った。
出発ロビーには緑が多い。 
s15070539.jpg
何と巨大水槽まであるぞ。メンテナンスが大変だと思う。
s15070540.jpg
搭乗ゲートにやってきた。
s15070541.jpg
AC 003便 成田行きの機体。
s15070544.jpg
13時に乗り込んだ機体は最新鋭のB787ドリームライナー。就航後リチューム電池の発火トラブルが相次いだ話題の機体にやっと乗れた。座席は28E Gでちょうど翼の上の中央席だった。翼部分の窓の色は緑かかっていて外が良く見えない。右前席には子供二人連れの夫婦が座り、その後は空席。バッファで開けているようだった。室内の天井照明はスカイブルーで広々とした感じを演出していた。座席は背もたれが薄くできているようで少し前後間隔が広く感じた。液晶モニターのタッチパネルの感度も良好でストレス無く操作できた。やはり新しい機体はいいなぁ。
定刻前の13:30にはプッシュアウト。バンクーバーをあとにした。(日本との時差は-16時間なので翌日の午前5時半である)
s15070545.jpg
2時間ほど経った15:20頃(日本時間7:20)には1回目の食事。私はチキンを選択したらピラフ風のチキンライスだった。もう飲んで痛風が出ても大丈夫とハイネケンビールを頼んだが味に馴染まず。往路のカナディアンビールの方が美味しかった。
s15070546.jpg
食事が終わるともうする事がない。窓際席に移動して窓の明るさを変化させてみた。窓には従来機のようにシャッターシェードは無く、円形の白黒スイッチがあり、上側の白スイッチを押していくと少しずつ明るくなって行く。液晶になっているようだ。
s15070549.jpg
カーボン複合材を多用していると言う主翼の反り具合はかなり大きい。先端部は絞りこまれていてウイングレットのように反り返っていた。主翼が良く しなるので乱気流の中でも胴体の揺れは少なく感じた。 
s15070548.jpg

8時間ほど経った21:50頃(日本時間13:50頃)には2回目の食事。ミートソースがかかったペンネ(マカロニ)でまあ美味しかった。
s15070550.jpg
日本時間で14時半頃には銚子の南から千葉県上空に入った。外は暗く、雨のようだ。雲が低い。7月6日15時過ぎには無事成田空港に着陸。約9時間半のフライトだった。
入国審査はスムーズだったが雨のためかスーツケースが出てくるのが非常に遅く、添乗員とツアーメンバーに挨拶して税関チエックを受け、外に出たら16時半になっていた。スーツケースは宅配にした。翌日7日14時には届くと言うので早~い。
17時発の羽田行きのリムジンバスで1時間半、羽田空港第2ターミナルには18時半に着いた。
時間があったのでコンパクトな幕の内と助六寿司を買って、ターミナルの端に近いラウンジで熱いお茶を入れて夕食にした。
20時発のANA最終便はAC機と同じB787。国内線なので液晶モニターは無かったが十分快適だった。
21時過ぎには無事高松空港に着陸。手荷物もないのですぐにバスに乗り、22時前には帰宅できた。
おしまい 
スポンサーサイト

category: 海外旅行

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 大串  | h o m e |  カナダ ツアー 6日目 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1198-8a1ae2f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top